プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

未だドングリ撮れず

昨日は全てのブログはお休みしました。
長女が椅子に乗ったまま顔から床に墜落しまして、大出血!
泣くは泣くはでみんなオロオロ。
次女もそれを見て大泣きで、「かわいそう、死んじゃうの~」と階段の途中に腰掛け蹲ってしまい、、、。

確かに舌を噛み切らなくてよかった、というほどまではいきませんが、
ガッツリ両側を噛んでいて大変な傷となっていました。

長女は以前も公園の背もたれのないベンチに座らされたときに、後頭部からそのまま落下し、コンクリに激突したことがあります。
この時は本当に驚き、MRIを撮りに、すぐに車でかかりつけの病院に救急扱いで担ぎ込みました。
特に異常はないということで、大きなタンコブが出来ただけでしたが、その後も後遺症が出ないかヒヤヒヤして見守っていました。
これはもう全面的に親の過失で申し訳ないことをしました。

しかし、今回はもう五歳で、再三椅子は座るところで、そこに乗るものではない、とても危険だしお行儀が悪いと、脅かしたり、お利口シールなどをチラつかせて、注意をしていたのですが、やってしまいました。
車などに対しては、危険認識が作動するのですが、こと家の中では本棚に足をかけて登るは、ピアノに登ろうとしてバーバに大目玉を喰らうは、窓のさんに登って遠くめがけて飛び降りるは、、、ともかく危なっかしくて仕方ないのですが、、、これは痛みを知って覚えれば良いということでは、ないですから。
その失敗が取り返しのつかないことになったら、それまでです。

イメージのチカラで何とか意識をもたせようと、怖い鬼の話やいろいろ絡めて忌避させようとしていたのですが、それよりわんぱくが過ぎてしまいました。2人というのがさらに相乗効果を生んでいます。
どっちが勇敢かで競ってしまうのです。
必要以上に服やアクセサリーで女の子しているくせに、やっぱりプリキュアでしょうか。
私の頃は、鉄人でしたが、プリキュアの方が比べ物にならないスピードと迫力がありますから。
そのうえに、かわいい文化もたっぷりふりまき。
プリキュアはファッションと暴力の両面で多大な影響をやはり幼児の精神に与えていますね。
想像以上に。

ちびまるこちゃんなどをほんわか、しみじみ見る意識が育つ前に、直接的な刺激として単純に過剰に入ってきてしまうものは、怖いです。
やはり見せるもんではなかったか、と思います。
絵を描いたり、ハサミで細かい工作に熱中する面は見られますが、、、。
何しろ、アウトプットよりもインプットの量が凄まじいものです。
明らかに非対称です。
それなら質の良いインプットを、、、。
音楽がとても好きなので、良い音楽をたっぷり聴かせて落ち着かせていこうか、と今現在思っています。
テレビはもう一度見てしまったら、もうどうにもなりませんし。
長女は「もうゆるせない」などと言って、バーバをぶったりしてましたが、それはプリキュアの決まり文句で、相手をけちょんけちょんにする際に必ず言う、免罪符的掛け声です。
正義であれば武力攻撃は正当である、という国も確かにありますし。それがまた国内の矛盾を外に向けるためだったりするところがさらにタチが悪いですが、実際に存在します。
話は逸れましたが、一方的にいろいろな角度から入ってくる刺激情報を自分の中で消化する素地と余裕がないような場合、それはほとんど稚拙で一次的な昇華されない形でアウトプットしてしまいますね。

躾といえば躾の問題なのですが、文化の問題はやはり大きいと思います。

電話で耳鼻科を勧められ、すぐにかかりつけの耳鼻科に車を飛ばし、優先的に診てもらったのですが、とりあえず薬で対応で済みました。
こちらも消耗しましたが、長女も何しろ口の中が痛いものですから、刺激の少ない味と温度のスープを中心に食べています。痛い痛いと言いながらも何故かいつもよりお腹が空くのか、おかわりなどして食べています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事
THEME:日々出来事 | GENRE:ライフ |

COMMENT

No title

FC2の足跡から 失礼します。

アンパンマンですら暴力的と思っていたのですが、うちの子も同じセリフを叫んでは、なにやら見えない敵と戦っています。

アンパンマンからプリキュアへの移行はもう瞬間的でした。アンパンマンだから買ったTシャツが、アンパンマンだからイヤだと。(^^#)

今流行のものも、日本昔話も子供にとっては初めてみるものなので、同じように見せて絵本も読んであげれば、プリキュアも情報の一部程度にならんかなあと思っています。

・・でも、怪我や病気には、こっちの胸がつぶれる思いですね。

三日月工房 さまありがとうございます。


> 今流行のものも、日本昔話も子供にとっては初めてみるものなので、同じように見せて絵本も読んであげれば、プリキュアも情報の一部程度にならんかなあと思っています。

結構読んであげたのですが、怖いもの読んでと言うので、「のぺらっぽう」を読んであげたら、「のぺらっぽうの仲間に入るがいいー」と言って棒を持ってバーバを追いかけたり、結局そっちの方向に行くのですね。刺激を過剰に求める体質になっているのか、、、。

> ・・でも、怪我や病気には、こっちの胸がつぶれる思いですね。

まったくです。本当に気が抜けません。
寝顔で癒されるくらいか。
また、今後とも宜しくお願い致します。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp