プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

ルシー・イン・ザ・スカイ

Lucy in the Sky003

Lucy in the Sky

2019
アメリカ

ノア・ホーリー監督・脚本
エリオット・ディジュゼッピ、ブライアン・C・ブラウン脚本・原作

ナタリー・ポートマン、、、ルーシー・コーラ(宇宙飛行士)
ジョン・ハム、、、マーク・グッドウィン(宇宙飛行士、浮気相手)
ザジー・ビーツ、、、エリン・エックルズ(NASAの訓練生)
ダン・スティーヴンス、、、ドリュー・コーラ(夫。NASAの広報)
エレン・バースティン、、、ナナ・ホルブルック(祖母、育ての親)
パール・アマンダ・ディクソン 、、、ブルーアイリス(姪)


こんな変な映画久しぶりだわ。
ナタリー・ポートマンと言えば、わたしはジョディ・フォスターと並び優れた推し女優なのだが。
宇宙もので「コンタクト」と「この無残な映画」との差は余りに大きい。

ナタリー・ポートマンが狂気を演じたものでも「ブラック・スワン」は大変インパクトのある説得力を持った傑作であった。
これとは比べ物にならない出来である。

Lucy in the Sky001

何でも実在の宇宙飛行士を元に描いたと言うが、別に実際にあった狂気を描けばよいと言うものではない。
実際にあろうが、なかろうが、そんなことは、全くどうでもよい。
単に映画作品としてどうか、というそれだけのことだ。
それに作品化する時点で、何が元となろうが、全てが完全に虚構でしかない。その点は言うまでもないこと。
そんなことへの拘りや価値など全く意味ない。
では、何でこんなものを敢えて作ったのか。訴えたいメッセージとかがあってのことか?

宇宙飛行士は帰って来ると、(プリミティブな)宗教者になる人もいたりするが、少なからず宇宙の中の人間の位置について考え魂~精神界について思慮を巡らせる傾向が見られる。
だが、この女性は全く逆だ。
それも勿論(人それぞれ)あって良いのだが、このような発狂の仕方自体、取り上げて映画作品に定着する意味~価値がそもそもあるのか?
その意図が分からない。

Lucy in the Sky002

ただの変な人ではないか。
ナタリー・ポートマンのような優秀な人が、そこに何を見出し、何に共感しその生を描こうとしたのか?
ホントに単に変な人になっていただけ。その意味ではなりきっていたのだが、何で、と聞きたい。
「ブラック・スワン」は、ひたすら自分の追い求める美を追求する過程で狂気へと至ってゆくドラマが素晴らしい演技と演出で描かれており、吸い込まれるように魅入ってしまったものだが。
これは、観て行くうちにどんどん観る気が失せて来る何なんだこの女は、というともかく傍迷惑な存在について行けなくなる。
夫をはじめ周囲の大変優秀で品格もある人々に対し、無礼極まりない態度で接し(浮気も堂々として)、独善的な行動で掻き回し、最後はあれである。
少しはいつも一緒にいる姪が何とかしろ、と思っていたら車に準備しておいたピストルを自分のバッグに隠したことだけは、評価したい。というか、あの姪にしては、よくやったと褒めたい気持ちだ。
そのまま銃をぶっ放していたら、シャレになるまい。

Lucy in the Sky004

まあ、確かに自分をともかく目立たせたい、一番でいたいみたいな人がヒステリックに振舞うパタンはあるが、宇宙飛行士の場合、一緒に搭乗するクルーとの関係もある。自己中の独善家が何をかやらかしたら当然他の飛行士の命の保証もない。
クールダウンしろと少し休養を取るように謂われ、次の飛行は見合わせることは、管理側からすれば当然の配慮であり措置であろう。それに対して逆恨みをして支離滅裂な噺を研修生に吹き込もうとするなど、もう危険人物としか言いようがないではないか。

監督としては(脚本家も含め)、こういう人がいましたという物語をどうしても作りたかったのか?
その意図がどうにも分からない。
ともかくジョディ・フォスターの「コンタクト」とは、天と地の差だ。
「コンタクト」は正直、感動して涙なしに観られぬ映画であったが、、、
(「コンタクト」は優れたSF映画であったが、これは精神障害の一つのパタンを描写した映画と言えようか)。
観る価値とは何か、と考えさせられる作品ではあったが、わざわざ観るまでも無かろう(2時間超えである)。

何の為の映画なのかが、さっぱり分からん。




Wowowにて



”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界