プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

オンネリとアンネリとひみつのさくせん

Onneli Anneli ja salaperainen muukalainen001

Onneli, Anneli ja salaperainen muukalainen
2017年
フィンランド

サーラ・カンテル監督
マリヤッタ・クレンニエミ原作
サーラ・カンテル 、 サミ・ケスキ=バハラ脚本
アンナ・マリ・カハラ音楽

アーバ・メリカント、、、オンネリ(アンネリの親友)
リリャ・レフト、、、アンネリ(オンネリの親友)
エイヤ・アフボ、、、薔薇の木の夫人(名高い建築家)
ヤッコ・サアリルアマ、、、リキネン(ポリス~「子供の家}新院長)
ヨハンナ・アフ・シュルテン、、、ウメ・ボーシュ(ポリスの妻)
エリナ・クニヒティラ、、、ノッポティーナ(夫人の従妹、魔法使い姉妹の妹)
キティ・コッコネン、、、プクティーナ(夫人の従妹、魔法使い姉妹の姉)
ヤニ・トイヴォラ、、、市長
イェンニ・ハカラ、、、ミンナ・ピンナ(「子供の家」院長)
アレクシス・コイスティネン、、、プッティ(プティッチャネン一家の坊や)
ヨーナス・サールタモ、、、エッラ(プティッチャネン一家の父親)
アルニ・ラモー、、、ペッキ(「子供の家」を脱走した少年)


本作で圧倒的な存在感を示すのは、ミンナ・ピンナである。

夏休み。夏は服装からして暖かそうだ。そして配色~コーディネートも鮮やか。
今回はお揃いばかりじゃないぞ。それぞれのファッションでの主張も見られたり、、、大人じゃん。もうこの役もぎりぎりのところだぞ(しんのすけ、、、笑。
二人が大きくなったのにはビックリ。小5か6には充分見える。こ年頃の少女の成長は急激である。
同時に生意気になる時期だが(うちの娘はまさにそう)。
今度は彼女らの家のすぐそばに「子供の家」という孤児院が建つ。
そこの院長が「改善」と「安全」が好きで、管理と掃除ばかりしているユニークなミンナ・ピンナという女性。
こどもを皆番号で呼ぶ。一番、左。二番、右。という風に。
面白いのは整列である。子供たちを列に乱れがないように真っ直ぐに整列させる。
こんなことやるの日本だけだと思っていたので、笑った。
確かにミンナ・ピンナみたいな先生はいる。充分、子供に舐められているが、本人は気づかない。

Onneli Anneli ja salaperainen muukalainen009

但し、4番が読んでいたUFO関連の本を「こんな有害な図書を読むのは認めない」と彼から取り上げ、自分が読みだしたらすっかり入り込んで夢中で読みこんでしまうところが傑作。一番UFOに期待を寄せるのは彼女であった。
本を手にしてから、いつもどこかUFOを気にした生活を送るようになる(笑。
いざUFOがやって来たというときには、とうとうわたしの噂を聴きつけてやって来たわね~とか言っている。
なかなかのものである(こういう人は長生きする)。

この孤児院、庭には植物も遊具一つも無く、外周は鉄格子で囲まれ、中は装飾も色もなく殺風景、部屋着は囚人みたいなグレー一色の洗濯しやすいというだけで選ばれた素材の服を皆が着せられている。消灯も8時である。彼女が現れたら直ぐに整列・点呼となる。
食事の風景も実に簡素で寂しい限り。心の栄養が無い。
管理・安全だけに力を入れる院長の思想が具現化した施設であった。

Onneli Anneli ja salaperainen muukalainen003

そんな院長の独裁から仲間を解放しようと、4番が脱走する。
名前はペッキ。
彼はオンネリとアンネリの所有するカラフルな山小屋に身を隠す。
(彼女らは母屋の他に素敵な山小屋も所有しているのだ)。
彼は二人が焼いて食べようとテラスに用意しておいたパイを全部平らげてしまう。
侵入者がいるようね、と二人は暢気に構える。
流石に余裕のある人たちは違う。
ガードの協力でその訪問者は直ぐに判明する。
あそこから来た子ね。
そして「子供の家」の院長もポリスのリキネンさんに捜索届を提出する。

Onneli Anneli ja salaperainen muukalainen004

このクールなのかダイコンなのか分かりにくい少年から施設内部の事情を聴き、彼女らも協力することになる。
市長に苦情の手紙などを作成して送るが、敵もさるもの市長の視察時にだけこれ見よがしの遊具を備え付けて交わす。
少年が施設に残してきた妹に無事であることを伝えたいというので、わざわざプッティにその役を頼みに行く。
なにかと衛生にうるさい院長でネズミが嫌いということから、ネズミに化けて施設に侵入し妹に手紙を渡す。
ミンナ・ピンナが慌てふためき消毒しまくり、業者を呼んでネズミ退治をさせるなど予想通りのパタンが確認される。
この辺は、プティッチャネン一家も交え何か面白いことをやらせないと、と言ったとってつけたような挿話である。
ほとんどこの行為に必然性はない。
安否が心配になる以前に決着はつくことは見えている。

Onneli Anneli ja salaperainen muukalainen007

ガードの協力のもと、直ぐにその少年はポリスに捕まり「子供の家」に連れ戻される。
(妹とは直ぐに再会)。
この件に一番悩んだのは、ポリスであるリキネンさん当人であった。
少年やオンネリ、アンネリの気持ちは痛いほどよく分かるのだが、自分は法律に仕える身なのだ。
そして妻に相談すると、こころのままに行動しなさいと諭される。
彼はバッジを還しポリスを辞めてしまった。
そして庭でひとりオカリナの奇麗な音色を響かせる。
妻は夫が風邪をひかないか心配する。
(オンネリとアンネリがノースリーブのドレスで遊んでいる夏である。恐らく大丈夫だと思うが)。

Onneli Anneli ja salaperainen muukalainen008

ミンナ・ピンナから子供たちを救い出す救助団が結成される。
オンネリとアンネリを中心に今やフリーの身のリキネンさんたち夫妻や魔法使い姉妹も加えての構成である。
アンネリが施設に潜入し内と外から解放戦線をはるというもの。
そしてモールス信号のやり取りで子供たちの解放、というよりミンナ・ピンナを懲らしめようという作戦に入る。
しかし情報のやり取りをモールス信号に頼るが、こんな時こそ魔法姉妹に何か頼めないのか。

魔法姉妹には、この後、風船の花を使ってUFOに見立てミンナ・ピンナを追放しようということになる。
彼女は外にUFOが迎えに来たと思い、地球人代表みたいな気持ちで接するがそれが風船と分かり激怒する。
だが彼女は風船もろとも空高く舞い上がってしまう。
ここで、キャ~キャ~騒ぐのではなく、空から見下ろす景色にいたく感動し、彼女のこころが解放されてゆく。
多分そうした設定~狙いなのだと思う。

Onneli Anneli ja salaperainen muukalainen005

せめて風船の花を少しアレンジしてUFOに似せるとか、片腕でいつまでもどこまでも摑まって飛んでゆくのではなく、上に乗っかるとか中に入るなどした方が良かったと思う。
荒唐無稽な設定は分かるが、それぞれのシーンで物理的~肉体的に不可能な動き~所作は避けるべき。
幼い子も見ているのだ。
片手であんな上空を何時間も紐につかまり景色を楽しみながら南極まで?行くというのは絵的に言っても無理がある。
ここは詰め直して欲しかった。

結局、ミンナ・ピンナはペンギンが友となり彼らに番号付けて仕切っているようだ。後から名前呼びとなったか。
とても楽しんんでいる様子が手紙に綴られているが、この辺は感覚的にというより脚本的に荒く飛躍し過ぎた感が強い。
普通ならまずレスキュー隊が救出に向かう流れだ。普通の服装で極に降り立ったのだ。不死身でなければそのままはない。
噺が観念的で抽象的すぎる。
それをする必然性を無くすのなら、文脈にそれなりの理由~流れがしっかり見えないと。
ただ上に登ったら視野が広がりそれまでの凝り固まった考えから解き放たれたというだけでは無理がありすぎでは、、、。
UFO読書でかなり彼女の内的世界が変容を起こしていた可能性は否めないとはいえ。

Onneli Anneli ja salaperainen muukalainen006

オンネリ、アンネリから市長に推薦されたリキネンさんが施設の新院長となる。
これはまさに適任であろう。
施設は薔薇の木の夫人にデザインし直してもらい、皆ハッピーということで、施設の庭の沢山の遊具で遊びながらの大団円。


フィンランドの人の名前の響きはとても面白い。
オンネリ、アンネリもそうだが、ミンナ・ピンナも癖になる(笑。
ムーミンとはまた趣が異なる。

やはりここまで大きくなってしまうと、もう彼女らではこの物語~シリーズは撮れないことが分かる。
次に出るときは、青春学園ものとか、、、であろう。




AmazonPrimeにて











”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界