カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カメの神秘 Ⅱ

kame005.jpg
昨日の記事で、日向ぼっこのことを書いた。

3日ほど前までの時折、眺めるなかでの印象だったが、昨日いつもより長く見ていると、、、
(というのも洗濯物がいつもより多く出て、乾かすローテーションが生じてしまったのだ、、、そのついでに)。
長女ガメもしっかり次女ガメの後で甲羅干しをしていた。
若干、次女ガメに比べてその時間が短い感じはしたが、気持ちよさそうにしていたので安心した。
(日中ずっと観察しているわけではないので、長女ガメの日光浴のシーンを見過ごしていたのだ)。

それにしても、、、
次女ガメの亀島の上でのリラックス振りには、呆れるほどである。
大アクビをしてしばらく頭を手で掻いていたかと思うと、後ろ足を片方ピンと伸ばして、次いで手を片方ピンと伸ばす、今度は反対側の足とそして手を同じように伸ばす。それをやった後、またアクビをしてゆっくり目を閉じてお日様に当たっている。

羨ましい、、、。なんと贅沢な、、、。とホンキでそう思う。

この世に、これ程呑気な生き物はいないのではないか、と思うほどのリラックス振りである。

長女ガメの方もゆっくり甲羅干しはするが、頭を掻くくらいで、手足も取り敢えず伸ばしはするがアクビはしない。
全てにおいて次女ガメより控えめである。


今回、ふたりで日光の当たりの良い方の亀島に並んで乗っている時によくよく見てみたのだが、ふたりの大きさが全く見分けが付かないくらい同じなのには、改めてびっくりした。
かなり大きさに差が出ていたのに、これ程同じ体格に調整してくるとは思わなかった。
(昨日の感想と全く同じ内容なのだが(爆)。

顔もしげしげ観たが、長女の撮った写真(次女ガメ)そのもの。
どちらも、われ関せずという表情だが、どうだろうか?
思い切りリラックスしながら何かやっている感もタップリな利口そうな顔つきである、、、。



窓越しに外を眺めると、日差しはあっても寒そうである。
多肉植物の心配を本格的にしなければならない状況になった。
外気が氷点下になるとマズイ。
それまでに、対策を講じたい。
兎も角、この春~夏に小分けした株が(秋の間に)それぞれ増えすぎ、大きくなりすぎた。
鉢が増えたため、棚に収まりきらないで、あちこちに置いてある状況なのだ(笑。

笑ってる場合ではない。
今日中に何とかしよう。
カメの水を取り替える時にでも、、、。





関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック