カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

シャイン

Shine.jpg

Shine
1996年
オーストラリア

スコット・ヒックス監督・原案
ジャン・サーディ脚本
デヴィッド・ハーシュフェルダー音楽

ジェフリー・ラッシュ、、、デイヴィッド・ヘルフゴット(精神を病む天才ピアニスト)
ノア・テイラー、、、デイヴィッド・ヘルフゴット(青年期)
アーミン・ミューラー=スタール、、、ピーター・ヘルフゴット(父)
リン・レッドグレイヴ、、、ギリアン(妻)


またしてもジェフリー・ラッシュ!泣ける。
実在のピアニスト、デイヴィッド・ヘルフゴットを演じるがこれが鬼気迫る。
ひたすら、凄い。

彼が出ていて凄くないものはないが、これは特に、、、極めつけだ。
実際に弾いているようにしか見えない。
(ジェフリー・ラッシュ自身ピアノは弾ける人だが)。
流れている流麗な音はデイヴィッド・ヘルフゴット当人の弾くものだという、、、。
これまた凄く迫るものがある。


旋律同士が挑み合い、激しいカデンツァ、、、難曲中の難曲と言われるラフマニノフ『ピアノ協奏曲第3番』に拘るデイヴィッド。
父が彼に何より弾かせたがった作曲家であった。
彼がこの曲に拘るのも父に認めてもらいたかったことが大きい。
専門家たちは少年のうちは、まずモーツァルトから始めさせたいというが父はラフマニノフなのだ。

デイヴィッドは音楽家の夢を絶たれた過去を持つ父からピアノ~音楽の厳格な教育を受けて育ってきた。
彼はめきめき才能を発揮し、数々のコンクールで注目を浴びるようになる。
当然のごとく、専門家筋からの更なる教育の必要性や留学などの誘いが舞い込んでくる。

だが、父親は頑固にそれらを拒否する。
自分の溺愛する息子を手放せないのだ。
他人の手に渡すことは断固として許さない。行きたいとせがむ息子に暴力まで振るう。
その為、アメリカ留学費用を協力して集めてくれた周囲の人々や滞在先の家族の善意も踏みにじり、彼を家に閉じ込めてしまう。
自閉的で独善的な人、、、少なくとも子離れの出来ない父であったようだ。

どれほどの度合いであるかは分からぬが、これが精神に及ぼす影響は小さいとは思えない。
父ピーターは同じ年頃の異性との接触も尽く排除していたように映る。
しかし、年配のロシア女流作家との交流を経て、彼は自分の道を歩くことを決意するに至る。
父に激しく叱責され勘当されて、彼ははじめて独りで行動し、イギリスの王立音楽院に特待生入学する。

そこで教授に天才を見出され、特別にレッスンを受ける。
しかし挑む曲が常にラフマニノフなのだ。
こころは父の願いに繋がったままだ。(無意識的にかどうなのか、、、ある意味難曲は不利でもある)。
そのときの教授とのやり取りが笑えるようで、実は笑えない。
「第三番は大曲だ。正気の沙汰じゃない」(教授)
「では正気でなければいいんですね?」(デヴィッド)

この後、彼はコンサートで見事ラフマニノフ『ピアノ協奏曲第3番』を弾きこなしたところで倒れ、父のもとに帰ってくるが父はもはや彼を受け入れなかった。
父はしかし彼の演奏をラジオで聴き涙していたのだが、、、。
デイヴィッドは精神に異常をきたしてしまう。
その後、言動に問題が見られるとのことで、彼は精神病院に入院させられてしまった。
そこでは、ピアノは体に悪いため弾くなと指導されていた。
しかしひょんなことからデヴィッドがピアノが弾けることが分かり、外に預けられることになる。
かつてデヴィッドのファンであった人だ。
しかしそこも奇行の為、ピアノに鍵をかけられてしまう等、居ることが出来なくなる。

あるとき外出し、バーで『くまんばちの飛行』をピアノで弾いてみせた時に多くの客から絶賛され、またピアノを聴衆の前で弾く喜びを久々に味わう。
これは彼にとり、やはり良いことであったのだ。いや、最善の方法ではないか!
ちょうどその頃彼に理解を示す婦人ギリアンと結婚し、彼女の支えの元、コンサート会場にカムバックすることになる。
文字通り、輝きを取り戻したということだ。
それ以降、思う存分ピアノをステージで弾く生活が続いたようである。
ある意味、こういった形での復帰というものは困難を極めるものだと想うが、自分を活かし認めてくれる愛する伴侶の力は大きいと思わざるを得ない。


ジェフリー・ラッシュは映画の中で、見事に弾きまくっていて驚きの連続であったが、父のピーターが具体的に音楽を教える場面があっても良かったのではないか。
これには物足りなさを覚えた。あれだけ他人の教育を拒んだ人である。
青年期のノア・テイラーも大変良い味を出していた。
成長期の次第に音楽に、いやラフマニノフにのめり込んでゆく過程が説得力もって伝わって来る。
とても揺れ動きにも共感を覚える。


だが何といってもジェフリー・ラッシュの圧倒的な演技力により、この映画は素晴らしい作品となっているといえよう。
と同時に、デイヴィッド・ヘルフゴットというピアニストへの興味も沸く。
実際に彼の弾く曲が聴けるのだ。

美味しい映画である。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Movie
PC