PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

迷子の警察音楽隊

The Bands Visit

The Band's Visit
2007年
イスラエル(イスラエル・フランス・アメリカ製作)

エラン・コリリン監督・脚本
ハビブ・シェハーデ・ハンナ音楽


サッソン・ガーベイ、、、トゥフィーク(隊長)
ロニ・エルカベッツ、、、ディナ(レストラン女店主)
サーレフ・バクリ、、、カーレド(隊員のひとり、バイオリン担当)
カリファ・ナトゥール、、、シモン

何と言っても音楽が良い。
通常わたしは、サントラに興味を抱くことはないのだが、ここの民族音楽には惹かれ聴いてみたくなった。
エジプトの古典音楽を聴きたくなった。
これが一番大きい。


エジプトのアレクサンドリア警察音楽隊の8人の隊員がイスラエルに招かれ空港に到着するが、何故か迎えが来ない。
一行はペタハ・ティクバにあるアラブ文化センターに行かねばならない。
そこで演奏をするのだ。

隊員のひとりが、大使館に助けてもらおうというが、隊長はこれまで通り、自力で行くと主張し、バスを探す。
カレードにそれを調べさせるが、ベイト・ティクバに間違えて着いてしまう。
迷子になり一行は途方に暮れる。
怒った隊長トゥフィークは、帰ったらカレードを首にすると伝える(笑。
最初からこれは、言語でズレ、引っかかるタイプの映画かな、、、とは思う。
(確かにそうだが、英語で結局思ったよりスムーズな流れで進行してゆく)。

着いた先は、もう引き返すバスもなく、ホテルもない寂れた街であった。
次の日の夕方が演奏の日なのだが、朝まではどうにも動こうにも動けない。
朝食も食べていない彼らは、結局レストランの女主に食事と一晩の宿舎のお世話になる。
不幸中の幸いというか、とても世話好きの太っ腹(外見は大変スマートな美人)の店主が、堅物で強情な(誇り高い)隊長を懐柔して3つのグループに分けて(自分の店と隣の奥さんの家とに)泊まらせるのだ。いい人だ。

イスラエルとアラブ諸国は緊張関係にあると認識しているので、エジプト(アラブのオピニオン・リーダーの立場の国)からイスラエルへというのは、ちょっと政治的な軋轢とかが入る映画だろうか、、、と少し身構えたが、始まってすぐその手の映画では無いことを悟る。(その手の映画であったら、直ぐに止めて別のを観る。うんざりなのだ)。
ここではどこにでもある市井の人のレベルでの触れ合いであり、政治などが入り込む隙間はない。
例え日本と韓国であっても基本的に変わるまい。いや、同じ日本人同士の初対面の関わりだってほぼこんなものだ。
一般人(生活者)レベルでの交流空間は、もうどこであっても似たようなものになっているはず。
気が合えば合うし、合わなければ、例え隣人同士だろうと全く合わないものだ。
ただし、宗教・文化・習慣上の齟齬は不可避的に表れる。これは仕方ない。
ムスリムであれば、一晩無理を言って泊めてもらった(隣の)家の奥さんの誕生日であろうと、ワインを勧められるまま飲む訳にもいくまい。「誕生日おめでとうございます。幸多かれとお祈りします。」が精々のところ、、、。隊員がワイングラスをウジウジ弄っているとそれは洗ってあるわよ!と奥さんに怒鳴られる。
これは仕方ない。とは言え隣の国でしょっちゅう戦争している間柄でその辺のこと知らないのかな、、、(戦争はまず徹底した情報収集が前提としてある。少しは一般にも隣国の情報は入っているだろうが)。後でオレンジジュースが代わりに置かれてあったのできっと誰かが気づいたのだろう。
音楽に関しても、国境は無いとは言え協奏曲を作りかけている隊員の演奏する曲には冷たい反応しか残らない。
しかし店の従業員との間では協奏曲に対する話は微妙に深まる。
そしてその家族と一緒に隊員たちも歌うなかで、取り合えずシコリは失せてゆく。

更に恋愛に関しても、国境は無い(笑。
カーレドとパピと若い女性の間のローラースケートのバー?でのやり取りは、まさにそういうものだろう。
プレイボーイのカーレド(エジプト人)の指示通りにパピ(奥手のイスラエル人)が連れの女性に接する。
結果、うまくゆく、、、笑える場面である。
この映画、随所にニンマリできるシーンが散りばめられていて単純に面白い。

しかし、隊長に明らかに自分に思いを寄せる綺麗な女主人に対し、(真面目な)彼は受け止めることを留まる。
自分の身の上話などは打ち解けて話し、共感と親和性は充分に持つに至ってはいるが。
その為か、夜はカーレドに身を任せてしまう。それを物音で目覚めた隊長が目撃するシーンが唯一、重酸っぱく切ない。


この物語は、そんな一晩の話である。

最後その女性と手を小さく振って別れる。それがこの隊長のぎりぎりの自己解放か、、、。
隊員全員が世話になった女性や従業員にとても良い顔で手を振っている、、、「この顔」の見える関係がホントの平和への一歩を築くのだと思えてくる。カーレドに対する隊長の眼差しもとても暖かいものに変化していて、この隊自体にも変化が生じていることが受け取れた。

非常によい映画であった。
「レニングラード・カウボーイ」よりよかった。
「パリ・テキサス」に近い味わいであった。

あの堅物隊長がヴォーカルで、生の謳歌みたいなのを思い入れたっぷりに感情込めて歌っている、、、その表情が全てを語っていた。最後の無事開催できた演奏会で閉じるところは、まさに正しいエンディングであろう。
この民族音楽は聴いてみなければ、、、。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック