カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

キングコング 髑髏島の巨神

Kong Skull Island003

Kong: Skull Island
2017年
アメリカ

ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督


トム・ヒドルストン 、、、ジェームズ・コンラッド(元SAS大尉)
サミュエル・L・ジャクソン 、、、プレストン・パッカード(大佐、米国陸軍第三強襲ヘリコプター部隊スカイデビルズ司令官)
ブリー・ラーソン 、、、メイソン・ウィーバー(戦場カメラマン)
ジョン・C・ライリー、、、ハンク・マーロウ(中尉、第二次世界大戦中に島に不時着)
ジョン・グッドマン 、、、ビル・ランダ(地質学者、モナーク所属)
ジン・ティエン 、、、サン(生物学者、モナーク所属)
コーリー・ホーキンズ、、、ヒューストン・ブルックス(地質学者、ランダの助手、モナーク所属)
マーク・エヴァン・ジャクソン、、、スティーブ・ギヴソン(ランドサット衛星データ収集担当調査員)

何でもモンスターバースというワーナーブラザーズの企画で進められているシリーズの今回は第二弾であり、一弾目はあの『GODZILLA ゴジラ』(ギャレス・エドワーズ監督、2014年)であった。あの作品も実に格調高い傑作であったが、今作は力強さが途轍もない。


髑髏島にヘリ着陸と共にブラックサバスがかかる。
ワクワクする。
漸く任務から解かれ国に帰ろうとしたところへパッカード大佐に声が掛かかり再びスカイデビルズは戦地に赴く。
隊員たちもこれ程の地獄に連れて行かれるとは思いもよらない、というところからの展開となる。
いつもながらビル・ランダのような首謀者たち数人だけが行く目的を知っていて、周りの隊員たちが飛んでもない事態に巻き込まれる冒険パタンは一緒だ。
だが、そこに説得力がある。
この物語はシンプルで裂け目がない。

島には空洞の地下や湖の中や樹木の上から途轍もない怪物が狙っている。
この状況では、ちょっと気を許したとたんに怪獣に食われてしまう。
コングも徹底してハードボイルドな怪物である。
この突き放した魅力がリアリティを生む。

そう、コングと怪獣たちのリアリティは極まった。
これ以上のVFXは想像できない。
本当に力強い映画である。
隙が全く無い。
ストーリーもベトナム戦争と米ソ冷戦も絡めながらの人間ドラマもしっかり描き込まれている。
パッカード大佐の暴走は白黒つかぬまま犠牲者だけを大量に出した戦争へのストレスが大いに関わっているようだ。
コングに対して、全ての矛盾の象徴のように自分の無意識的な負のイメージの総体を投影している。
それに対して膨らむ忠実な部下たちの戸惑い。
コングの本当の姿と役割を認識するコンラッド=ウィーバー=マーロウ達の葛藤。
(コングを倒せばスカル・クローラーが繁殖し大変な事態となる)。
勿論、コング対巨大トカゲの怪獣スカル・クローラーとの死闘は凄まじい。
相手の強さは半端ではなく、最後までハラハラする。
そのバトルは最大の見せ場である。『キング・コング2005』のナオミワッツを守りながらの死闘も凄かったが。

Kong Skull Island002

役者はみな芸達者である。
ジェームズ・コンラッドのGACKTの吹き替えがかなりきまっていた。
パッカード大佐とコングとの睨み合いなど迫力の一瞬であった。
(しかしサミュエル・L・ジャクソン歳とったなあ~)
髑髏島の原住民の描写も異質さと自然さが上手く表れていた。
ネイティブには南洋というより日本人に近い感触がある。

取り敢えず、ここでもコングは戦場カメラマンのウィーバーを助ける。
基本的に島の侵略者ではなく、自分に対し好感を持っていることを察知しての事か。
そのうえで女性であることも大事な要素か、、、この辺はよく分からないが、なかなか素っ気なく男前のコングであった(爆。

最期30年ぶりに生還して妻と成人した息子初めて逢う家庭用ビデオのシーンは感動ものであった。
特務研究機関モナークにコンラッドとウィーバーが呼ばれると、そこにはブルックスとサンがおり、「実はこの地球を影で支配している生命が他にもいる」ことを彼らに仄めかすのだった。
そして、はっきりとこの続編となる次作の内容が暗示されて終わる。

Kong Skull Island001


なんでも今度は、ゴジラがまたこのシリーズで出てくるようだ。
ゴジラVSコングも控えているらしい、、、。
何処までやるのか?
やはりアメリカ~ハリウッドでまともにやるとこれだけのものが出来るのだ。
こういう映画を観て愉しみたい。
(日本映画でここまでの質は到底望めまい。アニメは別として)。


ガメラはかなり頑張っていたのだが、本当に終了してしまったのか。
ちょっと寂しい、、、。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Movie
PC