プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

可能性としての文化

sun.jpg

今日は長女と一緒に公園の並木道をたっぷり歩いた。
芝生にひっくり返って空を見た。
光っていた。

われわれは、奇跡的にとても親和的で共感的な関係が結べている。
これはとても貴重なことに思える。
他の様々な事態から推し量っても、、、。


理想世界としての創造を果たさずにはいられない人間は、基本的に愛着障害と呼ばれる人たちに圧倒的に多い。
最近知った「愛着障害」という概念の元に謂えば。
基本、彼らは現実に自分を安らかに繫ぎ止めるものがないために不可避的に自前で創るしかないのだ。
自分が安堵し安らげる場所=作品を。
(繫ぎ止めるものがないと謂うより、その過剰または欠如からくる異和、不全感や不安や不快感、怒りなどが動因となるが)。
その特殊で根源性(本質力)を湛えた生成物は実際、文化のコアな部分に浸透している。


ただし、それらの文化(美術、音楽等の文芸作品)を享受するのは、同様の「愛着障害」を持った人がほとんどかも知れない。
それではじめて、作品に共感でき感動も生まれるはず。
作品に共振し吸い込まれる契機が彼らにあるのだ。
同様の不全感~異和を抱えていなければ、その作品自体を見つけられないと思う。
そういうものだ。

文化を組み込む社会の総体は様々な人によって重層されるが、そこに逆投影した姿をそれぞれが認知している。
文化の襞のその部分を深く享受している人間は、おそらく「愛着障害」の人間ばかりかも知れない。

「愛着障害」という言葉は嫌いだが、その概念により本質的な支配力が明瞭になる。
それに対抗し解放を図るには、芸術(文芸)が最も有効なものだが、必然的に終わりがない、ともいえよう。
あくまで代用なのだ。
偉大な大作家の作品であろうと。
(大作家に如何に愛着障害者が多いことか、、、いやそうでない作家を探す方が困難であろう)。


人間という本質的不全。
(全体ではないという意味での)。
必然的に終わりなき戦いへと、、、引きずりこまれてゆく。



関連記事

COMMENT

同感です…。

>人間という本質的不全

そうなんですね。

深く生きようとするほど
真剣に生に向き合おうとするほど

不全に陥るようにも感じています。

そして
時に芸術が
時に愛が
その救済に…。

ありがとうございます☆彡


> その救済に…。

もはや修復とかではなく、救済なのです。
自らの生の回復を、、、ということで書いていますが。

その域に入ります。

反復の歴史を自分のところで消滅させる試みです。
断ち切るところから生成する新たな時間です。

見えないところに始まり、知らぬうちに変わっていた
というような作業です。
きっと。淡々と。

コメントで随分、楽になりました。
ありがとうございます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp