プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

search/サーチ

search001.jpg

Searching
2018年
アメリカ

アニーシュ・チャガンティ監督・脚本

ジョン・チョー 、、、デビッド・キム
デブラ・メッシング 、、、ヴィック捜査官
ジョセフ・リー 、、、ピーター(デビッドの弟)
ミシェル・ラー 、、、マーゴット(デビッドの娘)
サラ・ソーン 、、、パム(マーゴットの亡き母)


細かく観たら、各映像ビューの繋ぎ方がかなり錯綜しているにも関わらずスムーズな展開であり、随分丁寧な編集作業の結果だと思う。(PCビューばかりでなく、監視カメラのビューも含む)。
ほぼPCパネル上だけでスリリングな噺を完結させる手腕は大したものだ。
突然姿を消した最愛の娘をネット上、彼女の関わった全てのSNSを虱潰しにあたって行く父の奮闘振りと娘の足取りがネットを介しパネルに展開する。これがハイテンポであることも引きずり込む上で大きい。
共感しつつ自分もこう検索するなとかまずそこから行くか等と、経験上(インターフェイス上)の身体性に重なって来て、一瞬も目が離せなくなっている。
それぞれの捜査画面で主人公の感情的なものや出来事の奥行きまで描かれてゆく。

ただこうしたメディアは急速に進歩するため、数年経つとこの道具立てからレトロな感覚を醸すようになるのだろうな。
昔のSFがそうであるように。

search002.jpg

それと見終わってみて、この映像を無理にPC画面に当て嵌めなくても、よかったかなとも思える。
それにより映し方はそれ相応となる。
別にそれを狙っていて成功しているのだから問題などないのだが。
(敢えて、形式に当て嵌めて映しているのだ)。
だがそれにより例えば、ゴダールとか小津に比べ表現という点での自由に限界は出来る。

search003.jpg

何れにせよ最初のアイデアで勝負というところだ。
これは2度は使えない。他の監督についても、今後これをやったら直ちにこの映画のパクリだと叩かれよう。
その点で本作は、新鮮ではあった。
こうした視座の拘りは、あのシューティングゲーム調の「リディバイダー」どちらかというと主人公のARと謂うべきか、、、特異な視座で押すものもある。
だがそれより寧ろ、ストーリーがよく練り込まれていてそこに惹き込まれた。
この監督、とてもアイデアがあり、恐らく次作も面白い発想で優れた作品を捻り出す期待が持てる。

PC画面上でストーリーが展開する面に気を取られるが、その表現形式を最大限に活かしたストーリーも2転3転し見事な畳み掛けであった。
脚本が良い。
日頃からよく知っていると安心している身近な存在のことを実はほとんど知らない事実が、これまた日々慣れ親しんでいる検索という所作~インターフェイスを通して暴かれてゆく。
これは父にとって何とも言い難い苦悩であり苦痛である。
(正直、娘の孤独に気づくというのは、ショッキングかも知れない)。

この監督には注目して行きたい。
インド系の監督と謂えば、これまではナイト・シャマラン監督が著名であるが。
(「スプリット」、「サイン」、「シックス・センス」、「ヴィジット」等)。

この監督の方が凄そうである。

本作も記念碑的な作品だと思う。
最近の映画にしては珍しくハッピーエンドであることも嬉しい。
(この点はわたしにとって大きいものだ)。

search004.jpg








破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: