プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ

The Beguiled001

The Beguiled
2017年
アメリカ

ソフィア・コッポラ監督・脚本・製作
トーマス・カリナン『ビガイルド 欲望のめざめ』原作

コリン・ファレル 、、、マクバニー伍長(北軍)
ニコール・キッドマン 、、、ミス・マーサ(学園長)
キルステン・ダンスト 、、、エドウィナ(教師)
エル・ファニング 、、、アリシア(生徒)
ウーナ・ローレンス 、、、エイミー(生徒)
アンガーリー・ライス 、、、ジェーン(生徒)
アディソン・リーケ 、、、マリー(生徒)
エマ・ハワード 、、、エミリー(生徒)


The Beguiled002

南部バージニア州1864年の設定。
森の中の絵になるお屋敷が女学園になっている。
そこには園長先生と教師と訳あって実家に帰れない生徒5人が静かに学園生活を送っている。
食料に困っている様子はなく、衣服も綺麗で音楽会には豪華な衣装でドレスアップもする。
雰囲気的にはお伽噺みたいなのだが、外は南北戦争の最中である。

牧歌的な環境の中にも緊張が走る。
エミリーが森にキノコ狩りに行くと、北軍の負傷兵に出逢う。伍長であった。
彼女は礼儀正しく自己紹介と相手の名前と位も確認する。この少女が園長に次いでしっかりしているのだ。
エミリーは学園の精神であるキリスト教の教えに従い、敵兵であっても傷を負った人間を救う為、肩を貸して男を何とか連れ帰る。
マーサ学園長の判断で、傷を治療し癒えるまで彼を学園に匿うことにする。
ここから物語が始まる。

The Beguiled003

女学園である為、異性~男が環境に入って来るだけで波風が立つ。
女性全員(あどけない女子も)が皆きちっとした身なりの上に自分なりのお洒落をする。
興味津々で気を惹きたいのだ。
特に生徒の中では年長であるアリシアはすでに怪しい魅力~オーラを放っている。
(実はこれが取り返しのつかない魔の誘いになった)。

この状況を脚の傷の痛みが引いて来るに従い、察知すると彼は早速、皆に気を持たせるような動きに出る。
礼儀正しく手当には感謝を示し、好感を持たせる。
庭仕事などをまだ脚が痛むのに進んでやって見せたりする。
マメでかなりのプレイボーイのようだ。

The Beguiled004

早速エドウィナに目を付け頻りに言い寄る。当然彼女は拒否するも内心、次第に惹かれてゆく。
一緒にここを出よう。君はもっと輝く人だ。自分の魅力に気づいていない。などと言って押してくる。
今の場所から超脱しようという欲望は誰もが持ちやすい。
現実逃避の一種である。

そこに異性が絡んでくると依存の心も芽生えて来る。
これは危険だ。
だがそこにいる女性たちは(まだ幼い女子さえも)浮足立っていた。
この脚を怪我した(ある意味、女性本能を擽る)伍長はその静かに安定していた共同体を搔き乱す触媒の作用を果たす。
学園の空間は、いつしか大変不安定でちょっとしたハプニングで保たれていた冗長性が一気に崩れ相転換する事態まで達していた。

The Beguiled005

そしてマクバニー伍長はある夜、約束していたエドウィナの部屋には行かず、怪しいオーラを振り撒いていたアリシアのベッドにいた。この予定調和を崩す欲に駆られた行動が文字通り死を招く。
それを知ったエドウィナは激怒し伍長と揉み合った際に誤って彼を階段から突き落としてしまう。
身から出た錆とは言え、治りかけていた脚を骨折してしまいもはや彼の脚は切断しか手はなくなる。
解剖学の書物を確認し切断~外科治療を敢行する園長は皆が敬意をもって従うに足る人物である。
どんな時にも気丈で冷静なマーサ園長は的確な判断でことを運び、聡明なエミリーはしっかり右腕となって働く。

だが壊疽で死ぬことから命を助けられたにも関わらず、脚の無くなったショックは大きく、伍長は荒れまくる。
おれが部屋に行かなかったからこんなことをしたんだろう、、、など見苦しく当たり散らす。
銃で威嚇し不信感の塊みたいになって荒れるが、元は自分の不貞であり、最初の夜に浮気をしたことが原因であろう。
(戦争による外傷経験と忽然と生じた楽園気分で精神的にも箍が外れていたかも知れない)。
だが、エドウィナは彼を本当に愛してしまっていたようで、銃を持って立て籠る彼の部屋に行き、二人は結ばれる。

The Beguiled007

ここで落ち着きと平静を取り戻したマクバニーは皆に非礼を深く詫び、その埋め合わせをしたいと、当初のような態度を示す。
だが、彼の所にエドウィナが独りで赴いている時に、残された女たちで伍長の処分が話し合われていた。
女性の情念が窺えるところでもある。
その結果、園長は神に祈りを捧げ、エミリーにそっと森で毒キノコを採って来ることを命じ、彼女はしっかりそれを果たす。
キノコに始まりキノコに終わる、このどこを切っても絵のように美しい物語は、やはりどことなくお伽噺にも想える。
みんなが正装をして、とても豪華な食事と音楽で伍長の送別会を開く。彼もご機嫌である。
そして好物のキノコ料理をこれは絶品だといって平らげたところで、彼は息が出来ないと苦しみ倒れ、絶命する。
この計画を知らなかったエドウィナ独りが呆然とするが、逆らえない強固な共同意識が周りの女たちに窺える。
最後のエドウィナの諦観の眼差しが印象的であった。

女性監督ならではの作品に思えた。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: