プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

ルー・リード~ベルリン プロデューサーの存在につて

511Y2IxuS2L.jpg

ピーター・ガブリエルのファーストソロの時もそうでした。

ルー・リードの「ベルリン」についてもボブ・エリズンのプロデュースのやりすぎではないかと。
プロデューサーが編曲をやりまくり、制作・演出以上のことをしてしまっている。
メンバーの一員のようではないか?
という批判がひと頃なされました。

確かにクリス・トーマスのようなプロジュースとは違う。

そのためピター・ガブリエルの方は本当に参ってしまったようです。

友人のロバート・フリップはその有様を心配しました。
彼はアルバムに参加し(最初から決まっていたのかもしれませんが)、凄まじく美しいギターをピーターのために弾いています。

でもこれもボブの書いたスコアか?
ロバートのギター旋律とは明らかに違う気がしますね。
もしロバートが任されていたら、ギターは奏でずに管弦楽を使うと思います。
1期クリムゾン(アイランズ)の頃のアレンジのような(ジャズ系にはしないでしょうが)。

ピーターは後ほど"Here comes the Flood"を、自らのアレンジで別アルバムに収録をしています。
ピアノ主体のシンプルで宗教的なまでに厳かで内省的な曲に仕上っています。
エリズンのものは如何にも人類を押し流す大洪水がやってくるぞという勇ましい劇画調(半沢直樹調いやゴジラか?)のひたすらドラマチックな編曲でしたが、後のものでは強烈な内的緊張を畳み込んだ静謐な強度を堪能できました。
ピーターの天才がよく分かります。でもそれでボブアレンジチューンの作品価値は揺るがない。
ピーターものがあくまでも別解釈です。


当のミュージシャンがどう思おうと、作品が素晴らしければ、それまでです。

わたしは、ふたりのそれぞれのアルバムは大好きです。

ピーターはこのアルバムで、彼自身のソングライターとしての才能を余すところなく発揮していますが、それをさらに万華鏡のように煌びやかに輝かせているのは、ボブの仕業でしょう。これだけ様々な曲を個性的に際立たせながらアルバムとしてのまとまりを見事に保っているのは、プロジューサーの才覚です。

同様にというか、ピーターのものよりも批判の多かった、「ベルリン」です。
しかし、このアレンジ以外のものをわたしは想像することができません。
ましてやこれ以上のアレンジ・流れは考えにくいものです。

その論拠の最たる部分はアルバムのイントロ、1曲目への導入部分です。
あの"Happy Birthday"からLady Dayへの夢から覚めるがごとくの繋ぎ。
これひとつとっても、圧倒的なルー・リードの世界の解釈がなされている証拠です。
十全なアーティストへの深い理解なくしてこれが生まれるものではありません。
これほどすばらしいアルバムへの導入・演出はまず無いです。
あえて言えばプロコルハルムのグランドホテルくらい。

その導入から最後の”Sad Song”までの流れ起伏の見事さ。
ルー・リードのストーリーが完璧に始まり流れ収束してゆきます。
(間違ってもボブの物語ではありません。)
確かにボブは音が多いです。その上分厚い。ひたすら盛り上げる。ですからピーターにアコースティックピアノの音だけで奏でられると、こちらは時に冷水を頭からかけられた感もするのです。

では、このアレンジでルー・リードの曲の質が落ちたかといえば、全くそんなことはないと確信をもって言えます。
ルー・リードはアコースティックギター一本で大変説得力ある曲を聴かせてしまいます。
彼は最高のライブミュージシャンであり詩人です。
そのライブ録音も魅力あふれるものですが、スタジオ録音で彼本来の音楽をその本質をどれだけ結晶させるか、においては紛れもなくベストだと思います。
このアレンジにも無駄な音は一音も入っていないし、ルー・リードの音楽を多少なりとも歪める要素は皆無であります。
より心に深く浸透する楽曲に仕上がっています。
ましてや、アーティストを蔑ろにして自分がしゃしゃり出るプロデューサーなどと、飛んでもない中傷です。
もちろん駄作の一枚もないルー・リードのアルバムの中でもベスト版だと確信しています。

プロデューサーが一緒だと例えばロキシーミュージックとティルチューズデイが大変似た音楽性を持ったグループに思えてしまいますね。サウンドがどうしても似たものに聴こえてしまいます。
かなり隔たりを持つアーティストに似たような印象を抱いてしまうことが少なくない。

でもピーター・ガブリエルとルー・リードは全く別物に聴こえる。
当たり前ですが、プロデューサー主体であれば上のようなことは起こり得ます。
主体でなくとも無自覚であれば、彼の個性が如実に出てしまう。
または、やはり故意にしているのか。
例えばこんな仕上がりにしたいからこのプロデューサーを、ということで依頼するケースは多いですから。
でもそれで、他のアーティストと区別がつきづらくなってしまってよいものか?


別にボブ・エリズン擁護のため書いているわけではありません。
あれら大傑作アルバムが実はもっと良いものではなかったかという幻想は意味ないと思われる。
ということを述べたいと思い書きました。
もうあれらをすでに聴いてしまっています。
仮に異なるものが出ても、あれがわれわれにとっての原初体験です。
それが極めて強烈なものでしたので、その前提を壊すことはできないでしょう。
アンプラグドで演奏しなおすなど方法論はあるでしょうが。
前提以前に戻ることは原理的に出来ません。

ではそれは不幸な体験であったか、
否幸運であったとしか言えません。
あれらを率直に聴く限りにおいて。


とってもいいから聴いてみてを言うのに何をだらだら書いてしまったものか(笑
「ベルリン」は冬にこそ聴きたい。

この一言だけです(爆


*DVDも出ていたのですね。
わたしはLPレコードで十分です。が、DVDもきっと素晴らしいものではありましょう。
どんな演奏形態かは、気になりますが。
管弦楽なしでは、キャロライン・セッドなど厳しいと思いますので。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
THEME:音楽 | GENRE:学問・文化・芸術 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界