PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ベン・ハー

Ben-Hur.jpg

Ben-Hur
1959年
アメリカ

ルー・ウォーレス『ベン・ハー』原作

ウィリアム・ワイラー監督

チャールトン・ヘストン、、、ベン・ハー(イスラエル王族、アリウスの養子)
スティーヴン・ボイド、、、メッサラ(元親友、ローマ帝国司令官)
ジャック・ホーキンス、、、クインタス・アリウス(ローマ帝国総司令官)
ハイヤ・ハラリート、、、エスター(家臣の娘)
サム・ジャッフェ、、、サイモニデス(家臣)
ヒュー・グリフィス、、、イルデリム(族長)
マーサ・スコット、、、ミリアム(母)
キャシー・オドネル、、、ティルザ(妹)

紀元26年のエルサレムの地から始まる。
「キリストの物語」という副題である。

これがもし、ベン・ハーがメッサラに数々の苦難を経た末、家族の仇を討つというものだけのドラマであれば、やはりスケールはそれなりのものとなっていたはずである。
単なる壮大なスペクタクルに終わらないものになっている。

ベン・ハーの屋敷の瓦が崩落してエルサレムにやって来た新総督が重傷を負ったことから、一家は総督暗殺未遂の嫌疑をかけられ、母 と妹は投獄されて家族は離散、ベン・ハーは奴隷に身を窶し、漕手刑(ガレー船の漕ぎ手)となる。
これはメッサラのユダヤを裏切りローマの配下に降れという誘いを断ったための制裁であった。

奴隷として繋がれ、干からびながらナザレに通りかかった時、彼はキリストに水をもらい、生気を取り戻す。
ここで、水を奴隷にやった事に怒るローマ兵が、イエスに対し威圧されたじろぐ姿は印象的であった。
やはり誰の目にも、分かるひとなのだ。

ガレー船の漕ぎ手として3年を送るが、海戦において沈没した戦艦から総司令官であるアリウスを救出するという殊勲により、漕手刑を赦免され、認められてアリウスの養子にまでなる。
このガレー船内部のダイナミックで悲惨な漕手の様子も実に生々しいものであった。
見事なセットと言うべきである。
その後、彼はローマの市民権を得て二輪戦車競走の騎手として連勝を重ね一躍注目される。

ローマの市民権を得ても、母と妹のことが気に掛かりローマに安住できず、養父の下を去りエルサレムに戻る。
アリウスの息子として、メッサラに直談判したため、5年間地下牢に放置された母親と妹の現状が調べられる。
彼女らは辛うじて生きてはいたが、ライ病に犯されていた。
屋敷はエスターと彼女の父が守っていた。
しかし、彼女はベン・ハーに母親と妹は死んだと伝える。(母たちから懇願されたのだ)。
エスターは秘密裏に彼女たちの食料などの世話を続けていた。
ベン・ハーのメッサラへの復讐心は頂点に達する。
族長イルデリムと知り合い、彼の寵愛する白い馬を借り、二輪戦車競走でメッサラとの因縁の戦いに決着をつける。

このセットを見て、製作費54億円というのも頷ける。
この規模のセットとエキストラは、今では到底有り得ないことだろう。
ほとんどの部分はCGで制作で済ませてしまうはずである。
この二輪戦車競走の場面は現在のVFXを駆使した映画と比べても勝るとも劣らない出来具合である。
(いや寧ろ、生の迫力がある)。

破れたメッサラの今際のことばで、母と妹がライ病に侵されながらも生きている事実を知らされる。
彼女らは一般民衆から隔離された「死の谷」で身を潜めて生きているのだった。
エスターの後をつけて行き、その有様を知り悶え苦しむベン・ハー。
彼は家族や同胞に酷い仕打ちをしたローマを憎み許せず、ローマの市民権も放棄してしまう。
エスターはベン・ハーに救世主と崇められるイエスの話を聞くように説得するが、聞く耳を持たない。
しかし、藁をも掴む気持ちで母と瀕死の状態の妹を連れてゴルゴダへ向かうと、すでにイエスは磔の刑に処せられるために十字架を背負わされ階段を登ってゆくのだった。
ベン・ハーはかつてナザレで死にそうになった自分に水を与えてくれたのが彼であったことを思い出す。

十字架に磔られたイエスの死後、俄かに天に雷鳴が轟き大雨が降り注ぎ、彼の血が大地を流れてゆく、、、。

ベン・ハーは、エスターや母たちの待つ屋敷に戻り、イエスの最期のことばを伝える。
「父よ彼らを許したまえ、彼らは何も知らないのだ」と。
「わたしは全ての憎しみを忘れた」とエスターに伝える。
すると、彼の前には、すっかり病から癒えた母と妹の姿があった。


アメリカらしい宗教劇であった。
まずヨーロッパからこのような映画は出てこない。
何でも15,000,000ドルの制作費に対し興行収入が74,000,000ドルだそうだ。
これ一本で、倒産間際にいたMGMがしっかり立て直しが図れたという。
アカデミー賞11部門受賞の最高受賞記録は未だに破られていない。

後にキリスト教はローマ帝国の国教となり、世界に広がり権威として猛威を振るうことになる。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック