プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

トビラ 魔の入り口

DOOR IN THE WOODS002

DOOR IN THE WOODS
2019
アメリカ

ビリー・チェイス・ゴーフォース 監督・脚本・製作

デヴィッド・リース・スネル、、、レッド・イーデン(夫)
ジェニファー・ピアース・マサス、、、エヴェリン・イーデン(妻)
ジョン=マイケル・フィッシャー、、、ケイン・イーデン(息子、自閉症?)
CJ・ジョーンズ、、、ユライヤ(黒人エクソシスト)


ホントの意味で悪魔の恐ろしさが分かる。
優秀なエクソシストとはどんなものかが分かる。
悪魔との契約とはこれ程のものなのか、と驚愕する。
ホラー史に残る名作を観てしまった。
映画としても最後の締めには思わず膝を叩いてしまう程の出来である。
全体にもう少し重めの演出にしたらよかったのでは、、、

DOOR IN THE WOODS001

まずこの映画、最初の頃はとても軽い感じ。
エヴェリンが森で見つけた得体の知れぬ汚い扉を持ち還って家のクローゼットの扉に修繕して嵌めこんでしまう。
(「アンティークな扉ね」ってどこが、である。DIYが趣味なので、小綺麗に作り変えられる腕を見せたかったか)。
何でそんな気持ち悪いことするの?としか思えない。どうせこれで悪いもの運び込んでしまったという設定ね、と思う。
家に良くない気を感じエクソシストを頼むが、やって来た彼が妙にお喋りでチャラい雰囲気で胡散臭い。
(どうやら手話でエヴェリンが返していることから耳が不自由なエクソシストみたい)。
お父さんはいい人みたいだが、状況把握に不安が。
この辺からして、如何にも軽めのお手軽ホラーという質感なのだ。

だが、この夫婦の苦悩がよく見えて来る頃から、重みが感じられるようになる。
一人息子ケインは発達障害(自閉症?)のようで、彼のような子供を養育してくれる学校を探してはるばるその土地に越して来たのだが、教職員はそんな彼に冷たく、クラスメイトは彼を嫌い虐めてくるのだ。
虐めに耐えかねて友達を殴ったという事で親は校長のもとに謝罪に行くことに。
夫もこの地で職がないため特別に学校の修繕係(用務員みたいなものか)として仕事をもらっている。
つまり学校に対しては複雑な感情を抱いていた。
妻も生活のため店を持つ計画を立て夫もそれに協力している。
子育てに苦労していることもあり、夫婦の結束力は強い。

DOOR IN THE WOODS003

明らかにドアを嵌めてからケインに妙なストレス~悪夢に悩まされるなど~がかかり始め、そのことに気付いたユライヤが血相変えてやって来る。
彼はこの家は悪い気が運び込まれており、直ぐに浄化しなければならないと伝え、浄化の儀式を執り行う。
ユライヤは、例のドアが原因であることに気付き、それを取り外し廃棄するように忠告する。
その夜、ドアを外そうとするが、頑丈に嵌っていてどうにも外れず週末に時間を掛けて外すことにして寝てしまう。
だが、明くる朝そのドアは森で見つけた時の痛んだ状態に戻っているではないか。
夫婦ともに尋常でないものをはっきり感じ取る。
そのドアから少女の幽霊が何度か出入りしているが、恐らくケイン以外は知らない。

そんななか、ケインはまた友達と喧嘩したということで、退学処分となってしまう。
これには流石に憤りと哀しみを隠せないイーデン夫妻。また新しい学校を探す相談を始めることに。
この土地に何かあることを察知し、エヴェリンは村の図書館で事件などの記事にあたってゆくと、子どもの失踪が過去に何度もあり結局誰一人発見されることがなく迷宮入りとなっていたという。
それを更に詳しく追うとドアだけ残して消失した家に辿り着く。その家を焼き捨てたという老婆を探し話を聴くと、焼いた家に子供たちが次々に何かの力で取り込まれて行ったのだという。老婆の娘もその一人であった。
彼女は残った扉を地に埋めたが、それがいつの間にか森の中に立ち上がっていたのだ。鍵を掛けることで封じ込めていたが、彼女は直ぐにその扉を処分しなければならないと悲痛な面持ちで叫ぶ。
そんな時、ケインが家から消えてしまう。

DOOR IN THE WOODS004

エヴェリンは頼みの綱ユライヤを呼び、ケインの奪還を依頼する。
彼は扉を外し森のもとにあった場所に鍵と共に戻させ、沢山のアイテムを並べ準備を整え扉の向こうの相手に対し対話を要求する。
相手の悪魔はケインをいたく気に入っており、取引なんぞには応じる気はないと突っぱねるが、、、。
何段階もの手順を経て何度も拒否されながらも結局、向こう側の悪魔のマスターとの直接交渉を取りつける。
ユライヤは耳は聴こえないが悪魔の声はしっかり聴き取り両親に伝えていた。
彼はネゴシエーターとしての優秀な腕前を見せる。悪魔との取引交渉中のVFXは決まっていた!
大概のエクソシストはそれ以前の段階で惨殺されておしまいであるが、契約書にサインまでして成立させてしまう。
つまりケインは戻って来るのだ。ユライヤも両親も無事なまま。普通のこの手の物語ではあり得ない。

DOOR IN THE WOODS005

しかし悪魔の提示した条件は「大変な苦痛を与える」というもの。両親は涙を呑んでそれに同意していた。
一体どんな代償なのか、、、と思って神妙に見ていると、、、。
なるほど。そういうことか、である。ユライヤが言うには悪魔は最初からこれを狙っていたという。
詰まりケインが呆然と扉を森で打ち眺めていた時に決定されていたことなのだ。
とすれば、母が扉を持ち帰ったのも全て悪魔の誘導によるものであったと言える。
ユライヤの能力と器も計算の上か。
悪魔の懐の深さに感服するとともに優秀なエクソシストの仕事ぶりと、夫婦の結束力も相まってこんな結末もありなのか、とつくづく感心した。

DOOR IN THE WOODS006

2人を先に帰し、父が意を決して学校にその扉を修復して取り付けていたが、、、。
悪魔はこれから容易にたらふく子供を取り込めるし、イーデン夫妻としては結果的に理不尽な理由で子供を虐め追い出した学校への復讐を遂げることにもなった。
ユライヤは契約の事はキレイに忘れこれからに向けて生きてくださいと両親に諭して去って行く、、、何ともカッコよい。
もうあなた方とは二度と逢いませんと言っていたが、謝礼とか受け取っていないように見えたのだが、気になる。
これだけの仕事をしたエクソシストを見たことないので。

こりゃホラー史に残る名作だわ。
もうちょっと全体に質量が欲しかったが、よく出来ていた。




AmazonPrimeにて




”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界