カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

大脱走

THE GREAT ESCAPE

THE GREAT ESCAPE
1963年
アメリカ

エルマー・バーンスタイン音楽
ジョン・スタージェス監督・製作

スティーブ マックィーン、、、バージル・ヒルツ(アメリカ陸軍航空隊大尉、独房王、化学工学専攻、バイクが得意)
ジェームズ コバーン、、、セジウィック(オーストラリア軍中尉、製造係)
チャールズ ブロンソン、、、ダニー(ポーランド軍大尉、トンネル掘削係)
ジェームズ ガーナー、、、ヘンドリー(英空軍義勇飛行隊大尉でアメリカ人、物資調達係)
リチャード アッテンボロー、、、バートレット(英国空軍少佐、脱走計画首謀者)
ドナルド・プレザンス、、、コリン(英国空軍大尉、書類偽造係)
ゴードン・ジャクソン、、、マック(英国空軍大尉、情報係、語学堪能)
デヴィッド・マッカラム、、、アシュレー=ピット(英国海軍航空隊少佐)
ハンネス・メッセマー、、、フォン・ルーゲル(ドイツ空軍大佐、捕虜収容所所長、反ゲシュタポ)

国もばらばら所謂、連合国の兵士たちであり、特にここは脱走を懲りずに試みる厄介者ばかりを集めた収容所。

あまり俳優を知らないわたしでもかなり、、、知っている、、、このキャストは有名人ばかりではないか。
凄くキャストに金を叩いた感がある。

この運動会の行進曲みたいに馴染んでいるこの曲、この映画のテーマ曲なんだ、、、。
”The Great Escape March”『大脱走マーチ』成る程、、、まさに。
明るく健康的で楽しすぎる。
それと、、、みんな若い!
実は、これが一番印象に残ったこと。
ともかく、若い、、、チャールズ ブロンソンの若さには思わず笑ってしまった。

その頃の映画なのだ。随分古い。
しかし、面白い。
戦争映画のなかでも、最もエンターテイメントに徹したものではないか。
みんな恐らく、野球やアメフトやサッカーの試合の試合を見るのと同じ感覚で楽しんだはず。
戦闘シーンは全くない。
逃げるメンドくさい奴を追いかけて捕まえて連れ戻すだけ。
(ゲシュタポに銃殺された人はかなりいるが、、、)

ドイツ兵もゲシュタポ以外は実に人間的だ。(特に捕虜収容所長は板挟みで気の毒)。
ドイツ兵側に同情したくなる程、捕虜がやんちゃで、でかい顔して17回脱走しても、ちゃんと連れ戻され命が保証されている。
それに甘えゲーム(鬼ごっこ)感覚で?脱走を繰り返す。ドイツ軍の後方攪乱の使命に燃えて、、、。
特に250人からの集団脱走計画とは、とんでもなく骨の折れるゲームのはじまりである。
偽装を凝らした穴掘り、その土の処分、兵隊の見回りには即時現状復帰、チーム連携のサインの送り合い、覚られないように畑仕事に精を出す。
収容所兵士との駆け引きで、確かに昼間の敷地内には緊張が走っている。
だが、夜などの監視は緩やかで、密談で集まっていてもほとんど気づかれない体制であった。
手間の掛かる神経をつかう仕事だが、スリルでワクワクと捉えている節もある。
共犯関係かと想えるような感じも受けた。

だがこれはホントにあった噺の再現である、というナレーションに始まる物語だ。
ホントとはとても思えないトンネル掘りなのだが、、、。
果たして監視の目を欺きつつ、あんな長いトンネルを素手に道具くらいの体制で掘り進めるものなのか?
もっと、信じられないのは、脱走者分のスーツ、ネクタイ、コート、カバン、帽子をよく調達出来たという事。
仕立て作業をどんな場所で、いつやったのか、余りに物品が整い過ぎていることに信憑性を疑うところだ。
捕虜収容所とは、こんなにも欲しいモノが容易く手に入るところなのか。
しかも思いっきり態度もでかい。
これくらい自由なら、戦争が終わるまで待って、国に帰ってもよかろうに、と思った。

まあ、人間一所に押し込められていては、どんな所だろうと鬱積するのは仕方ない。
しかし、それは普通に暮らしていても、真に解放的な生活など送れるものでもなかろう。
ここを見た範囲では、戦場にいるより安全で食うに困ることもない。
軍人としてのプライドの問題はあるのかも知れないが、、、。それとももっと高尚な理念による意志からか。

確かに脱走後、駅で怪しまれたバートレットとマックを逃がすためにアシュレー=ピットが身を挺して彼らの犠牲となる。
こんなところは、連合国側の正義と軍人としての使命に対し微塵も疑いのないことが窺える。
つまり、彼らは真面目なのだ。軍を信じ国を信じている。
また友情にも篤い。(ずっと収容所で一緒なら親友も出来るだろう)。
失明が近づくコリンを守りながら脱走するヘンドリーなどその一例である。
(ベトナム戦争のような戦争そのもの国そのものへの疑問や不信は見られない)。

見ていて思うのがやはり壮大なスポーツの祭典である。
ただし銃が控えているので、とびきり危ないスポーツではあるが、、、。
そしてここではゲシュタポという悪玉審判がルールを侵犯するが。
さしずめプロレスのヒール役か。

バージル・ヒルツのドイツ兵士とのかなり長いバイクチェイスはスリリングで観ごたえ充分であった。
まさにカッコイイとしか言えないスティーブ マックィーンの勇姿である。


ヒロイックな役者が一杯出ている「実に楽しい戦争映画」であった!
尺が長いことに見終わってから気づいた。
そのくらい面白い(実話らしい)。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック