PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

Uchiagehanabi001.jpg

1993年
岩井俊二 監督・脚本

山崎裕太 、、、ノリミチ
奥菜恵 、、、ナズナ
反田孝幸 、、、ユウスケ
小橋賢児 、、、ジュンイチ
ランディ・ヘブンス 、、、カズヒロ
石井苗子 、、、ナズナの母
麻木久仁子 、、、三浦先生


両親の離婚により、学校を去ることになるナズナは夏休み前に少し気のあるクラスの男子と思い出を作っておきたかったのか、、、。
いやそれ以上の何か、周りの枠や運命に対する身悶え~彼女なりの反逆を示したかったのか。
小学校という時期は(中学・高校までもそうだが)、何でも親や周囲の大人の都合で運ばれてゆく。
単に周りに流されるままにされるというだけでなく、自然に育まれていく想いも、突如外部からの理不尽な力でズタズタにされてしまう。
そこで自分の意思の問われるようなことはまずない。
(少なくともわたしはそうであった。そして多くは似たような仲間と徒党を組むか、内面化するか。わたしは後者であった)。
ある意味、一生の中でその後の精神の基調を形作るもっとも過酷な(人によってだが)時期であるとは謂えよう。

ナズナの家の具体的な事情や転校については担任の三浦先生と関係者しか知らない。

Uchiagehanabi003.jpg

ナズナはノリミチとユウスケの二人が自分の事を好きなのは、知っている。
二人がプールにいるのを見計らい何気なくやって来て、50m競争をたきつける。
そして勝った方と花火を見に行くことに決めていた。
(きっと自分の運命を占うような賭けであったかも知れない)。

勝ったのはユウスケであり、彼女は約束の5時に彼の家の前まで大きなトランクを下げて来た。
だが、ユウスケは約束をすっぽかす。急に面子を気にしだす。
(ノリミチはナズナからユウスケが誘いを受けたことは教えられて知っていた。何故だかナズナをノリミチに託すようなそぶりでもあった)。
ナズナはそこで母に見つかり、泣きわめきながらも強引に連れ戻されてゆく。
この様子を見てノリミチはユウスケを殴りつけて立ち去る。


ここで時間系の乗り換えとなり、プールではノリミチが勝ってナズナと花火の約束をすることになる。
やはり彼女は例の大きなトランクを引いて、浴衣姿で彼の家の前に5時に到着した。
ユウスケが勝手に上がり込んで遊んでいたため、彼の隙をついて二人で手を繋いで走って逃げる。
その後ろ姿をユウスケは見届け、悔しがる。

彼女は花火に行く気など全くなく、トランクの中は家出の品が一揃いであった。
ナズナは思わせ振りに浴衣からちょっと背伸びした服に着替え化粧もして「どう16に見える?」と挑発的に聞く。
どう見ても16は無理だが、ノリミチでは到底対応しかねる。
彼女は「駆け落ち」と言い、ノリミチを強引に誘ってバスに乗り込む。彼は駆け落ちの意味すらよく分かっていなかった。
あなた一人くらい面倒見てあげる等と騙り駅まで乗り、電車に乗って何処に行きたいかと問う。
「女は何をしても生きていけるのよ」などと何処で聴いたか知らないようなセリフまで繰り出す。
ノリミチは完全に巻き込まれ判断不能状態におり、そのままでは何でも彼女の言う通りに従ってしまう状態だ。

Uchiagehanabi002.jpg

自分たちは電車で遠くの何処かへ行ってしまうものとすでに思い込んでいるところ、彼女に促され最後のバスに乗って街に取って返す。
ノリミチにはその行動の意味が何なのかさっぱり分からない。
そして渋るノリミチをしり目に彼女に引っ張られ学校のプールに忍び込み、二人で服のまま水に入り泳いではしゃぐ、、、。
ひとしきり夜のプールの水~その神秘的なロマンを味わって遊び~彼女は最後に、「また2学期に会えるのが楽しみね」と言って突然、泳いで立ち去る。
何とも言えない郷愁と焦慮の念が立ち騒ぐ、、、。

これが彼らにとって最後なのだ、、、。

Uchiagehanabi004.jpg

花火は横から見ても下から見ても、基本的に球であろう。
特に題にするようなテーマとは思えぬが。
(テーマとして引っ張れるものとは思えぬ)。
ノリミチとナズナの物語に並行して悪友たちが灯台に登って花火を横から見てやると、花火は横から見ると「平ら派」と「丸い派」に分かれ喧嘩しながら長い道のりをとぼとぼ歩いてゆく。
自分の好きな女子の名を時折叫びながら、、、。
「ナズナ~」、「三浦先生~」、「観月ありさ~」、「セーラームーン~」
勝手にしなさい、である。
ただ、どんな角度から観てみたい、という趣向はヒトそれぞれにあると思う。


コンパクトに無駄なくまとまった危うく甘酸っぱい噺であった。
恐らく奥菜恵の最高傑作に当るのではないか。
彼女の他の出演作など観てはいないが、これを観ればもうこのような「気」を演じることなど不可能であることが分かる。
その意味で大変貴重な作品と謂えよう。
(時間は残酷である)。

夏休み明けの2学期に、ノリミチとユウスケのクラスの机が一つ空いている息を呑む光景をいやでも想像させる。
ここでノリミチは、あの日の意味をはじめて知ることととなるだろう。
それはとても静かで永遠の切なさを湛えている。
(自分もそんな想いをどこかで経験したことがあった気がする、、、)。



Amazon プライムビデオで鑑賞。
なお、アニメバージョンが発売中。広瀬すずが声。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
出来ればパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: