カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コッポラの胡蝶の夢

Youth Without Youth

Youth Without Youth
2007年
アメリカ

フランシス・フォード・コッポラ監督・脚本
ミルチャ・エリアーデ『若さなき若さ』原作

”Youth Without Youth”なら原作の題がそのままだが、、、。
映画の題はこうきた。やはりコッポラが久々に作ったぞ、ということを強調したかったのだ。
しかし見終わってみると言い得ている邦題で、とても良いと思う。

ミルチャ・エリアーデは小説も書いていたのか。主に民俗学・宗教学の研究者としてしか知らなかった。

ティム・ロス、、、ドミニク・マテイ(言語学者)
アレクサンドラ・マリア・ララ、、、ラウラ、ヴェロニカ、ルピニ(マテイの運命的に別れるしかない恋人)
ブルーノ・ガンツ、、、スタンチェレスク教授(マテイの協力者)


もはや全ての夢と生の希望を失った老体が復活祭の夜に雷に打たれる。
普通なら即死するところであった。
しかし奇跡的に~夢の如くに彼は大火傷から生還するばかりでなく若返り知力も増していた。
(これを保留付きでわたしは受け入れ物語に吸い込まれてゆく)。

しかも彼には自分の影のような存在~もうひとつの(対象化された)自己が強烈な力を帯びて付き纏う。
(勿論、誰にもある対自的自己ではあるが、些か対象化・実体化が過剰である)。
彼(彼ら)は、夢のうちに数々の言語(中国語など)を習得し、何ヶ国語を流暢に話せるようになっていた。
しかも研究記録に自分で発明した言語を用いている。
読む必要のある書物は読む前に内容が全て解ってしまう(こういう宗教家が確かにいた。それにしても羨ましい)。
その突出した能力がナチス(ヒトラー)に嗅ぎ出され、拉致されそうになるが巧妙に逃げ切る。
彼は言語学だけでなく、パスポートの偽造やギャンブルで目立たずに勝ち続ける能力も発揮して逃げ延びる。

彼は、言語の起源つまりは意識と時間の起源の研究のため愛しながらも分かれた恋人ラウラがいた。
彼女は彼に理解はもっていたが、「あなたはわたしとは別の時間を生きている」と言い残し去ってゆく。
その忘れえぬ想いと年老い生涯最後の一書(決定打)の残せない自らを深く悔いていた。

しかし、若返った彼は偶然ラウラ生き写しの車で旅行中の女性ヴェロニカに出逢う。
だが、その彼女も奇遇にも落雷事故に遭ってしまう。
彼は直感で事故現場に駆けつけ彼女を救い出すが、そのとき彼女は現世の彼女ではなかった。
彼女は異なる時間を生きている他者であったのだ。

サンスクリット語を操る彼女に密着し1400年前の北インドでまさに彼女の修行していた洞窟を探し出す。
彼女はその後、現世の意識を取り戻し、彼と恋に落ちる。
英語とフランス語とドイツ語を話す教師の彼女が、インドについて何の知識も経験もないのに、忽然とサンスクリット語を喋りだしその当時の環境や生活についても場所と物証が確認されたことから、インド哲学おける輪廻転生の実例として広く世間にも紹介されてしまう。
だが、ふたりの仲は深まってゆく。

そして、ともに時間を縦横に行き来する。
つまり想念がアクティブに錯綜する。
お互いに個を超えて。
「時間をどう扱うべきなのか、という問いはこの人間の存在する空間が如何に曖昧かを示すものである」と影の相棒の言葉である。

深く信頼し合い、彼としては、ラウラとは果たせなかった思いをようやく果たせると思ったのであるが、、、。
ヴェロニカ(ラウラの生まれ変わりか)は、運命的に彼の霊媒的存在として時間=言語を極限にまで遡行することとなる。

更に或る夜、エジプト語を喋りだし、ついにはバビロニア語を、そしてシュメール語まで口にする、、、。
後ひと息で誰も知らない最初の言葉~最初の意識~時間の始めに辿り着くところまでやって来た。

彼の野心は、声がはじめて意味をもった瞬間にまで遡り、その場を掴むことだ。
しかし、不覚にも大変な代償を払っていたことを知る。
ヴェロニカがみるみる年老いてゆき、もう秋まで生き延びられないかも知れなかったのだ。
かつての恋人ラウラとは研究に専念するために別れたが、今度は研究より彼女の身を案じて身を切るように別れる。

めくるめく、、、闇、月、漣、夜気、雪、雷、、、。
そして夢。

マテイは、失意のうちにかつて毎日のように通っていた「カフェ・セレクト」にまい戻る。
周りには、いるはずもない旧友たちが何と勢ぞろいして、彼を出迎えるではないか、、、。
「ようやく元気になってここに来れるようになったのか、、、」と。
これは夢に違いない、と彼は独り訝る。

夢を見ているとき、、、
自分は胡蝶として飛んでいたが、果たして蝶となって飛んでいた夢を見ていたのか、蝶が見た夢のなかにいたのか、、、と
眩暈に襲われる。
旧友に抱かれるうちに、いつしか彼は歳相応の姿に戻っている。

よろよろと独り喀血しながら店を出て、翌朝冷たく明け染めた街に凍死している彼が見出される。



極めて耽美的な絵であった。
ティム・ロス、アレクサンドラ・マリア・ララふたりの演技は圧倒的なものであった。
映画は、もう謂うことのない、希に見る傑作であった。



関連記事

COMMENT

教えてください・・・。

いつも乍ら
GOMAさまならではの
独特に濃密な記事を堪能させて頂いております。

ですので
こちら

>今度は研究より彼女の身を案じて身を切るように別れる。

GOMAさまがこのように感じられた
作品内の場面を具体的に教えて戴けますでしょうか。





ありがとうございます。

ご覧頂き、ありがとうございます。

> >今度は研究より彼女の身を案じて身を切るように別れる。

> GOMAさまがこのように感じられた
> 作品内の場面を具体的に教えて戴けますでしょうか。

最初の別れは、ラウラから一方的に、わたしたちは合わないわね(あなたの研究の価値は認識しているけど)という感じであったと思います。
その後、忘れがたい存在であるラウラに瓜二つのヴェロニカに出逢いますが、何度も自分の研究のために意識時間の遡行を繰り返す彼女の肉体が急激に老いて衰えてゆきます。その彼女の身体の変化に無頓着であった自分を責めます。後一回の意識遡行で、人類の最初の「時間」~「ことば」に行き着くところであったとは言え、彼女の生命との引換となることを意味します。
恐らく、彼はかつて一度彼女を失っているうえ、またもや自分の研究によって失うのは、耐え難かったのだと思います。

その場面は、彼女がもう一度あなたのために、遡行すると言うのを強引に引き止めて、彼女が一緒にいて欲しいというのを振り切って、分かれてゆくところです。共に暮らしていたら、彼女は必ず意識時間を更に遡行して絶命してしまうことが見えていたからだと思われます。彼はその研究に一生を賭けていましたから、その断念と彼女とも別れることが、同時に凄まじい絶望へと繋がったと見て取れます。影の相棒~超自我の声も完全に抹殺します。
恐らくこれで彼の偶然蘇った身体の力が一気に失われ元の時間流に戻ってしまったのかも、、、夢から覚めるように。そんな気がします。

ミルチャ・エリアーデの生の経験のようにも取れる部分でした(実際知りませんが)。


すみません、私自身も、もう随分前に見た映画に思えて(笑。
これで、答えとなっているものかどうか怪しいですが、、、。

何かピントがズレていましたら、また教えてください。
宜しくお願いします。

恐るべき洞察!

ー君の死を見守るより
若くて美しかった君
再び美しくなる君を失う方がいいー

このセリフをすっかり忘れていました。
決して聞き逃してはいけない部分です。

わたしは愛情の機微に疎い!
恐らくそれとして引っかからなかったのです。
この部分を何となく聞き流していたのでしょう。
しまった!
と感じるとともに、SAKI様のおかげで、この作品の3本目のバラの意味もなるほどと思いました。

ーすれ違う想い
ー3本目の薔薇
ーあの場所でしか
互いに埋まらないのかもしれません


しかし、自分があの部分を倫理的に解釈(鑑賞)して済ませていたなんて悔しいですね、、、。
いつも倫理を批判しているのに。

でも自分に置き換えたとき、わたしも彼と同様の言動をとっただろうな、とやはり思います。
これは、そのズレを分かった今でも、どうにもできない。
あのバラは宿命的にも受け入れるしかない、感じでもいます。


いやもう少し考えてからこれを書くべきでしたでしょうか、、、。

ありがとうございます☆

御礼が遅れて済みません。

丁寧に教えて下さり
ほんとうにありがとうございました。

GOMA さまの真摯なお人柄に触れ
ほっこり暖かな気持ちになりました。

全然疎くなんかないです。

>わたしも彼と同様の言動をとっただろうな、とやはり思います。

解ります。
私も逆の立場ならやはりそうしますゆえ。

ただ、やはり(やさしい本泥棒ではありませんが語りかける)言葉は大切ですね…。

だから
コッポラは
もう一弾ゆきます。
(この作品は反響が多くて…ネガティヴなメッセージ戴くとちょっとつらい笑)


EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Movie
PC