PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

16ブロック

16 Blocks001

16 Blocks
2006年
アメリカ

リチャード・ドナー監督
リチャード・ウェンク脚本

ブルース・ウィリス 、、、ジャック・モーズリー(NY市警刑事)
モス・デフ 、、、エディ・バンカー(証人)
デヴィッド・モース 、、、フランク・ニュージェント(NY市警悪徳刑事)
ジェナ・スターン 、、、ダイアン・モーズリー(ジャックの妹,救命救急士)
ブレンダ・プレスリー、、、マクドナルド地方検事補
ケイシー・サンダー 、、、グルーバー分署長

ブルース・ウィリスのぶっきらぼうで淡々としたなかに、内面の動き~感情の変化を雄弁に語る演技は流石である。
彼の表情をずっと追いながら観てきたようにも思える。
好対照のモス・デフもお調子者でお喋りだが前向きな心優しい若者で、コントラストのはっきりした名コンビ振りであった。
ここでのほとんどどんでん返しとも謂える終盤~エンディングは、本当にこころが晴れやかになった。
エディの言葉を借りれば、運命を良い兆候と捉えかえし、「人は生まれ変われる」と確信することだ。
そうすれば、それはきっとその通りになる。


夜勤明けで帰宅しようとするところで、呼び止められる、というのも運が悪い。
(悪い兆候だ)。
渋々引き受けた仕事は、16ブロック先の裁判所まで証人を送り届けるというもの。
1.6kmなら酒を吞みながらでも大丈夫だろう、と高を括っていたら、とんでもなかった。
距離の問題ではなかった。
そこには壮絶な修羅場が待っていたのだ。
しかし、護送される証人エディは、運命と思えることを「良い兆候」と判断し何でも前向きに捉える。
冤罪含め人生の半分ムショ暮らしだが、将来ケーキ店を開くことが夢の黒人男性である。
しかも10時の証言を済ませた後、12時にとても大切な用も控えているという。(何やら希望に満ちた様子)。
片や自暴自棄の足の悪いアル中の白人刑事。

どうやらこのうらぶれたジャック刑事、何やら後悔~罪悪感めいたものを抱えている様子。
酒を買いに少し目を離した隙に、エディが何者かに襲われ、その暴漢をジャックは撃ち殺す。
知り合いの酒場に逃げ込み、警察の応援を呼ぶと、ことの次第が見えて来た。

ジャックはその証人が、警察内部の汚職を立証するために呼ばれた男であることを知る。
そして、汚職に手を染めた警官たちがエディを裁判所に着くまでに始末しようとしていたのだ。
事の重大さと危うさを悟るジャックであったが、悪徳警官に加担するか、正義をとるかという場面で、彼は何よりもエディの命を救おうとした。

エディを銃殺しようとした警官の脚を撃ち抜き、二人は逃避行する。
だが、どう逃げても執拗に追いすがる警官たち。
頼みの綱のマクドナルド地方検事補に助けを要請するが、彼女の配下が情報を悪徳刑事に流してしまう。
どれ程の規模で汚職が蔓延っていたのか。
グルーバー分署長までもがその一味であった。
こうなると、、午前10時の大陪審に間に合わせることが至難の業に思えてくる。
(しかし、流れやどうしようもない窮地の描き方など文句無しではあるが、既視感は否めない。こういうパタンは結構よく見る)。

散々に追い詰められた果てにバスに乗り込み逃走を図るが、結局万事休すとなる場面からが、この映画の本領だ。
ジャックはエディを他の客の服と交換させ、乗客と共に上手く脱出させ、ヴォイスレコーダーに遺言まで入れる。
だが、エディはジャックのことが心配になりバスに戻ってきてしまう。
これで計画は水の泡となったかに見えた。周りは特殊部隊が取り囲んでいるなか、タイヤを撃ち抜かれたバスで逃走し、狭い路地に入り込み、二人はアパートに逃げ込む。
だが、エディは被弾し負傷していた。
ジャックは、救命救急隊員の妹を呼び、エディを任せ彼の代わりに自分が証言をすることを選ぶ。

16 Blocks002


実は、彼もその汚職にかつて手を染めたことのある刑事であり、エディに洗いざらい告白し、良いケーキ屋になれと励まして覚悟を決めて去る。
ジャックは相棒であったフランクと裁判所の地下で対峙し、かつての汚職について口論する。
彼はそのまま丸腰で法廷に向かい、その途上で特殊部隊に足止めされる。
追ってきた刑事に射殺されかけるが、特殊部隊の判断で間一髪のところを免れる。
その時ポケットから落ちたヴォイスレコーダーから、先ほどの地下でのやり取りが、彼に呼ばれたマクドナルドの目前で生々しく再生された。
彼女に証言の条件を聞かれ、彼はエディの犯罪歴の抹消を訴え受理される。


エディがそれまで何度も主張してきた、、、
「人生やり直せる。」

ふたりともその通りになる。
2年後刑期を終え、ジャックは誕生日にエディからケーキを受け取る。
”EDDIE & JACK's GOOD SIGN BAKERY”というケーキ屋を開店したことが手紙と写真で知らされる。
ジャックのこれまでに見せたことのない嬉しそうな顔、、、。
(食べるところまでは、ないが美味しいはずだ)。

恐らく今まで観た映画の中でも、もっともホッコリできるエンディングである。
この終盤観たさに、また観てしまいそうな映画だ。
それほど魅力的な締めくくりである。
とても気持ち良い。(精神衛生上良い)。

こういう映画が必要な時がある。


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック