カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

理由なき反抗

Rebel Without a Cause

Rebel Without a Cause
1955年
アメリカ

ニコラス・レイ原作・監督

ジェームズ・ディーン 、、、ジム・スターク
ナタリー・ウッド 、、、ジュディ
サル・ミネオ 、、、ジョン・クロフォード(プラトン)
ジム・バッカス 、、、フランク・スターク(ジムの父)
アン・ドラン 、、、キャロル・スターク(ジムの母)
コーリイ・アレン 、、、バズ・グンダーソン(悪ガキのボス)
エドワード・プラット、、、レイ・フレミック(少年課刑事)


子供とは永遠に孤独なものである。

本質的に子供時代というのは、居場所は無い。

プラトンのように経済的にいくら満たされていたとしても、いつもたった独りである。
彼らはひりつく孤独が蓄積させるフラストレーションを暴力や危険なスリルを求める肝試し(チキンレース)で晴らす生活に身を任す。
折角、ジムとこころを通わせはじめたバズもその危険なゲームで命を落としてしまう。
孤独な仲間との共同体の暗黙のルールのうちで、やらないわけにはいかないのだ。
悪仲間と連み、奔放に生きているように見えて実はチームの掟にがんじがらめで、自由など微塵もない。
(学校のルールが鬱陶しいと、暴走族に入ったら余計に厳しい上下関係の規則に縛られるのと同様に)


ジム・スタークは父親の父権が弱く彼の理想の規範とはならない。ジムはプライドが高く、腰抜けと呼ばれると自分を見失うほどだ。
ジュディの父親は冷たく感じられ権威的で愛情が感じられない。
プラトンの父はずっと不在である。
ジムは好意を示してくれる刑事のレイにもすがるが、彼は忙しく肝心の時にはつかまらない。

3人は強く父を求めていた。
しっかり支えてくれる優しい父親像を求めていた。
そこで、プラネタリウム通りの空き屋状態の邸宅に3人で侵入し、一緒に住もうとする。
彼らは思う存分燥ぎまわり、頑ななこころを素直に解放することが出来た。
恐らく彼らに取り初めてのこころ安らぐ環境であったかも知れない。

ジムとジュディは恋人であり、同時に夫婦の立場であり、プラトンは彼らの息子(特にジムの息子)であった。
3人は理想的な疑似家族をそこで一時、形成した。

しかし、プラトンが一時心地よさから安心して眠ってしまった隙にジムとジュディは邸宅内の探検に行ってしまう。
そう、親というものは、必ず子供を置いて行ってしまうものなのだ。
仕事でなくとも、愛情がない訳ではなくとも、、、何故か置いていってしまうものなのだ。

プラトンが安らかな眠りから覚めると、周りには過酷極まりない現実があった。
ジムを探しに来た3人の悪童が、笑みを浮かべて彼を取り囲んでいるではないか。
(タチが悪いのは往々にしてチームのNo.2であることが多い)。
またもや悪夢が覆い被さって来た。
執拗にジムたちを標的化しバズというリーダー不在のチームの維持に躍起であるかのよう。
(直接的にはバズの仇討という名目であろうが)。

そしてプラトンにとって、、、何故、ジムはいないのか?自分を置き去りにして逃げたのか?
不安と恐怖に激しく動揺して逃げ回るプラトン。
彼の脆弱な自我は過剰反応と過剰な防衛行動を引き起こす。
ジャケットに忍ばせてきたピストルを衝動的に持ち撃ちまくるのだ。

彼らの一人を撃って怪我をさせてしまったことでプラトンの神経は余計に追い詰められてゆく。
警察も駆けつけてくる。
サーチライトが一斉に彼らを照らす。
神経を余計に高ぶらせる。
ジムが必死にとりなそうとするが、最愛の存在にまたもや裏切られたという感覚はなかなか回復しない。
というより、自分の殻を破ってから、初めての他者への信頼感が根底から揺らいでしまったのだ。
一人にするんじゃなかった、、、とジムは反省するが、誰が悪いというよりタイミングが悪かった。
(しつこいゴロツキが悪いのだが)。

そして取り乱して警察に銃口を向けたところで、彼は銃殺されてしまう。
(アメリカらしい。警察の前に出るときは、必ず頭の後ろに手を組まなければならないのだ)。

プラトンが何よりこころから欲していた父親~家族は、うたかたの夢と消えた。
ジムの父は彼の意思を理解し、私も強くなりともに立ち向かっていこうと抱き合う。
ジムは犠牲を払いつつ彼女と彼の「家族」を現実に獲得するに至った。


家族とはそれ程必要なものなのか、、、。
父息子関係とはそれ程重要なものなのか、、、。
私自身それらへの依存(期待)は無く育ってきたので、余りこの映画に実感を持ってなかった。
この父息子関係はハリウッドの十八番のようなのだが、これはアメリカの無意識でもあるのか、、、。

それからひとつ疑問なのだが、ジュディはバズの彼女であったはずなのだが、彼が断崖に落ちて死んだ直後からほとんど悲嘆に暮れる暇もなくジムと親しくなっていて驚いたのだが、そう感じたのはわたしだけか?
勿論、2人とも出遭った時から意識し合ってはいたが、ちょっとこのタイミングでの接近はあんまりな気がするが、、、。

アメリカンな感じのする映画であった。
しかし、ジェームズ・ディーンの存在感は圧倒的であった。
細やかな演技も素晴らしい。
プラトンも独特な役どころをよくおさえていたと思う。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: