PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

それでも恋するバルセロナ

Vicky Cristina Barcelona001

Vicky Cristina Barcelona
2008年
アメリカ・スペイン

ウディ・アレン監督・脚本

ハビエル・バルデム、、、フアン・アントニオ
レベッカ・ホール、、、ヴィッキー
ペネロペ・クルス、、、マリア・エレーナ
スカーレット・ヨハンソン、、、クリスティーナ


スペインの太陽とガウディの建築があれば、こういう気分になるものだろう。
それは正しい。
「成就しない恋愛こそロマンチックだ」とは実にめでたい。
きっとこの気候と景色がよいのだ。

展開は小気味よい。
ちょうど良い時期にナレーションが入り、歌が入ってくる。
この辺のウディ・アレンのセンスは好きだ。
「ミッドナイト・イン・パリ」もこのセンスが光っていた。ただジョークは向こうの方が上で、もっと面白かったが。

ともかく、重くしないでオシャレに運ぶ。
扱っている恋愛沙汰自体はそれこそ、かなりシンドくてドロドロしたものだが。
アメリカの一般的な結婚生活~価値観にはウンザリというところはよくにじみ出ている。
(彼らの場合、アメリカのセレブであるが)。
ただ、こちらに来れば何かが変わり、自分にピッタリのもの~生活スタイルが見つかるかというと、、、
そうもいかない。
(アメリカを離れてここで経験したことは、意味はあったが、やはり強烈すぎたか?)
Vicky Cristina Barcelona003


そもそもふたりは安定~確信(発見)を求めてきたのか?
そうではない。
だいたい、自分探しの旅だなんて、、、探し当てた先の自分などという幻想は存在し得ない。
元々ないもの探すこと自体が甘ちょろい。というよりその身振り自体が甘い。
ただの気晴らしのレベルに過ぎない。

マリア・エレーナがクリスティーナに対して吐いていたことば「あなたは慢性的な欲求不満よ!」
その通りで、どうあっても、人は今に充足できない。
恵まれてるとか幸せとか関係なく、今在るところのものからはみ出ていくのが存在形式として必然なのだ。
現状を解体して~破壊して違うものを構築し続ける。
この構築し続ける運動こそが生であり性であろう。
そこに自分とか何とかは関係しない。
ひたすら運動する~生きるという事実があるだけだ。
ガウディの建築そのものである。
Vicky Cristina Barcelona002

本来、人間には中心がなく、永遠に日々のディテールを記述しながら未完の長編を構築し続けてゆくしかないのだ。
それがガウディであり、カフカが鋭利に示した世界なのだ。

フアン・アントニオとマリア・エレーナの関係はもっとも創造的で破壊的な、ある意味理想的な方向性をもったものであるが、安定とは無縁でひとつ間違えれば死に直結してしまう。
それに中途半端に憧れるクリスティーナとヴィッキーは、その事態を垣間見て経験はするが、やはり観光客としてアメリカに戻ってゆく。
特にヴィッキーは、最後のフアン・アントニオとマリア・エレーナの拳銃沙汰で外傷経験をもってはいないか。
これで懲りてしまうと、行く前より典型的なアメリカ(セレブ)型に収まってしまう。
大概はそのパタンではなかろうか、、、。

今の生活を、諦観で染めない、、、そこに尽きる。


わたしにとってここに出てくる人物など誰も皆、基本的にどうでもよく、この群像劇を見ていて感じたことが以上のことである。


関連記事

COMMENT

映画製作に、センスは欠かせませんね☆

メッセージありがとうございます。
コッポラはもうGOMAさまに完敗(笑)

”それでも恋するバルセロナ”は
実はバルセロナで観ました^^

>ウディ・アレンのセンスは好きだ

此処に尽きる映画でした。
あんなにドロドロなのに
なぜかお洒落
というか・・・。

生という
人間の運動を
ガウディの建築に擬える
このあたりからGOMAさまの真骨頂ですね。

映画から
というより
GOMAさまから学びを戴きました♪





Re: 映画製作に、センスは欠かせませんね☆


> ”それでも恋するバルセロナ”は
> 実はバルセロナで観ました^^
流石です。現地で観てしまうところが真似のできないところです、、、。
そのへんの記事がわたしにとって、また楽しみなワケですが。
>
> >ウディ・アレンのセンスは好きだ
>
確かにセンスを感じる人です。クレバーな人だとも思います。
でも実は作品によっては、鼻につくこともあります。
この映画や「ミッドナイト・イン・パリ」(これは飛び切り愉しかった)は好きな映画ですが。
>
> 生という
> 人間の運動を
> ガウディの建築に擬える
> このあたりからGOMAさまの真骨頂ですね。
>
実はわたしは基本的にこればっかり言っているもので。
いつも同じことをくどくどと言ってはいまいか、と少し心配になってはいます。

でもガウディって象徴的ですね。
本当に。
カフカもそうです。
ボルヘスが、カフカの小説は未完の長編に成らざるを得ないということを言っていました。
彼には中心がないからだ、と。
本質的に、人間にも建築にも中心はありません。
精緻に描けば描くほど(作れば作るほど)克明になったディテールが機械的に増幅を自動的に続けることになると思われます。
ウッディアレンの冗長なお喋りも、タルコフスキーの狂人の呟きも同様に。
終わらないものでしょう。
突然の中断以外には。


ありがとうございます。
また、宜しくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック