プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アイアン・ジャイアント

The Iron Giant002

The Iron Giant
2000年
アメリカ

ブラッド・バード監督
ティム・マッカンリーズ脚本

ホーガース・ヒューズ(スーパーマンの好きな少年)
アイアン・ジャイアント(宇宙から飛来したロボット)
アニー・ヒューズ(ホーガースの母、シングルマザー)
ディーン・マッコーピン(芸術家、スクラップ場オーナー)
ケント・マンズリー(政府捜査官)


如何にもアメリカのアニメーションであったが(いやアメリカアニメであったからこそ)感動した。
1957年のメイン州が舞台。

1957年ソビエト連邦からスプートニク1号が打ち上げられた。
その影響は当時のアメリカにとって大きい。
ある意味、その脅威が無意識的にもアメリカ全土を覆っていたかも知れない。

ケントのように空からやって来るものは全てソ連の兵器みたいに感じてしまう感性もあったと思う。
そして主人公アイアン・ジャイアントは自分が何者で何処から来たのか、地球に何しに来たのか知らない。
なんだ、わたしと同じじゃないか(笑。
ホーガース少年がジャイアントに言う。「自分のなりたい自分になれ」
ジャイアントはそうすることで自らを犠牲にしてその街の住民の命を救う。
少年の好きなスーパーマンになったのだ。

The Iron Giant004

CGなのに手描き風の絵がちょっとレトロでジャイアントのかわいらしさ、親しみやすさを増している。
ジャイアントそのものの造形も面白い。
ひょうきんな鉄人28号みたいなのだ。鉄を食料にしていてあちこちをかじり散らす。赤ん坊のような食い方だ。
ちょいとおっちょこちょいだし、いい加減なロボットかと思うと、戦闘モードになったときの重装備が半端ではなく驚かされる。
これはどこかの高度な武力をもつ異星人の送り込んだ戦闘ロボットなのだと想わせるものである。
だが、このロボットは基本的に平和を望むプログラミングがなされているようで、それは防衛体勢時のもののようだ。
最初に出逢った少年からベースとなる基本情報を得ていた。
それより深い目的的行動プログラムはどうやらなさそうである。

つまりこのロボット、幼児に等しい状態で現れたのだ。
そして驚異的なのは、その自己修復機能である。
どうやらどんな痛手を被っても回復してしまうのだ。
これは限りなく深い示唆でもある。

The Iron Giant001

基本的に、冷戦の齎す意識~無意識は、外部から侵入した他者は全て殲滅すべき敵なのだ。
であるから正体不明のロボット~理解しがたい他者は攻撃対象以外の何物でもない。

冷戦も終わりそういった意識構造はなくなったかと謂えば、更に個別的(分裂病的)に内面化し根深い排他性が行渡り遍在している。
いまも日常の平面で常に機能していることに変わりない。
それを自覚~対象化している人間はとても少ないことが分かる。

もっとも無自覚な意識を持つ政府のエージェント、ケント・マンズリーによって、ロボットに容赦ない軍部の攻撃がなされる。
ロボットは、それを全てかわしてしまう。
反撃は少年の気持ちを汲み禁じている。
恐怖に駆られてケントはロボットに向け原爆ミサイルの発射を促す。
ロボットはしかし、人々の住む(軍隊も集結した)街にいるのだ。
得体のしれぬ対象に対する恐れが如何に無思慮な短絡を呼ぶことか、、、。
原爆を使用すれば全的崩壊を促し、防空壕など意味をなさない。

それを冷静に判断するジャイアント。
少年もよくできたママもこころを決める。
原爆ミサイルに体当たりして、自分に対して害意と敵意を抱いていた者たちも含め少年たちの住む街を救ったジャイアントであったが、その部品~遺品の一つが軍部によって拾われ後日少年の元に届けられる。
芸術家であるディーンによりジャイアントの彫像が街に凛々しく飾られたが、、、、
その部品があるときアクティブになり、どこかに向けて動き出す。
少年の目が輝く。待ってるぞと、笑顔満面になる。

海上のロボットの頭部に向け散乱したパーツがあちこちから集まってゆくではないか。
明るい希望のうちに物語は終わる。

The Iron Giant003

何があっても、回復プロセスの現れる可能性はある。

間違いなく名作である。
子供たちに観てもらいたい。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: