PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

エウロパ~エンケラドス

sinkai001.jpg

本当に久しぶりに天体関係のことを、、、中学生の頃の熱気がなかなか出ないのだが、、、(笑。

エウロパ、、、エンケラドス、、、
どちらもここのところずっと話題の衛星である。
自分の知っているレベルのことだけ、とりあえず書いておきたい。
何故なら今後、急速に新たな何かが分かって、新発見ということも見込まれる状況にもなってきた、、、?
ようにも思われるため。

両者ともに、水を吹き出しているということからNASAもしきりに話題を振りまいている。
「水」がキーワードである!
水の存在は地球外生命の可能性に繋がる。
(水、、、エネルギーの存在はそのまま生命の可能性に繋がるのは確か)。
でも何でそんなに、外に原生生物を見たいのか?
われわれは他者を認めない割に他者の存在は気にする、、、。

生物の繁殖に太陽光線が必要ないことは周知の事実である。地球の深海における太陽光の全く届かない場所で、化学合成によりエネルギーを得ている生命システムが存在する。つまり光合成による食物連鎖システムとは別種のシステムが地球上には存在している。
水と潮汐力(放射性物質の崩壊などもあるか)などから得られるエネルギーに有機物さえあれば、生命の誕生は可能となることから、水とエネルギー(エネルギーが無ければ水は氷の状態である)の存在を頼りに地球外生命の探索が進められている現状だ。



Europa.jpgEuropa

ギリシア神話の、ゼウスが恋に落ちたテュロスの王女エウローペーにちなんで名づけられた。
軌道共鳴が有名。イオの二倍、ガニメデの半分という公転周期であることから潮汐力の変動の影響が強い。
当然、潮汐力で発生する熱エネルギーにより、氷の地表下における液状の水の存在、さらに加えて熱水噴出孔まで想定されている。これは、そのまま地球の深海の海底にあるそれを想像してしまうではないか!
いても、確かにおかしくない、、、。

表面には裂け目が出来たりなくなったり(塞がったり)を繰り返しているようだ。
地表の運動は激しすぎ、やはり水の存在する層で何かが静かに起こっている可能性はあるか。
2028年だったか、、、探査機が軌道上から観測を開始する予定である。
エウロパの他にも木星の衛星では、ガニメデにも氷の下の水の存在は以前から予想されている。
イオ、カリストも大きな衛星である。イオは火山活動で有名である。という事は少なくとも大気は多少は存在する?
(ただし、これらの天体は皆、重力が小さいため大気を繋ぎ止めていることは出来ない)。
カリストにも液体層があることは分かっている。


Enceladus001.jpgEnceladus

ギリシア神話に登場する巨人族、ギガンテスの1人であるエンケラドス。
とっても白い。反射率が異様に高い。氷のせいだけであろうか、、、。
南極付近から水を吹き出していることで大変有名な衛星である。TVで間欠泉を見たときは、そう言われてみれば確かに、と思ったものだ。(写真だが)。
土星を公転するときの微振動が測定され、それによると衛星表面下に全て行き渡る熱を持った水の層があることが判明した。

土星関係は、カッシーニ探査機による観測データからかなり詳細な画像も解析されている。
"Tiger Stripes"など特にエンケラドスを特徴づけるものだ。
非常にダイナミックで神秘的なゾクゾクする"Stripes"である。(しばし見惚けてしまう)。
そのひび割れから水が吹き出し、それによって地形が絶えず更新されているという。
よって、地表上の生命はその不安定さから、まず有り得ない。
エンケラドスの他に土星の衛星では、タイタンに水の存在は確実視されている。


海王星の衛星、トリトンにも水が氷の下にあることは以前から話題であった。火山でも注目されていた。しかし大気はここでも微量であるようだ。
(トリトンは公転軌道が逆回転であり、潮汐力の関係で数億年の間に海王星に向けて落下し、所謂ロッシュ限界、土星の輪のように粉砕する予定である)。
天王星、海王星などは、その濃いガス(水素・ヘリウム・メタン)から探り難い環境であるが、、、水(水とアンモニアの海)は大量にあるようだ。

基本地球より外側の天体について、氷の状態がほとんどであるが、その内部では潮汐力の関係で水が液体化している惑星・衛星はいくつも考えられている。

思ったほど自分の中に情報がなかったことに気づく。
最近、その手の書物は読んでおらず、NHKの科学番組を見て過ごしている程度であった為か。
そろそろ、面白い発表などあるかも知れない。
アンテナだけは立てておこう、、、。

最近、面白かったのは、「アイ・ボールアース」というやつだ!
地球外生命の新たな可能性の場である。
心惹かれるロマンである。(ロマンの域は出ていない、、、という意味でも)。


Tiger StripesTiger Stripes



「アイ・ボールアース」については、もう少し情報が出てきたら、記事にも書いてみたい。

今日映画をひとつT○UTAYAで借りきて見たのだが、どうにも記事にできないものであった為、急遽この記事にした。
映画とは、「エリア0」というもの。
ここまで、お噺にならない映画を観た経験が無い。
どうにも箸にも棒にも掛からないものである。
脳天気にも程がある。
時間を無駄にしないためにも、以後気をつけなければならない。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック