カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

保護者面談

mendan.jpg

先日、保護者面談があった。
次女には、悪口言わないでねと何度も前日に念を押されていたが、すっかり忘れて学校に向かった。
道の途中で次女に出逢う。
丁度、彼女らが下校する時間に家を出たのだから、どこかで出逢うことになるはず。
表情を変えずに目と目で、じゃあいってくるから、という確認を取り合ってすれ違った。
とても元気の良いクラスの女の子と一緒であるためか、よそよそしい。
次女がちょっぴり大人っぽく見えた。

最初に、長女の5組。
持ち時間は15分。
次は次女の4組。
時間は勿論、同じ。

学校側の配慮で(常にそういうものだが)、一回でこちらが間で待たずに連続した面談時間はとってくれる。
双子はそれでなくては、やってゆけない。
(であるから、授業参観はキツイ)。

何故、長女に出会わなかったのだろう、と思っていたら、何と彼女は教室で待っていた。
取り敢えず、どうすると聞いてみたが、はっきりしないが恐らく一緒に帰るつもりでいたのだろう。
では、還りは一緒に帰ろうということにして、彼女は校庭で遊んで待つことにした。
(わたしと一緒に帰ると、必ず途中で何か買ってもらえるのも、分かっているし、、、)。

彼女の遊び相手のボーイフレンドも何故か一緒に2人もいた。
とっても礼儀正しい少年だ。
3人で後でね、と言ってとても楽しそうに校庭に駆け出して行った。
毎朝、「今日は学校行きたくない。休む。」と言っているヒトには、とても見えない。

長女も次女も地味に、普通にやっているようだ。
特にいじめもなく、落ち着きが全体的にまだないことから、怪我やちょっとした事故は時折あるようだが、基本的に平和な時間が過ぎていることは感じ取れる。

どちらも、独りでポツンといることはなく、友達と何らかの関わりを持って過ごしていることと、どうやらわたしに似て、創作関係は時間を忘れてそれに没頭してしまうようだ。
わたしも、絵を描き出すと、何も耳に入らない方であった。
時間感覚は意識から飛んでしまっていたものだが娘も、特に長女であるが、図工の制作ではかなり没入してしまうという。
チャイムが鳴り、授業を終わる段になると決まって最後までやりたいと先生に訴えてくるという。
特に立体制作に燃えるらしい。
それで、度々終わらなかった工作を家に持ち帰って、続きをひたすら作っていたりする。


とても頼もしかったのは、担任の先生が、その気持ちをしっかり理解してくれているところだった。
単に、管理しか頭にない教員であると、時間を守りなさい、時間で全て終わらせ速やかに片付けなさい、の方向にしか向かない。
それからピアノの関係で音楽会実行委員に選ばれ、その仕事が始まっているという。
(ピアノ自体はまだまだであるが)。
あのひとたちがどの程度、自分たちで物事を決めてゆくのか見当もつかぬが、サポートのもと少しでも考える力がつき、自信に繋がって欲しいと願う。
どんな発表会になるのか、早くも心配になってきてしまうが、、、やはり楽しみでもある(笑。

図工と音楽だけかな、、、と思ったが、他の教科も普通にやっているようで、まずはそれで良しとした。
(ここのところ習い事を3つやめにしたばかり。バレエ・水泳・英語、、、ピアノだけ残した。今は伸び伸び生活させることにしたのだ)。
2人とも一番褒められたのは、給食をよく食べることだ(笑。
最近の給食は、わたしの頃から見ると桁違いに美味しい。(わたしの頃が不味すぎたのだ)。
給食当番もよくやっているという。
食にこだわることは、良いことだ。たくさん食べて元気に大きくなって欲しい。基本それだけだ。

算数のテストもほやほやのものをみせてもらったが、取り敢えず見た範囲は全て出来ていた。
10月からやっと教育課程上、掛け算・割り算が入ってくるという。
まだ、微分・積分までは、遠いな。教えてあげられる時期までは、わたしも頑張って生きていないといけないなと、、、感慨に何故か浸る。

先生の最後の話題で、長女の方だが、とても面白い作文を書くという。
物を作る際の制作過程を細かく説明する文章が、読み応えがあって楽しいという?
彼は国語科の教員である。(小全免許の他に)。
これは、わたしも気付かなかった。
返って来た作文をみて独特の妙な文体だなと、これまで感じていたのだが、最近そこに筋が入ってきたのだろうか。
彼女の文の方にも今後、注意してゆきたいと思った。

先生がよく、娘のことを見てくれていることを感じた。
小学校低学年は、やはり理屈よりも、共感が大切だと思う。
今年度の担任の先生には、是非来年も持ち上がってもらいたいと感じる、面談であった。


今日も、2人は喧嘩しながら、ダンボールでガチャポンの機械を作っている。
わたしの頃は、宿題が終わると、読書を毎日していたものだが、、、。
パソコンゲームは、やらせないようにしたいと思っている。(その存在を教えないつもりだ)。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Movie
PC