プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

マリー・アントワネット

Marie Antoinette001

Marie Antoinette
2006年
アメリカ

ソフィア・コッポラ監督・脚本
アントニア・フレイザー『マリー・アントワネット』”Marie Antoinette: The Journey”原作
ミレーナ・カノネロ衣装
ブライアン・レイツェル音楽

キルステン・ダンスト 、、、マリー・アントワネット
ジェイソン・シュワルツマン 、、、ルイ16世
リップ・トーン 、、、ルイ15世
ジュディ・デイヴィス 、、、ノアイユ伯爵夫人
アーシア・アルジェント 、、、デュ・バリー夫人(15世の愛人)
マリアンヌ・フェイスフル 、、、マリア・テレジア女帝
ローズ・バーン 、、、ポリニャック公爵夫人
モリー・シャノン 、、、ヴィクトワール内親王
シャーリー・ヘンダーソン 、、、ソフィー内親王
ダニー・ヒューストン 、、、ヨーゼフ2世
スティーヴ・クーガン 、、、メルシー伯爵
ジェイミー・ドーナン 、、、フェルゼン伯爵(スウェーデンの伯爵、マリーと不倫の仲)
クレマンティーヌ・ポワダッツ 、、、プロヴァンス伯爵夫人


フランスに嫁いだ時、彼女は14歳だった、、、。
夫は錠前作りに熱中していたことは確かなようだ。
少なくとも嫁いでから7年間は常に夫が先に眠ってしまっていたらしい。
パーティーにしか捌け口のない彼女であった。
宮廷の誰だったか、彼女のことを「ケーキみたい」という率直な感想を発していたが、まさに、、、。
ケーキと謂えば、「パンが食べられなければケーキを食べれば?」というのは、でっちあげで、実際にマリーはそんなことは言っていない、というのが定説である。が、「ケーキを連想してしまう女性」だったのかも知れない。
キルステン・ダンストが好演していたが、まさに高価なケーキを演じているみたいだった。しかし肖像画からすると、マリーはちょっとタイプの違う女性に感じられる。

Marie Antoinette003

宮廷内も衣装も絢爛たるものであるが、物々しく芝居じみた仕来りも「ばかみたい」(マリー)なものである。
(誰が王妃に下着を渡すかで、ずっと裸で寒いなかを待たされるような硬直した、時に無駄な出費も嵩む既得権の絡んだ厄介なものであった)。
贅をつくした食事もまあ凄まじい。
衣装・装飾・美術の力の入れ様は鬼気迫るものであった。
また、庭園の虚しいほどの美しさ。ヴェルサイユ宮殿がどれほど庶民から浮いているかが容易に感じ取れる。
このあたりの再現性からして当時の歴史的資料価値の高い映画だと思う。

ソフィア・コッポラ監督と謂えば「 ロスト イン トランスレーション」がまず頭に浮かぶが、最近観た「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」もストイックで静謐な雰囲気が美しく、よく出来た映画であった。
この映画も、やはりキルステン・ダンストを起用しているとは言え、まるで正反対である。
ひたすら豪華絢爛であるが、伝統の重みというより、音楽も軽快なロックを使うなど、賑やかで空疎な現代のギャルのノリで進行して行く。
実際、彼女の年齢からしてそういった感覚であったはず。
いや、もともと彼女はノーマルな女性として生きたい願望が強かったのだ。
自らの身分を前提としたうえでの自由ではあるが。とてもそれを感じる。
監督は、そこを女性の勘で鋭く掴んで強調して表現したように想える。
それが、宮廷においても国民に対しても齟齬を生んだのだろう。
(夫を置いて若い貴族連れでパリにオペラ鑑賞や仮面舞踏会などに頻繁に出かけていては顰蹙も買おうが)。

Marie Antoinette004
ようやく授かった子供は二人とも大変可愛らしかった。
夫も以前と比べれば、随分頼もしさや共感力が感じられ、気遣いも出来るようになってきたのだが、如何せん余りに政治に疎かった。
マリーも母として子供には自然や動植物に触れさせるなど情操における良い環境と教育を施していた。
経済的逼迫を知ってからだが、倹約にも努め無駄な儀式の簡素化を図っている(それまでの無軌道な浪費は否めないが、まだ子供である。周りにしっかり諭せる人間もいなかったようだ)。
映画でも彼女の懐妊を急かすところばかりが強調され、肝心な政治に関する教育などほとんどまともに成されていない様子だ。
それで彼女らが命を落とすことになるのも関わらず。もっともマリア・テレジアは随分と心配を募らせてはいたが、、、彼女の手紙では不十分であったようだ。
革命はそもそも君主打倒ではなく、立憲君主制を標榜して起こったものであり、憲法のもとに君主と人民が協力する体制を受け容れれば殺されることは、まずなかったはずである(ここでは、投獄~ギロチンまでは描かれないが)。

彼女には敵も多く、彼らの噂や言動がフランス大衆の彼女に対する嫌悪感を増長させた部分も大きいと想われる。
隔絶された環境にあって情報が無いことの恐ろしさと巷における情報の錯綜とその信憑性の確認も出来ずに興味半分で広がる状況は、極端で単純な物語に結ばれる。
(パンの件もそのひとつか)。
だがその辺のドロドロした経緯はほとんどここでは描かれない。
人間的な情感や劣情などは寧ろ徹底的に避けて作られている感もある。

歴史的な柵から彼女を抽出して魅力そのものを描きたかったのか。
確かに最初から最後までケーキみたいに人を惹き付け、自分を生きた人であろう。

Marie Antoinette005

観て損はない映画ではある。当時の宮廷内の雰囲気を感じたいという人にはお勧めである。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界