カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天国の日々

Days of Heaven002

Days of Heaven
1978年
アメリカ

テレンス・マリック監督・脚本
ネストール・アルメンドロス、ハスケル・ウェクスラー撮影
エンニオ・モリコーネ音楽

リチャード・ギア、、、ビル(流れ者の雇われ労働者、アビーの偽の兄)
ブルック・アダムス、、、アビー(流れ者の雇われ労働者、ビルの偽の妹)
サム・シェパード、、、チャック(農場主)
リンダ・マンズ、、、リンダ(語り部でもある少女、ビルの本当の妹)


テキサスの農場を舞台にした雇われた労働者と農場主との関係を軸においた映画。
広い農場の自然の姿がただもう圧倒的に迫る。

この映画は、まずカメラ・撮影であろう。
照明装置を最小限に抑えた「マジック・アワー」と呼ばれる夕暮れどきの20分間位を利用して多くの場面を撮っているという。
自然光とロウソクだという。
日中の撮影では常に逆光で撮ったらしい。
凡そハリウッドらしくない。

この光景は、わたしにとっても癒やしとなった。
何かに似ていると思ったら、わたしがトイレに飾っているアンドリュー・ワイエスの絵の世界でもあった(笑。
ただ牧歌的ではない、自然の悪意もたっぷり含んだ神秘的な癒し~リアリティである。
無数のイナゴが空を埋めて飛んでゆく景色もまた、悪魔的残酷さに充ちていた。
そして炎である。
メラメラと夜の麦畑を焼き払う獰猛なオレンジの炎の波。

ビルとアビーは恋人なのに兄弟と偽って流れ歩く。
その方が「渡りやすい」ということで。
ビルはたびたび暴力事件を起こしている。
彼は農場の雇われ労働者として働いているとき、たまたま薬を盗みに行ったとき、農場主が後余命一年と医者に宣告されているのを聞いてしまう。
チャックがアビーに惹かれているのをよいことに、彼女とビルを結婚させて、ゆくゆくは農場を自分のものとしようと企んでいた。
式までは上手く運び、他の労働者たちは草刈や麦の収穫の季節労働が終了すると集団で移動してゆくが、彼らは嫁の兄妹ということもあり、屋敷に留まることになる。これまでの生活を一変する贅沢な暮らしだ。
労働のない、一日中良い服を着て、酒を呑み狩りをし川べりで遊びテラスでのんびり過ごす、所謂金持ちの暮らしを満喫する。
これが「天国の日々」であろうか、、、。旧約聖書にもあったが、、、。確かに聖書を感じさせる映像であることは間違いない。

Days of Heaven003

しかしビルにとって、チャックがすぐに死ぬと思っていたにも関わらず彼の体調は悪化せず、なかなか死なないのが誤算であった。
農場主のチャックは、僕大な財産はもっていてもビルの睨んだ通り、死を待つだけの生活に耐えてきた天涯孤独の身であった。
だが大概ヒトは、希望を見出すと元気になるものだ。
それからはチャックに合わせた現状維持の生活が彼らに続いてゆく。
広大に広がる農場と悠久を感じる日の出から日の入り、、、。
これが彼らに永遠の時間性を感じさせる。
或る晩、ビルは夜中にアビーを外に連れ出し、逢引をする。

翌朝上手く誤魔化し、問題は起きなかったが、その後の偽兄妹の行動にビルは疑惑の目を向け始める。
古くからの使用人は、チャックに彼らがペテン師であることを進言するが、この時点では彼はそれを聞き入れなかった。
刺激に飢えていた頃、飛行機に乗って芸人がやってきた。飛行機で芸をやって渡っているのだ。
(これが何とも面白い。アメリカの広さを想わせるシーンである)。
空気を読んでビルは、彼らの飛行機に乗ってそこを去る。
これで終わりにしておけば全てまるく治まった。

だが、アビーの事が忘れられなかったのか、ビルはバイクでまたやって来てしまい、チャックに見られてはマズイ場面を目撃される。チャックの内心を物語るように風に激しく回転する風見鶏。
逆上したチャックの夜の害虫のイナゴを追い払う場面でのビルへの憎悪の向け方。
その怒りのごとく炎は燃え移り燃え盛り、麦畑を焼き尽くしてしまう。
そして翌朝、ビルがバイクの修理をしていたところにチャックが現れる。
ビルに襲いかかるも、逆に刺殺されてしまう。

ビルとアビーはチャックの車を盗み逃走する。
途中、車と船を交換し、水辺の林に隠れるがチャックの使用人と警察が彼の居場所を突き止めるまでの時間は早かった。
追い詰められるビルは川で警官に撃たれてあっけなく死ぬ。

アビーはリンダを施設に預けて去ってゆくが、リンダは窓から友達と抜け出して線路沿いをあてもなく歩いてゆく。
リンダはほとんど語り部に徹していた感があるが、最後に上手く物語を引き取っている。


全ては風景に過ぎなかった。
その風景に酔った。

Days of Heaven




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Piano
PC