カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

「図案対象」久保克彦



「図案対象」
若々しく生命力に溢れた幾何学的な図象。
そんな第一印象をもった7メートルを超す、5つのパートに分かれた絵である。
第二次大戦で大学卒業後に動員され中国大陸で戦死した画家、久保克彦の絵(卒業制作)である。


自分の生=絵画制作がはっきりと断絶することを知った時点で、そこから遡行するような形で人は全ての思考・思想・記憶・感情を動員して総括を行おうとするものか。

戦争において、自分という時間流が戦場でふいに断ち切られる。
いや実質的に戦争に動員された時点で、画家という生命は終わっているか。
奇跡的に生きて終戦を迎え、家(アトリエ)にまでたち戻れれば、そこから断絶した人生の再開~制作続行は果たせるだろう。

だが、極限状態において、当人は「終わり」を予知してしまっているのだ。
これが”スワンソング”であると。
TV番組*で「図案対象」を見て分かった。
これは認知し認識した事象全ての見取り図ではないか。
芸大の卒業制作である。
それが最期の作品である。

構図・構成は計算しつくされたストイックな緊張が張り詰めており、カメラが近くによると、ほとんど全ての作図線が残っている。
恐らくそれらも重要な構成要素として敢えて残したのだ。
単に設計図やプロセス~時間性を重層的に残すというより、意味~読みのヒント・ガイドラインとしても。
一見、そのダイナミックさと要素の構成・配置から、フラクタル図形からの無限~永遠、有機物と幾何図形の対比の作る象徴性を内容として強く感じさせるが、実は5つの巨大絵画が全て1:1.618の黄金比よって貫かれていることが分かっている。
これには、驚く。

各画面においても黄金比によって正確に構成されている。
黄金比によってできる長方形をまた区切って正方形が切り出されてゆく。
その完全性の枠の中に、彼が拘る要素がことごとく整然と収まっている。
そして、各画面にある有機物の落とす影で時間を示す。
朝から夕刻までの意識~生きられる時間であろう。
エッシャーとはまた異なるスケールと質を感じる。


これが死を眼前にした者のひとつの「回答」なのだ。
世界との相関関係において実相を描くことを強いられた、とも謂えようか。
巨大な不安と恐怖を抱えつつ。

同期の芸大卒業生で、彼がただ一人の戦死者であったという。
――>同期の東京美術学校工芸科図案部15人のうち、ただ一人の戦死者
    (甥の久保克彦様からのご指摘により訂正。お詫び申し上げます)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「この絵を描いたからこそ、これから自分が戦争に行くということに向き合えたんじゃないか」と番組で芸大の女子学生が述べていたが、わたしもそうだと思う。
これを描いたことで、死を受け容れる覚悟も出来たのだろう。
(しかし、これは見ようによっては、未完であるとも謂える)。
彼は友への手紙に「自分は一兵卒で死ぬ」と書き送っていたという。


死を受け容れてしまうと、本当にそうなる(引き寄せる)ことにもなるかも知れない。
続きを必ず帰ってから描くと決めていたら、きっとそうなっていたように思う。



上野の芸大美術館で10/2から展示されるという。
季節も良いし、見に行きたい。



*新日曜美術館

関連記事

COMMENT

日曜美術館

26日の日曜美術館で紹介された久保克彦の甥です。
「同期の芸大卒業生で、ただ一人の戦死者」は、正確には「同期の東京美術学校工芸科図案部15人のうち、ただ一人の戦死者」です。昭和17年9月に美校を卒業した約140名のうち、戦没者は11名おられます。
「死を受け容れてしまうと、本当にそうなるのかも知れない」というコメントには同感です。中国で同じ部隊にいた方の証言によると、中国での久保は、既に達観していたようです。生きることに最後まで執念をもやした香月泰男は、シベリアから生還しました。

成る程、、、ありがとうございます。

> 26日の日曜美術館で紹介された久保克彦の甥です。

ご高覧頂き、感謝いたします。

> 「同期の芸大卒業生で、ただ一人の戦死者」は、正確には「同期の東京美術学校工芸科図案部15人のうち、ただ一人の戦死者」です。昭和17年9月に美校を卒業した約140名のうち、戦没者は11名おられます。

番組の終わりごろの説明が細かく聞き取れなかったようです。この部分、訂正させて頂きます。

> 「死を受け容れてしまうと、本当にそうなるのかも知れない」というコメントには同感です。中国で同じ部隊にいた方の証言によると、中国での久保は、既に達観していたようです。生きることに最後まで執念をもやした香月泰男は、シベリアから生還しました。

まったく、その通りですね。香月の代表作「シベリア・シリーズ」はまさに収容所での強制労働を原体験として作品に昇華させたものだと思います。これを帰ってから絶対に作品にしてやる!という信念と、もうやるべきことは全て果たしたという潔い気持ちとの違いでしょうか。

何とも言いようがありません。

また、機会がございましたら宜しくお願いいたします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
出来ればパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: