プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Lux Virenz ~ジョセリン・モンゴメリー

Jocelyn Montgomery

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン、、、作曲

ジョセリン・モンゴメリー、、、ボーカル

1998年 ポリグラム
デヴィッド・リンチ、、、プロデュース「アシンメトリカル・スタジオ」リリース。

12世紀
所謂、宗教歌曲集である。
グレゴリオ聖歌の調和と秩序の美とは、また趣が異なる。もっとフリーキーな(非定型又は諸形式の混淆した)楽曲である。
神聖さのなかに時にカオスを感じ不安に襲われる。

ヒルデガルトは、中世ドイツのベネディクト会系女子修道院長であると同時に、ヴィジョンを(定期的に)見る女性自然学者(医学にも通じた薬草学者)でもあったという。この曲集の曲も彼女の作曲であり、幻視家で作曲家であった面は、今世紀に入り特に注目されている。
彼女の映画もある。”VISION Aus dem Leben der Hildegard von Bingen”というドイツ映画。
「ハンナ・アーレント」のマルガレーテ・フォン・トロッタ監督によるものだ。
未見である。ずっとこのまま未見かも知れない(笑。

大分以前、チェックしておいてそのまま過ごしてしまったアルバムである。

現在、廃盤のためアメリカ直輸入で手に入れた。
マルホランド・ドライブ”の監督が製作したアルバムということがよく分かる世界だ。

サウンドは、現代のアレンジが慎重に施されている(彼らの言葉によると、最新のパースペクティブによって蘇らせている)が、恐らく原曲を壊さない編曲になっていると思われる。
デヴィッド・リンチ流のプロデュースと言うより、曲集から察するに彼本来の感性にこの音楽がピッタリであったというのが正解に思える。それを今聴けるように忠実に再現した感がある。
シンセサイザーが生々しく耳に障ることはない。

ジョセリン・モンゴメリーは、あの懐かしい”ミランダ・セックス・ガーデン”のトリオのひとりである。
パースル音楽学校で出逢った3人組で結成。それについて少々、、、。
MIRANDA SEX GARDEN
このMADRAは、マドリガル(ルネサンス・マドリガーレ)の16世紀手法による全てアカペラの歌曲集であり、耽美的でゴシックな要素漂う名作だ。カオスも感じられる。カンタータ以前の歌唱というものを蘇らせている価値は大きい。
セカンド(フルアルバムとして)の”サスピリア”ではインストゥルメンタルの要素が加わり、一般的に効き易いエモーショナルでハードなサウンドに変わり、明らかに方向は転換する。サードの”フェアリーテールズ・オブ・スレイヴァリー”になると、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのギタリスト、アレックス・ハッケがプロデュースし、歌声はさらに強度を増し、魔的で呪術的でノイジーなサイケデリックサウンドと化している、、、。
もう、ロックとして聴けるではないか。
わたしはここまでしか彼女らを追っていないためこの後の消息は知らない。

彼女らは”マガジン”(ハワード・ディヴォートをリーダーとするポストパンク~ニューウェイヴロックグループ)のベーシストであり、映画音楽家のバリー・アダムソンに見出され、彼の映画音楽「Delusion」のサウンドトラックに参加し、サイモン・フィッシャー・ターナー、デレク・ジャーマンの映画音楽にもその後、参加していく。
ミランダ・セックス・ガーデンは中心となるのは、ソプラノのキャサリン・ブレイクであり、彼女以外のメンバーの入れ替わりが続いた。(セカンドからすぐに3人構成ではなくなる)。

さてここで主役のジョセリン・モンゴメリーは、グループを早々に脱退している。
彼女は6歳からバイオリンを弾いており(祖父がバイオリン職人)、音楽キャリアはバイオリニストから始まったようだ。
Jocelyn Montgomery002

デヴィッド・リンチの「アシンメトリカル・スタジオ」でジョセリン・モンゴメリーの歌声にあえて調和を崩した球体状に纏わるサウンドが生成された。
ジョセリン・モンゴメリーのこの歌声~歌唱も、美しいとか清らかとか神聖な響きとかでは到底収まらない、不安な異和が漂う。
声の質はあくまで、伸びやかで透明で美しい、とはいえ。
サウンドそのものに、えも言われぬ暗黒の霧が充満し、歌声もそれに相応している。
何というか、美に一滴の狂気の毒が混ざっている。
それはときに、静謐の中に極めて鋭い線を走らせる。漆黒の闇に音もなく切れ目を入れる雷光に似て。
彼女の時折弾くバイオリンの音もサウンドに溶け込んで一体化して響く。
効果音もやはり、映画監督がプロデューサーであることからか視覚的な感覚を広げるかと思いきや、全くそんなことはない。
鳥のさえずりが長閑な草原を思わせるような要素にはならない。
視覚や音響を逆に吸い取る静謐なダークエネルギーに満ちた恐るべき歌集である。

Jocelyn Montgomery003

わたしは、ミランダ・セックス・ガーデンのアルバムより、こちらに身を委ねたい。
特に眠りにつくときなど、、、


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp