PICKUP
ザ・ミスト
トラウマ ~乖離 ~Mental Breakdown
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

エイリアン4

Alien 001Resurrection

Alien Resurrection
1997年
アメリカ

ジャン=ピエール・ジュネ監督
あのスタイリッシュな「アメリ」の監督である。

「復活」
”3”で死んだエレン・リプリーのクローン(No.8)としての復活か、、、(200年後である)。
200年後も人類は代わり映え無い。
彼女のキャラはちょっと変わり、エイリアンの遺伝子と融合している為、腕力が凄く気性も荒い。
血液も鉄をも溶かす、、、!これは伏線となりドラマチックな最後に繋がる。
2作目と対称的なキャラだ。非常にクールでなかなかのハードボイルド。


この作品、リドリースコットの輝かしい「エイリアン」の恍惚とした物質感や光の荘厳な厚みは無いが、全体としてゴシック調な陰惨な雰囲気が良い。
エイリアンシリーズ最後を飾る作品、、、(のはず)。
続編(2,3,4)が脚本・監督全て違うというのも面白い。

シガニー・ウィーバー、、、エレン・リプリー(リプリーのクローン8号)
ウィノナ・ライダー、、、アナリー・コール(新米クルー・第二世代ロボット)
ロン・パールマン、、、ロン・ジョナー(警護担当クルー)
ドミニク・ピノン、、、ドム・ブリース(メカニック担当クルー)

宇宙貨物船「ベティ」のクルーであるが、その貨物船が今回は怪しい船である。どうやら海賊のようで、非合法のものを現金(もう滅多に使われていない)取引している連中らしい。道理で品が悪い。

やはり、”Alien”―Hans Rudolf Gigerはここが、本家本元である。
フィギュアの強度が違う。
だから見慣れることがない。

人間とエイリアンのハイブリッド生物「ニューボーン」も誕生する。
何と言うか訴えるような瞳が物悲しい、、、。
エイリアンはリプリーを介して子宮を獲得した為、卵を産んで人に幼生体を産み付けなくてよい。
生まれた子は、形体も人とエイリアンのハイブリッドであった。(マイケルジャクソンを連想しては不味いか?)
それは、エイリアン・クイーンを殺し、リプリーに懐く。
エイリアンと人間の融合した遺伝子を持つためであろう。
ハイブリッドのニューボーンも、凶暴さは完全にエイリアンであるが。

金目当ての企業というより、兵器開発目的の軍部であるが、リプリーから抽出したエイリアンの研究・培養して増殖しているところである。
エイリアンは頭も良く、すぐに物事の因果関係も学習してしまう。(自分がお仕置きでやられていた冷凍ガスを発するスイッチを押して、研究員を殺すなど、、、しかしこの行為は映画のコメディ化にも繋がる危険性を孕む。この横揺れは時折、現れる)。
頭の良さと残忍さがよく分かるのは、機を見て研究室の透明な檻から脱出する際、仲間を殺してその血液で床を溶かすところであり、彼ら以外に考えつくことではない。
泳ぎも上手く、クルーたちを罠に追い込んでみたりと、ヒトを翻弄する知力を見せつけている。
エイリアンより更に残酷な軍部の研究室には、これまでに失敗したクローンたちの陳列や未だ苦しみもがいている一世代前のリプリーなどが放置されており、そのグロテスクで悲惨な光景が、彼らの非情さを浮き立たせていた。
この映画、エイリアンよりも人間の方が、遥かに下劣で気色悪い。(まさに正しい描写だ!)

お約束で必ず出てくるロボットだが、今回のコールは、ウィノナ・ライダーで非常に人間的に葛藤するロボットである。
企業の狡猾なまわし者ではなく、レジスタンスのロボットだ。
地球を守るため、リプリーを体内のエイリアンごと殺す使命で貨物船に潜入したが、状況の中で混乱する。
いつも思うが、ロボットが余りに精巧すぎやしないか、、、?
(今回はロボットに設計され製造された第二世代ロボットということである!200年経っているのだし、そうなのか?)
しかしテクノロジー的に見て、ロボット工学ーAIが突出し過ぎているきらいがある。
それに比べて銃器など今と同じではないか、、、。
他の領域のどれもがいまひとつ。
ロケットは、もうすでに光速の問題は解決しているようだが、、、。
(というより、冷凍睡眠による移動であり、ワープはしているフシはない)。
兎も角、科学テクノロジーの発達のアンバランスさは、かなり微妙である。

身も蓋もない話だが、200年前躍起になってエイリアンの軍事兵器への活用・開発をあれだけ研究していたのに、まだその計画が軌道に乗っていないというのは、途中から企業から国家プロジェクト(秘密裏の)に切り替わったといっても、完全な失敗ではないか、、、。国家予算からどういうふうにこんな軍事費の資金を捻出してるのか。こんな埓の開かないリスキーな研究の継続は普通では有り得ない。もっと遥かに手堅く進んでいるロボット工学によってロボット軍隊を作ったほうがずっと成果が上がっているはずではないか!
ただし、もう「エイリアン」ではなくなるか、、、?
そうでもない、途中で放棄された研究所で繁殖したエイリアンが地上を襲い、それに対抗するロボット軍、、、というのでも結構スターシップ・トゥルーパーズ調でもって行ける。
ロボットもアナリー・コールみたいなヒトが強力武装のガンダム・スーツみたいなのに乗って戦っても良い。
中に乗ってるロボットも苦悩したりして、、、。
ちょっとエヴァンゲリオン風にもなるか、、、。リプリーは昇進して軍部のトップあたりにいて指揮に回っている、、、とか。
何れにせよ、エイリアン相手に生身の人間が拳銃撃って勝てるはずはないし、、、。
そっちの方がまともな戦いになる。
要は、「エイリアン」的撮影と演出の問題になってゆくだろう。

最後のシーンで、あの強靭なニューボーンが宇宙空間に吸い出されるところだが、彼があれだけ強烈な物理的影響を受けているのに、女性2人が、といっても普通の女性ではないが、柱などに掴まって凌げる程度の状況であったのか、、、。
ニューボーンも柱に掴まったら一緒に楽に凌げる場面だ。
ちょっと、物理的に不思議に思えた。

最後にリプリーは自らの血で子どもを葬る。一作目と同様に宇宙空間に放ってオシマイにする。
(見事な完結編だ。)


「地球は初めてなの、、、」とコールに告げ、地球に到着するリプリー。
(そう言えばそうか、、、わたしまで感慨深い)。
粗野で豪傑なロン・ジョナー言うところ「あんなところに行くくらいならこの船の方がましだぜ。」


地球は、もうかなり酷いところのようだ。




まさかとは思うがもう、5は作らないで欲しい。
リプリーがもたない。管理・指揮職では、やはり寂しすぎる。
もうやめよう。

リプリーなしのエイリアンではお話にならない。
前日譚のプロメテウス(リドリー・スコット)も作っているし。
この話は、もう終わったし、その前も、充分。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック