プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

やっと雨が上がり

darkmoon.jpg

まだ月は見えない。
3日ほど前が新月であった。
まだまだ待ってから見たい。
その前に、夜空が澄んで晴れ渡っていないと、、、。

20日間くらい雨が降り続き、強風も酷かった為、家庭菜園が瀕死の状態になってしまった。
ダメになったものが幾つもある。
毎日勢いよく採れていたトマトも激減した。
農業を本職でやろうとすればさぞや大変だろうなと感じる。

我が家がほったらかし過ぎるのだが。

そう、ほったらかしもそろそろ危なくなってきた。
長女がまだ宿題をやっていないのだ。
いよいよ一家総動員で宿題に取り掛からなければならない事態となりつつある。
ともかく、手を付けるまでが大変なのだ。

また、一つの事をやりだすと、そればかりに熱中して他のものへの移行が出来ない。
適度な切り替えが難しいのだ。
スイッチが入ってしまうと、寝なさいと言っても寝ないでいつまでもやっている。
(娘の事を謂っているようで、自分にも重なって来る)。

考えてみれば、わたしも徹夜で絵を描いていた。
どうしても踏ん切りがつかぬのだ。
拘りが強いとか、頑固とかしつこいとかいう自我レベルの問題ではなく、、、
それは描くと同時に紙面に生成されるシステムに半ば憑依されている感覚なのだ。

シュルレアリスムかと謂われれば、半分そう、と謂える。
何かを解体してやろうとか新たな造形を創造したいという政治的意図は微塵もない。
しかし、自分の意識には囚われずその時に現れた論理に身を委ねている。
結構スリリングな、そんな行為なのだ。

それはとっても面白い。
ヒトの本質である、眩暈を好む行為のひとつとも謂えよう。
貞子を見てみたいのとも基本似ている。
ドキドキしたいのだ。
ワクワクの快感なのだ。

自分の枠の中でだけやることなら、もっと理性的に規則正しく抑制して熟すことも出来ようが、、、
(もう寝よう、明日が大変とか)
ある程度、飛んでいる為、そんな気にならない。
この半分、規則や帰属や日常や自分とかなど、どうでもよいという感覚がとても身体を軽やかにする。
醒めた目で(事後的に)客観的に観たら、創造のプロセスを愉しむとか謂えそうだが。
そんなものだろうか。
そこには固有の時間があり、重力がない。


しかし反面、やるべきことはやらなくてはならない。
夏休みは必ず終わるのだ。
いつもの時間流に着地しなければならない。
土日の次にはまた学校(仕事)~人間の時間が始まる。

ただその反復運動に垂直性を与えてゆかなければ。
それがこれからの課題である。


moon06.jpg



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp