PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

眠りを巡って

dream.jpg

人は一生の中で、7年間も夢を観ているそうです。
26年もの間寝ているうち。
素敵です。

夢では私の場合特にそうですが、物凄く激しいアクションをしています。
でも全く疲れない。
そういう世界ですよね。

夜の睡眠活動を昼の運動の歩数計のように計測する機器をオムロンが開発していたそうです。
2012年5月のことです。
この機器を使うと睡眠時間が測れると。
「睡眠計」
HSL-101
何かよいですね(笑
かなりしっかり「測れる」ようです。
就寝中の身体全体や胸の動きで連続的な動きがあれば、覚醒だと判断することで本当に眠っていた時間を計るということ。
電波センサーからの信波が身体の動きを捉えて、その反射波から機器が判断します。

アメリカではガジェットなどかなり売っているそうですね。
腕に装着して加速度センサーで身体の動きを見る。
iPhoneなどになくてはならない機能でもあります、加速度センサーですね。
HSL-101は非接触で測れます。
日常的に使う上では、さらに使いやすい。
今や睡眠産業というものが成立しているそうです。
所謂、ヘルスケアの観点からこうしたものが今後も発売されてくるでしょう。
パターンをみることで、疾病のリスクも見えてくる。

ただ製品カテゴリーとして、「睡眠計」というのはまだない。
購入時、血圧計のようにちょっと試すというのも無理だし。
でも「不眠症」で悩んでいる人は少なくないです。
「睡眠時無呼吸症候群」も怖いです。
PSGという機器がもっとも総合的(レム睡眠・ノンレム等)に測れるのですが医療機関に泊まらないと出来ない。
そこで緊張していつもの状態が測れないケースもあると。
わざわざ行ったのに、ということで。
オムロンのHSL-101ような機器が大変有用となってきます。

「手軽にいつもの睡眠が正確に測れまーす!」てな具合に。
アフィリエーターは準備しておいたほうがよいかも(笑

オムロンではそれらの計測データをサーバーにアップし蓄積しているようです。
もう機器を購入してサービスに登録している人が数千人とのこと。
データ解析も進んでいる。
そういうところから自分の総合的な身体管理をやってもらう、という発想は誰もが持ちやすいですよね。
他の様々なデータも一緒にアップして。
血圧から何から何まで。
これは凄いサービスに成りえます。
大きなサービス産業へ。

月額いくらからで。
コンサルも発生しますね。
何と最近知りましたが、「睡眠健康指導士」という民間資格もあるそうです。
日頃どのような仕事をなさっているのでしょう?
私も資格を取りたい。

うちの娘たちも寒くなってからは特に、寝起きが悪い。
起こすとずっと不機嫌で泣きます。
早めに寝かしてはいるのですが。
総合的な生活習慣にも起因するー躾とかーでしょうが、睡眠の質の問題もあるかも知れません。

ケースに応じて睡眠自体に積極的に働きかけるマシンも当然考えられるでしょう。
前に映画「アルタード・ステイツ」でお伝えした、アイソレーション・タンクなども思い起してしまいます。
眠りのコントロール!
これでかなり人生が変わるはずです。
人自体が変わる。

現と眠りは生と死に重なる。
しかし、死は死期を変化させることは出来ても死にはいかなる介入もできない。
もうその個体性を離れているので、そもそも意味もない。死がなんであるかも分からない。
でも眠りはあくまでもその個における別の意識(無意識)状態である以上、介入は可能。
渡辺謙とレオナルド・デカプリオの「インセプション」は示唆に富んでいます。
眠りはまだ未知数の人類の広大な資源であることは間違いないです。
リフレッシュ効果が期待できるだけでもずいぶん違うでしょう。
睡眠の質の確保はともかく大切です。

専門家によると、記憶の定着はしっかり睡眠を取ったかで決まるといいます。
ずっと起きていると、「睡眠負債」が起きる。
われわれは眠ってその借金を返しているのだと。

眠らないでいると一時的に頭が冴えた感覚に陥ることがありますが、実は「睡眠負債」のためダメージが溜まっていく。後でそのつけを払うことになる。


結局、心地よく眠りにつくということは、一日良い生活をし終えることが前提となります。
睡眠にとって日常の生活の質がなにより肝要です、言うまでもなく。
どんなことをして、それに満足しているか。
運動はどれくらいして気持ちよかったか。
食事は何をどれくらいとって美味しかったか。
生活環境全般と精神活動・身体活動、、、日常生活自体を総合的に捉えることが前提となり、

その積み重ねが「人生」であり、その結果が「死」であれば、分かり易い。ですよね。
これは勿論個人の実存の問題ではあります。
でも睡眠をポイントにおいた場合、全人類共通の問題でもある。
その睡眠を支える「生活習慣」にこそ焦点を当てる。
これは実に正しい。
「実存」とかいうことばで終わらせてはいけない。

福祉社会がこのまま進展していくと、ヘルスリスクの観点からのインフラが構築されて行くことが考えられます。
監視カメラではなくセンサーがいたるところに設置され。
多分これにGoogleが目を付けないわけはない。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

参考記事
SFから現実に
アルタード・ステイツ~肉体的制約から解かれる

関連記事

THEME:哲学/倫理学 | GENRE:学問・文化・芸術 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック