PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

イースター・パレード

Easter Parade001

Easter Parade
1948年
アメリカ

チャールズ・ウォルターズ監督


フレッド・アステア 、、、ドン・ヒューズ
ジュディ・ガーランド 、、、ハンナ・ブラウン
ピーター・ローフォード 、、、ジョナサン・ハロウ3世
アン・ミラー  、、、ナディーン・ヘイル
ジュールス・マンシン 、、、フランソワ


「オズの魔法使い」のジュディ・ガーランドなので観てみたいと思った(オズの子役以降の彼女はこれがはじめて)。
勿論、フレッド・アステアのダンス(特にタップ)は堪能したい。
更にアン・ミラーがタップが凄いということなので、ジュディのその後?とダンス(タップ)の醍醐味というところから愉しむことにした。

話しは何だか分からない。
ドン・ヒューズとのパートナーを解消して独り立ちするナディーン・ヘイル
その後釜に就くハンナ・ブラウン
どちらも成功する。
ドンとハンナは愛も育む、、、
という話しか、、、。

フレッド・アステアと言えばジンジャー・ロジャース、というのはわたしでも知ってはいるが、映画を観ている訳ではない。
一つくらいは観ていてよいはずだが、未だに観てはいない。わたしは映画ファンとは到底言えない。
10作くらいコンビで出ていて物凄く息の合ったダンスが売り物だという事。その部分をピックアップして見せているヴィデオは過去に何度か見てはいる。
ユーチューブでも以前観てつくづく感心したものだ。

ナディーン・ヘイルの独立騒動から始まる映画であるが、、、
アステアとジンジャーとの関係にも重なって来るところがあるのか。
ナディーンもソロのステージで成功を収めるが、ジンジャー・ロジャースも一人になってダンスの無い映画でアカデミー主演女優賞を取っている。
その辺の詳しいことは知らないが、アステア・ジンジャーコンビをずっと追っているファンには何らかの意味があるのかも知れないと思った。

Fred Astaire and Ginger Rogers Fred Astaire and Ginger Rogers002 Fred Astaire and Ginger Rogers003
   (Fred Astaire and Ginger Rogers)

驚いたのはフレッド・アステアのダンスだけスローモーションで映し背後のダンサーたちの踊りはリアルタイムで合成されているところだ。
それによりアステアの躍動感が倍増する効果が得られる。
スタイリッシュで見応えがあった。
このVFXがこの時代に撮れたのは意外に思え、感心した。
これがあるのなら、もう一か所くらい他の場面でも使ってよかったのでは、、、。
ウサギの縫ぐるみをゲットする際のドラムスティック捌きも見事であった。

ミュージカルである以上、歌もはいってくるが、こちらはそれ程唄いまくっている感じでもなかった。
全体の流れを雰囲気と共に追ってゆくが、やはり踊りの場面だけ突出した印象が残る。
衣装やセットなども整えられているのは分かるが殊更意表を突くものではなかった。
意表を突くと謂えば、レストランのウェイターがサラダの作り方を説明するところだ。
ここも大いに(妙に)突出してはいる。これもハリウッド方程式に組み込まれている部分なのだろうか(そうも思えないが)。

Easter Parade004

成る程アン・ミラーのステージも見栄えがある。
技術もこなれているが、ソロで成り立つ華もある。
だが、ドンとしてはコンビ解消した彼女の踊りに感心している場合ではない。
新しいドンとハンナのコンビの独自性を出して売ってゆかねばならない。
というところで二人で奮闘する(笑。その過程がお互いに誤解したりすれ違ったりしながら予定調和に向かうハリウッド流である。

なかなか物語性のある創作ダンスを二人で決め大いに受けるが、ナディーンの使いで偵察に行った召使の黒人女性が詰まらいと報告した為、実際どれ程の出来であったか彼女には判断がつかない。
黒人の召使~労働が透明化(前提)となっていてそれが極めて自然な社会であることが分かる。
そしてその使用人があまりものの価値判断もつかない存在であるように描かれていた。
そういう時代性もストーリーの無意識部分に垣間見られる。

Easter Parade002

タップダンスは、最近流行のミュージカルではほとんど見られないもので、アステアやアン・ミラーのようなスペシャリストの踊りが披露される本作はそれだけで価値もあると思われる。
ダンスには全く無知なわたしでもそれなりに愉しめた。
もう少し噺自体が面白ければもっと乗り出して観れたのだが、、、。
ミュージカルとはこういうものか。

イースター・パレードと何で題がついたのか理解が出来なかった。

Easter Parade003



ともあれ、これを観た刺激で、、、
踊りの滅法楽しいインドのミュージカル映画が観たくなった(爆。
「ムトゥ 踊るマハラジャ」とかあったな(笑。

暇になった娘と観たい。
(通知表をまず見てからであるが、、、)。








関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
出来ればパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: