PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

歌川国芳

受ける!そして愉しい。

kuniyoshi004.jpg
「相馬の古内裏」
平将門の娘、滝夜叉姫が呼び出した巨大骸骨が目を引く。

国芳と謂えば、猫好きで奇想天外な絵を描き反骨精神に富む浮世絵画家というイメージで、この絵や動物を擬人化した絵や人体でアンチンボルトをやったような絵が頭に浮かぶが、他にも凄い絵がたくさんあった。
端から浮世絵の枠を飛び越えている。
というより、枠などない。
しかし、技量は確かでちゃっかり西洋画も研究していて、明暗法や遠近法を取り入れた絵~版画で人を強く惹きつける。
一筋縄ではいかない。
骸骨もかなり正確なデッサン~観察を元にしている。

ただ変わったことをやって、人目を惹き有名になろうとした絵師ではない。
そもそも、変わったことをやるにはそれを見出す発想力と具現化する技術と技法の蓄積がなければ新たな形にならない。
敏感なアンテナも立っていなければなるまい。

単に奇想版画家などではないのだ。
ただ、描きたくなったものをきっと臆面もなく描いたのだ。
しかもとても反骨精神に富み、お上に対してもレトリックを駆使して対抗した、庶民の気持ちを代弁する爽快な絵もある。
(その為、何度も呼び出され尋問を受けたりしたことがある。水野忠邦のころである)。

kuniyoshi001.jpg
「見かけは怖いが、とんだいい人だ」

しかし奇想だ。
何を想ってこんな面白いことをするのかが理解できなかったりする。
流石の南伸坊さんもこの真似はできないのでは、、、。
しかし暇な人たちが何処かの横丁に集まってやってみたかも知れぬではないか。
恐らくやってみて酷い目にあった酔狂な人はいたはず。
勿論、目で追って楽しむものであり、実際にやるのは邪道であるが。
ナンセンスとユーモアの何であるかを、こんな形で示す粋な人。

kuniyoshi002.jpgkuniyoshi006.jpgkuniyoshi010.jpg

この手の絵はきっと江戸庶民に受けたはず。
受ければ何パタンもやって見たくもなる。
サービス精神も旺盛なのだ。
ちなみに最後の物は、「猫の当字 なまず」である。
猫大好きで有能なデザイナーでもある国芳の真骨頂であろう。
この文字は本当に普遍性のある楽しさと可愛さに充ち満ちている。

kuniyoshi003.jpg
「甲越勇将伝、、、諸角豊後守昌清」
ウイリアム・ブレイクかと一瞬思うような斬新な絵である。
ドラゴンボールも真っ青。
この時空を超越したかの如くの作画であるが、彼には東京スカイツリーを描いたのではないかという疑惑を持たれている風景画さえあるのだから、さして突飛には思えない。
それはともかく、詩的でアーティスティックなカッコよさは、今でも充分通用する。
(フィギュアスケートなどでも、、、)。

kuniyoshi009.jpg
「西塔鬼若丸」
彼は武者絵が得意で、それをひとつの売り物としており、絶大な支持を得ていた。
特に弁慶は多い。
ここでは、何と巨大な鯉と取っ組み合いをしている。
ストーリー性にも富み、力が入る。
ここがヒットに繋がる。

kuniyoshi008.jpg
「禽獣図会 大鵬 海老」
極め付けである。
巨大海老と伝説の巨鳥の闘い。
アメリカ映画の鮫vs.鰐の類よりずっと面白い。
日本の怪獣映画がこの影響を受けていないはずはない!
(果たしてこれを凌ぐ怪獣対決ものがあるか、、、)。

kuniyoshi005.jpg

わたしが一番好きな国芳の絵である。
「宮本武蔵の鯨退治」である。
この大パノラマ感覚。
ワクワクする劇画感覚。
白い夥しい水玉模様が、泡なのか皮膚の模様なのか、、、デザイン的に素敵でたまらない。
女子なら、「かわいい~っ」と言ってみたいではないか、、、?


何であってもどれも面白くて愉しい。
この絵が版画であることが嬉しい。
一部の金持ちや権力者が独占するものではなく、誰もが手にして見ることが出来る版画~複製藝術であることで、民衆が元気になる。
これが一番大きい。


*他にも面白いものがわんさかあるので、近いうちに続編をやりたい気もする。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック