プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

友だちのうちはどこ?

Where Is the Friends Home001

Khāneh doust kojāst ?   Where Is the Friend's Home?
1987年
イラン

アッバス・キアロスタミ監督・脚本

ババク・アハマッドプール 、、、 アハマッド
アハマッド・アハマッドプール  、、、モハマッド・レダ・ネマツァデ
ゴダバクシュ・デファイエ 、、、先生
イラン・オタリ 、、、アハマッドの母
ラフィア・ディファイ 、、、アハマッドの祖父

イラン北部のコケールが舞台。
そうとうな田舎である。
風が吹くまま」のシダレとどちらが田舎か、、、よく分からないが。
凄い土地だ。

今回もアッバス・キアロスタミ監督である。
8歳の少年が主人公である。
とても大変な濃密な一日を送るのだが、彼にとって一種のイニシエーションか。

様々な意味(政治的なものも含め)をくみ取れる余地があり、象徴も込められているかと思うが、そのまま少年に寄り添って彼のこころの打ち震えを実感したい。

朝の最初の授業で、少年にとって尋常ではない現場を経験する。
宿題をノートにやってこなかった少年が先生に退学のリーチを喰らうのだ。
先生に責め立てられ打ちひしがれて泣きじゃくるその少年ネマツァデ。
次回また同様なことがあれば退学というのだ(すでに同じ件で彼は3回注意を受けていた。この3回というのが限界値らしい。宗教的な意味もあるか)。
それを隣の席で見届けていたのが真面目で優しい少年アハマッドである。

アハマッドは下校時にすっころんだそのネマツァデ少年の脚を水場で洗ってあげる。
(どこのクラスにも一人くらいはいる世話の焼ける少年のようだ)。
面倒見の良い子だが、学用品を拾ってあげた際に、その退学リーチのネマツァデ君のノートも自分のカバンに入れて持って帰ってしまった。
帰ってすぐ、真面目に宿題をしようとした時に彼はそれに気づく。
アハマッドの唖然とした顔。今朝の修羅場がフラッシュバックする。
これは一大事だ!

ということで、彼のその友達の家にノートを届けに行く冒険の一日が始まる。
こちらもずっとハラハラし通しで寄り添わざるを得ない上手い演出で見せる。
まず家を出るまでが一苦労。母が彼の言うことを頑として聞き入れない。
事情を話しても、まず宿題をやれの一点張り、その上宿題の後にパンを買いに行けと命じる。
つまり彼が何故直ぐに(今日)届けなければまずいと訴えているのかを理解しようとしないのだ。
そわそわしながら宿題を始めるが、赤ん坊の世話やら何やら手伝いも次々に命じてちっとも宿題にも専念できない。
子供の話しは一切聞かず、一方的な身勝手な命令だけ押し付けてくる。
(大人側の考えとしては、規則を守り、言われたことは直ぐ行う、礼儀正しい人間にするための躾ということだ)。
これは、母だけでなく全ての周りの大人の傾向であった。

Where Is the Friends Home003

彼は隙を付き、意を決して、ジグザグな路を辿って丘を越え遠いネマツァデの住むポシュテまでノートを届けに行く。
手掛かりはポシュテという地名だけで、ひたすら聞き込みをしながら探してゆくのだがこれがちっとも埒が明かない。
細かい住所まではおさえていないのだ。名簿みたいなものはないらしい。
高低差のある細い路地をノートを抱えて走り回って、出逢った人に聞く。
ヤギの群れがその道を普通に通行して行く。
やはり凄いところだ。
ヤギが鳴き、牛が鳴き、猫が鳴き、鶏が鳴き、犬が吠える。

一度、コケルに戻ることになるが、祖父に見つかり在りもしない煙草を探してこいという躾~単なる意地悪をされる。
それで随分、時間を浪費するが、再びともだちの家を探しに走る。
「近くに枯れ木が立つ青い扉の家だよ」とか情報を得るが、青い扉でも違う家である。
よく見覚えのある茶色いズボンが中庭に干してあるため、てっきり彼の家だと思ったら違う子の家であった。
誰に聞いても的を得ず、その従兄弟までは近づくが、結局それもつかまらない。
ネマツァデという苗字の扉商人の後を追い、その家で尋ねると「この辺はみなネマツァデだよ」。
その地域がみんな同じ苗字というのは、日本にもある。

Where Is the Friends Home004

その内だいぶ暗くなってきた。
行き詰まる。パンはもうダメだなと、少年もこちらもすでに諦めている。
路地はいよいよ暗くなり、漆黒の闇から突然牛が人のように現れては静かに去って行く。
ステンドグラスのような灯りが暗い壁に反映するのが、余計に心細い。
そんな時に扉の上部が開き、お爺さんが顔を出して彼の呼びかけに応える。
(まるで寓話の世界みたいに)。

その物知り翁はアハマッドが探しているまさにその子をよく知っているという。
親切に一緒に行ってあげようと持ちかけるが、彼の表情は少し不安気である。
アハマッドはゆっくりと歩を進める扉職人の老人の案内で、暗い入り組んだ路地と階段を渡って行く。
少年は親に叱られる事は必須でもあり、かなり焦りの色は隠せない。
扉や窓に纏わる話をしながら事もあろうに老人は泉に差し掛かるとそこで気持ち良いと顔を洗い始める。
彼はアハマッドに花を一輪手渡し、ノートに挟めと促す。
そんな調子で充分遅くなったところで、その先の扉が、君の探している家だという目的地に辿り着く。
風が吹き荒ぶなか、アハマッドはその扉を前にして決断する。

扉を叩かず、踵を返す。
疲れた老人は彼に神のご加護をと言って自分の家にいそいそ入ってしまう。
ひとり残されたアハマッドのいる暗転した恐ろしい舞台袖には、犬が狂暴に吠えまくった。

少年はしっかり家まで戻ったが、夕食は勧められても拒否する。
父は無言でラジオを聞いていた。
その後、黙々と宿題を始める彼の目前で、突然扉が勢いよく開く。
真っ暗な闇に強風が吹き遊び、真っ白いシーツが激しくはためいていた。
それを茫然と見つめる彼。

明くる朝、例の宿題チェックを先生がはじめ、ネマツァデが怯えて顔を伏せ、まさに絶体絶命のタイミングに、アハマッドが救世主のように遅刻してやって来る。
ネマツァデの分まで宿題を完璧にこなし、そのノートを彼に渡す。
二人とも文句なしに合格するが、ネマツァデのノートには押し花が出来ていた。

アハマッドは大人に対する対抗策が練られるようになったようだ。

Where Is the Friends Home002

完璧な流れであった。
これに何かイデオロギーを当てはめて解説物などにしたら勿体ない。
しかし、ある意味、児童虐待的な演出にも感じられた。
出演者が皆、素人と言うのが、ちょっと際どい。
真に迫り過ぎているのだ。

舞台裏ってどうなんだろう?

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界