PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アンナ・カレーニナ ~ キーラ・ナイトレイ

Anna Karenina004

Anna Karenina
2012年
イギリス

ジョー・ライト監督
トルストイ原作

キーラ・ナイトレイ、、、アンナ・カレーニナ
ジュード・ロウ、、、アレクセイ・カレーニン伯爵
アーロン・テイラー=ジョンソン、、、アレクセイ・ヴロンスキー伯爵
ケリー・マクドナルド、、、ダーリャ・オブロンスカヤ公爵夫人
マシュー・マクファディン、、、ステパン・オブロンスキー公爵
ドーナル・グリーソン、、、コンスタンティン・リョーヴィン
アリシア・ヴィキャンデル、、、エカテリーナ・シチェルバツカヤ

1948年版を見たが、今回の絢舞踏会の爛豪華さには参った。登場人物たちが人形のような装飾的な輝きに満ちている。
「舞踏会」そのものが楽しめる「絵」であった。
美術・衣装の勝利か?
田園~農業の草刈の光景も大変美的に撮られていた。
この映画、ただひたすら美しく絵作りしましょうというコンセプトに受け取れた。
中国の宮廷ものにも同様な質感があるが、ゼンマイを巻かれた間だけ優雅に踊り恋をするカラクリ人形界にも見える。
明らかにそんな演出だ。
ある意味、アンナたちの世界と、コンスタンティンの世界の対比を描く物語でもあるが、双方とも幻想的なまでに華美である。

構成そのものが華麗な舞台劇を観る思いである。
精巧極まりない模型(箱庭)を観るようでもあった。
それを特に際立たせる手法として、瞬時に舞台に切り替わったりするところには、何度もハッとさせられる。

映画(特に初期の映画に)につきものの列車が幾度となく挿入される。
感情の高まりの演出のイメージとしても現れる。
かなり大きく精巧な列車のジオラマでアンナの息子が遊んでいたが、その模型も随所で走っている。

肝心の愛憎劇としての部分であるが、、、生憎、わたしにはほとんどピンと来なかった。
アレクセイの感情を抑えた気品ある対応には、感心したが、アンナ他の恋愛感情の放出には感情移入は不可能であった。
ただ、客観的に眺めてはいたが、そうなのか、、、という感じで終わった。
一体何を苦しむ必要があったのか、、、?自己破滅型の人々なのか、、、貴族には時折そういうタイプは見受けられる。
何故ここまで転がってゆくのか、、、どういう顔で見ていたらよいのか、、、あれよあれよである。

普通に、美しいと感じる相手にはそう素直に思えば良いが、それを現実の恋愛対象に出来るかどうかは、最初からはっきりしている。
アンナは聖人と呼ばれる国家的に尊敬される夫と最愛の息子までいる。
その関係を破壊して周囲を滅茶苦茶にしてまで、果たして一目惚れのヴロンスキーに一途になるものだろうか、、、。
(愛情ではなくそれは単なる欲望であって、それをコントロールするのが知性の役目ではないか?)
おかげで、エカテリーナは将来の悲劇からは救われた形となったが。
(この話ではエカテリーナがもっとも良い道に進んだ気がする)。
1948年版もこんな感じであっただろうか、、、少なくともここまで白々しさはなかったはずだ。

Anna Karenina007



自分自身と周囲に追い詰められ列車に身を投げるアンナ。
これはかなり始めの頃から、象徴的に繰り返し暗示されてきた結末ではあった。
社交界(貴族の世界)の美徳と退廃のシステムからほんの一時逃れ、、、
緑の草原で読書しながら子供達の遊び回るのを、重荷から解かれたアレクセイが穏やかな視線で眺めていたのが印象的である。

わたしも、こんなシーンが理想だ。



関連記事

COMMENT

キーラのアンナ・カレーニナ
新感覚でした…

トルストイのアンナ・カレーニナほど
映画が原作にダメージを与える作品はないのかと笑

ですが、映画は別物ですから本作含め
文藝作品は総じて好きです。

昨夜のエストリルのクリスマスローズは
GOMA さまの記事に刺激を戴き
綴らせて戴きました。

まさにその通りですね

> 昨夜のエストリルのクリスマスローズは
> GOMA さまの記事に刺激を戴き
> 綴らせて戴きました。

確かに、「映画」と「小説」は表現形式が異なりますから、原理的に別物となりますね。
比べようがない。
しかし、音楽と絵を比べるよりは形式的な親和性がありそうにも思います。
小説(原作)ではこう書いていたけどそれが映像ではこう表現したか、、、というのは、視覚的限定に当たるでしょうね。
「光」と書かれた場合、あらゆる光の可能性が輝きますが、映画で撮ってしまえば、「その光」です。
監督という責任者による想像力の可能性の限定かと。


ブログを拝見させて頂きますと、作品(映画)の内的構造を想像力をもって取り出す重要性を説かれておられます。
分析ではないところが、詩的・芸術的な質をあくまで救う意図を感じます。
一度、ひとりの想像力で構成された世界を想像力をもって構造化し(深化し)また別の(垂直的)鑑賞を生むには、メアファーの方法などもひとつ有効なものかとも思います。確かに受け手としてかなり独自再生が果たせ、その登場人物の輪郭が濃くなることなどありますね。構造が見えてたいへんスッキリする場合もあります。
あくまでも、分析ではなく。
そんな感じに思います。
刺激されます。また何かございましたら、よろしくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック