PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

初恋の分析

piano.jpg

今日は、娘の女子会があり、わたしも「マーブリングで綺麗なセンスを作る」という講師に呼ばれその時だけ参加した。
後は、わたしの関与したのはわたしの部屋でシーケンサーを使い、ハウスミュージックを即興で鳴らしまくった時くらいか。
お友達はピアノやキーボードも弾きまくっていた。娘たちにも刺激になったと思う。
どれにしてもパソコンに入れればいくらでも編集して面白い曲に仕上がるものだが、iMacが壊れてからは何もしていない。
お友達が帰ってから、録画しておいたTV番組をいくつか見た。
そこで思ったことなど、、、

論理的な分析は想像力の届かぬ場所にわれわれを導き、その思いも及ばぬ帰結に(過程であっても)新鮮な驚きを与えてくれるものだ。
飛躍した認識~外部の思考を共有できる(過程の流れの理解は別としても)。
芸術においては、例えば天才的な芸術家の閃き・洞察などは確かに驚異的で素晴らしいが、その認識はやはり彼だけのものに留まる。
彼の「未知の言語」~表現(形式)を畏敬の念で見る(聴く)ことで感動することは出来、貴重な体験を得るが、知的にそれを利用できるかというと、それ自体は無理だ。
作品(帰結には違いないが)を見て驚き圧倒されても、それは現時点の自分が個人的に感じ取るなにものかであって、自分なりの読み解きが可能なだけだ(ほとんどは無言のしこりみたいにずっと持ち越すことになる)。

わたしが科学に惹かれ、科学特番が気になるのは、明快に新たな認識が得られる(少なくともその契機となる)ことからだ(そんな番組は限られてくるにしてもとっかかりにはなる)。
そのため、番組表にそれらしきものがあると予約を入れてしまう。アマゾンでその関係の本を注文してしまう。
(TVでは、科学特番と美術・クラシック音楽番組と乃木坂46ものと、時折映画を観るくらい、、、そうだスケートも最近観るか)。

だが、芸術に意味がないということを言うつもりなど毛頭ない。
(どちらかと謂えば、わたしはそちら側ばかりを論じてきている(爆)。
芸術は極めて感覚的・感性的な形式である分、身体的であり距離がない。
言語以前の領域に働きかける部分が大きいため、すぐさま意識の変容を齎すというものではない。
しかし、芸術に触れることで確実に存在そのものは変容する。

科学は抽象的な内容であっても普遍的な概念~言語の獲得によって知的な認識~志向性・探求が可能となる。
何処までも微細に大きく遠方に又は異なる次元にマルチバースに展出する。
芸術は身体~無意識に訴えかけ、知らぬうちに受容性を深め~感度を高め、存在そのものを変えてゆく力を持つ。
われわれにとって、車の両輪のようなものではないか。いやひとつの鋳型の片割れ同士のようなものか。
両者は(人間の思考の根底では)、もともと切っても切れないものなのかも知れない。
有名どころでは湯川秀樹の「素領域」という概念(の発明)が李白の漢詩「夫れ天地は万物の逆旅にして光陰は百代の過客なり」や 芭蕉の句の「月日は百代の過客にして行き交う年も又旅人也」にインスピレーションを得ているということ。


そこで「素領域」みたいな概念の発明が生まれれば、幸いである。
ジル・ドゥルーズは哲学とは概念の発明である、と述べる。
そう、全ては思想である。
言語の営み~作用である。

何を言おうとしているのか、、、今日はすでに酒が(シャンパンだが)入ってしまっている、、、
わたしのブロ友のST Rockerさんがいよいよ宇多田ヒカルの「初恋」の数学的分析に乗り出した。
(以前、わたしが頼んだ件だ)。
はっきり言って”面白い”。
こういう試みは、とても刺激的なものだ。
ある意味、芸術を科学することにもなろう。
(これまでにも雰囲気的にはあったとは思うが、もっと徹底したものである)。

ウンベルト・ボッチョーニなどの未来派などは、科学の成果を取り込み応用し芸術を革新した。
写真から発見された様々な運動(法則)を絵画に昇華させた作家も多い。
写真そのものの化学的性質を利用して作品化したマン・レイ等。
更に活動写真の芸術への影響は大である事は良く知られる。

その逆側からのアプローチとなる。
これほど誰をも唸らせる芸術の感動がどこから来るのか、、、。
その構造を探る。
どうやらf/1揺らぎ等とは、関係ないとのこと。
音の数の少なさ、少ない音の分布等々から見えてくること、、、その他。
これからが楽しみである。

とても興味深い考察となる。
わくわくする。

関連記事

COMMENT

おはようございます

GOMAさん、おはようございます。
GOMAさんのお話なら参加のみなさまも喜ばれたのではないでしょうか。
初恋の分析の件、ありがとうございます。
芸術と科学の関係。
興味深く拝読しました。
車の両輪のような関係。なるほどですね。
芸術は右脳で捉え、科学は左脳で捉え、という一面もあるかもしれませんね。
ヨーロッパでは音楽は昔は理系の学問であったとテレビの番組で聞いたことがあります。音程とかハーモニーを考える必要上のことだと言っていました。
科学的な部分は音楽にとってある程度必要でしょうけど、一体どこまでやるべきなのでしょうね。
初恋の解析は進めてみます。

ありがとうございます☆彡


> ヨーロッパでは音楽は昔は理系の学問であったとテレビの番組で聞いたことがあります。音程とかハーモニーを考える必要上のことだと言っていました。
なるほど、確かに。
ピタゴラスがまず有名ですね。「ピタゴラス音律」など、、、鍛冶屋のハンマーの音から協和音、不協和音に気づき「周波数」~音程などの概念を導き出していました(大雑把ですけど)。

> 科学的な部分は音楽にとってある程度必要でしょうけど、一体どこまでやるべきなのでしょうね。
ここは、わたしが言うのもなんですけど、ST Rocker さんの知的興奮次第かと。
発見は科学者にとって何よりの喜びだと思います。
それが何の役に立つかとかは、後の問題で、構造を知ることの喜びが大切かと思います。
そのこと自体に価値があるのでは。
わたしは音楽を聴く~語るときのことばが本当に不足しているのです。
もう少しその神秘を他の言語で捉え直してみたいというウズウズした気持ちがあります。
恐らく、ビートルズの新しい解析のページもその辺の欲求から来るものもあったのでは、、、。

> 初恋の解析は進めてみます。
愉しんでやっていただけるのなら、ぜひ。
義務的な仕事にならないことを切に願います。
(そうなったらまことに申し訳ないことですので)。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
出来ればパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: