カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カメの病院

kame.jpg

カメの大きい方が、ここ3週間ほど極めて食が細くなっている。
以前のような活発な動きも見られない。
ふたりともよく泳ぎ、亀島へロッククライミングもしてよく遊んでいたのだが、、、。
(亀島の急斜面は登るのが楽しいらしく、上に到着するとすぐに水に飛び込みまた登り始める)。

甲羅の色艶も、小さい方に比べ鈍い。特にクリーム色の線の部分。
亀島の中に入ったきりの時間が長い。
大きな亀島の中に入れているヒーターにくっついて過ごすことが増えた。
水温は一定に管理しており、水も必ず毎日取り替えている。
ただ、以前使っていた紫外線照射ランプを立て続けに二つ割ってしまったため安全上の理由からも使用は辞めている。
そのかわり、うちで一番陽の射す窓辺に水槽を置いているので日光は晴れた日ならまず問題ない。
亀島も大きめのものを二つ置いており、無理して重ならなくとも各自で甲羅干しも出来る。
(そうしている時もあれば、2人で仲良く並んで干していたり、重なっていたり、その時々である、、、)。
片方の元気な方はあちこち動き回り甲羅干しもよくやっている。
大きい方は余り日光浴もすすんでやらずに島の中に篭ることが多くなった。
よく見ると、両者の大きさの差も縮まっている。

食べないのも含め、これはまずいと思い、別館で「カメ病院」を作ることにした。
水槽は以前使っていたもの。
これに、大きい方のカメを移す。
エサはこれまで使っていたものの最上位バージョンの「、、、スーパー~」というもの。
特にビタミンAとD3を強化したうえ、天然えびも高配合されているものだ。
それに別途、栄養剤。直接飲ませるわけにも行かないため、泳いでる水にそのまま混ぜることにした。
水に溶かして使う水溶性タイプである。
われわれが飲む栄養ドリンクと同じ匂いだ。色も。
更にこの水槽用の特別ヒーター。水温管理は特に気をつけたい。
水は勿論、清潔に保って、これで1週間ほど様子を見ようと思う。


うちのカメはふたりともそれぞれ娘の名前をつけている。
いま調子が心配なのは、長女カメである。

たまたま飼ったカメが、ゼニガメであったが、ラッキーだった。
その後、ホームセンターの動物売り場などに行くたびに、他の種類のカメで匂いのキツいものがかなり多いことに気づいた。
うちのカメは全く臭わないし、餌を適量与えていれば水も一日中それほど汚れない。
世話でこれまでほとんど負担に感じるところはなかった。

甲羅の造形は見飽きないし、仕草や様々な動きがじつに愛らしい。
かなりやんちゃで90°のロッククライミングも敢行するし、すばしっこい。
水槽の掃除で、少し外に置く場合など、どんどん走って行ってしまうため目が離せなかったのだが、、、。
いまは、大きい方はそうでもない。
やはり、食べないのが一番、気になる。

今日から、「カメ病院」で暫く調整しながら様子をみていきたい。


kame03.jpg小さい方の次女カメ
ふたつとも長女撮影。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: