プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

エンジェル 見えない恋人

Mon ange001

Mon ange
2016年
ベルギー

ハリー・クレフェン監督・脚本


フルール・ジフリエ、、、マドレーヌ
エリナ・レーベンソン、、、ルイーズ(エンジェルの母)
マヤ・ドリー、、、マドレーヌ(10代)
ハンナ・ブードロー、、、マドレーヌ(幼少期)


映画らしい映画を観た。
ハリウッドの金を使いたい放題使いまくった大袈裟な映画ばかり観ているとやはりおかしくなる。
こういうものを見ないと。

そもそも映画に飛んでもないお金をかける必要はないのだ。
CGは使っているが、ほとんど役者~マドレーヌの演技だけで成り立っている。
カメラワークも特異だが、この映画の文脈上不可避な肌の肌理まではっきりわかるほどのアップ~触覚的接写がとても多い。
感覚の研ぎ澄まされる森の中の湖畔の屋敷と精神病院。自然音や光が微分的に際立つ環境の設定。
カメラの視界の揺れ(またはぼやけ)ははっきりと見えない主体の視座に共感させる。
生活感が全くないアーティフィシャルな抽象性が際立つが、この物語にとって雑多なノイズは不要だ。
その省略が斬新でもある。お陰できっと制作費もかからなかったと想える。
コンセプトがしっかりしていれば、見事なものが出来上がるこれが良い例と謂えよう。

Mon ange003

エンジェルと謂う透明な存在とマドレーヌと謂う盲目の少女の稀有な邂逅が、日常の自明な関係性というものを改めて問い直させる新鮮さがある。(透明エンジェルという基本設定は、思い切ったものだが、一種のお伽噺において不自然さなど感じさせない)。
これを哲学書で読んだらつまらぬものになろうが、このような繊細で抒情的な映像で描かれると感情的なレベルからの実感及び反省的思考が生じてくる。

透明なエンジェル(少年の名前であり、その存在を象徴する名詞と謂える)は、嗅覚と聴覚の異常に鋭い盲目の少女の前では完全な形で存在することが出来る。
すぐに打ち解けて、仲良く遊ぶようになり、かくれんぼがお気に入りの遊びとなる。
視覚以外の感覚で気配を追う。近くに感じることの存在感~実在感。
そして触れ合う、確かで対等な関係性が結ばれてゆく。
(よく「触れ合い」と謂われるが、本当の触れ合いは視覚がかなりの邪魔をしていることに気づく)。

Mon ange002

だがエンジェルにとり、なくてはならぬ存在となったマドレーヌは目を治すための手術を受けることとなり、その地を去る。
エンジェルはひたすら独りで待つ。彼に友だちは出来ない。
数年後、彼女は戻って来る。
だが、もう目で世界を認識する身体性が基本と化しており、彼が傍にいても以前のように気づくことがない。
視覚の優位性が身についているのだ。

触覚を肝心な関係に置く母子間におけるような暖かな親和性から離れ、物事に距離をもち対象化~記号化して管理する視覚世界に身を置けば、見えないモノは遠ざかってしまうだろう。
相手に身を委ねる対等な関係から相手を離れて観念的に支配する暴力的関係への移行である。
そう、見るという行為はいたって暴力的である(見方の問題もあるが)。

彼女は改めて彼の姿を目で確認し激しい動揺をきたす。
手では触れたのに何にも見えないのだ。
子供の頃は、全く自然にお互いを認知し合っていたのに。
彼は彼女と別れる決心をする。

逃げる彼を追い求め、彼の住処の湖畔の小屋までやって来て、彼女は彼を見つける。
しかし彼は湖に飛び込んでしまう。
彼女も飛び込み、必死に彼を救い出して命を助ける。
ここで、彼らは結ばれる。

Mon ange004

つまり、そのままを受容する。
触れ合いそして見つめ合う。
「こころであなたの視線を感じる」。
極めて近距離で見つめ合う行為は、母に抱かれた赤子と同様の呼吸の律動に同期できる対等の視界である。
彼らの間に、透明でなく目も見える赤ん坊が生まれる。
親子の記念写真を3人で撮るが、若い母親と宙に浮かんだ赤ちゃんだけが映っている。
ハッピーエンド。幸せそうである。


フルール・ジフリエが独りで頑張った。
ハンナ・ブードローとマヤ・ドリーのふたりも歳相応の爽やかで凛とした演技で、とても自然にフルールに繋いでいた。

清涼飲料を飲んだ後の感覚でいる、、、。





破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! しかもお金を貯めながら。
関連記事

COMMENT

ありがとうございます☆

いつもながら洞察に富んだレビューありがとうございます。

>本当の触れ合いは視覚がかなりの邪魔をしている

に、はっとさせられました。

未見の作にも関わらず
主題がずっしり読み手に伝わる
的確なレビューであられるのかと。

制作費が作品の良し悪しに
比例するかと言えば
寧ろ反比例かと見紛うほど笑
ミニシアター系に惹かれますが…。

GOMAさまに共感するところ
日々多分にあります。



こちらこそ、ありがとうございます☆

お忙しい中、時間をとっていただき感謝します。

ハリウッドの豪華絢爛な映画など見ると、こんな国と戦争などしたらたまったものではない、ということだけは分かります。
しかし映画としては、どうもヨーロッパのものに惹き付けられます。

これにも何か地続きの御伽噺という感覚を味わいました。
思い切ったアイデアも秀逸。
それをセンス良く映像に仕上げています。
描きすぎず余計に語りもしない。
無理がない。無理な話であっても(笑。

> ミニシアター系に惹かれますが…。

まさにそういう作品でしょう。
パソコン画面で見ても丁度よく収まります。
ソフトでご覧になって問題ないかと思うます。


> GOMAさまに共感するところ
> 日々多分にあります。

嬉しい限りです。
今後とも、宜しくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: