プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

ゲット・アウト

Get Out007

Get Out
2017年
アメリカ

ジョーダン・ピール監督・脚本・製作
マイケル・エイブルズ音楽


ダニエル・カルーヤ、、、クリス・ワシントン(黒人写真家)
アリソン・ウィリアムズ、、、ローズ・アーミテージ(白人大学生、クリスの恋人)
ブラッドリー・ウィットフォード、、、ディーン・アーミテージ(ローズの父親、脳神経外科医)
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、、、ジェレミー・アーミテージ(ローズの弟、医学生)
キャサリン・キーナー、、、ミッシー・アーミテージ(ローズの母親、心理療法家)
リル・レル・ハウリー、、、ロッド・ウィリアムズ(クリスの親友、黒人、運輸保安庁勤務)
ベッティ・ガブリエル、、、ジョージーナ(アーミテージ家の使用人、黒人)
マーカス・ヘンダーソン、、、ウォルター(アーミテージ家の庭の管理人、黒人)
レイキース・スタンフィールド、、、アンドリュー・ローガン・キング/アンドレ・ヘイワース(パーティに招かれた客、若い黒人)
スティーヴン・ルート、、、ジム・ハドソン(盲目の画商)


何で黒人の体に限定して乗り移るのか?
人種がそもそも関係あるのか?
黒人が特別丈夫というわけでもないだろうに。
スポーツの得意な黒人が多いことは確かだが、あくまでも個人の資質~能力の問題だ。
人種関係なく丈夫な人間を捕獲して乗り移ればよかろうに。
黒人の身体を羨望するところはあるにせよ、殊更黒人に固執する必要もあるまいに、、、。
黒人ばかりを狙うことで、レイシズムなどを呼び込んでしまいかねない。

Get Out004

これは、老い、病で滅ぶ運命にある肉体を更新して永く生きたいという欲望が齎した破天荒な物語であろう。
そこに黒人の体を器として利用すると。
しかし脳=自我意識=人格という単純な構図は成り立つと言うのか、、、。
丈夫な肉体へ老いた自分の体の脳を入れ替えれば、新たに健康体の自分として生きられるなんて単純なものではなかろうに。

最後、主人公クリスが絶体絶命の時に追ってきたウォルターという黒人庭師が、ローズを撃ち次いで自分を撃って自殺している。
これが答えであろう。このウォルターに脳を移植して生き延びていたのは、ローズの祖父であったようだ。深夜激走していたが彼は元陸上選手であったという。
ジョージーナという女使用人は祖母であった。
だが彼女も情緒的に不安定で今の自分の状況に憂いと混乱を覚えている様子が窺える。
クリスに写真を撮られてアンドリューも激昂した。自分が黒人の体に成っていることへの葛藤~不満がそれを誘発したのだろう。
鼻血を流していたことは、精神~神経との不具合も考えられる。フラッシュの刺激に対する単純な発作とは思えない。
アンドリューはクリスに対し”Get Out”と叫び掴みかかる。これは白人の黒人に対する罵声以外の何物でもなかろう。

Get Out005
Get Out006

脳味噌を挿げ替え続ければ永遠に生きられるなんて、それ自体がナンセンスである。
実存も糞もない。何やらロボットから逆照射された人間の模型みたいに思えるものだ。
脳と意識にばかり拘り過ぎている。
庭師や下働き、客でやって来た若者それぞれの黒人らしからぬ所作や言動に不信感をクリスは抱いていたが、そういった身体的な記憶は脳ではなく体が担っているところであろう。それを無理やり直そうとすれば軋轢があるはず。

この監督、以前はコメディアンをやっていたという。
これは永遠の生に憧れた白人の金持ちセレブたちのエスカレートした欲望~道楽をシリアスに描いたためにホラータッチになった、ということか。
そのホラーがとても笑えない可笑しさを誘う。
鹿を嫌っていたディーンがクリスに剥製として飾られていた鹿の角で刺されて死ぬなど、とても伏線の回収が細かい。
脚本のセンスはかなりのものだ。

このセンスといい監督名といい、既視感があり自分のブログ内を検索したら”US”の監督であった。

確かに怖さとユーモアの質が独特で似ている。
絶妙なセンスだ。
この監督は、これからもずっと注目したい。
音楽もとても映像にフィットしていると思ったら、「アス」と同じマイケル・エイブルズという人である。
(こちらが「アス」の一つ前のデビュー作であるようだ)。
なるほど、、、このタッグでこの水準はキープして行けるというもの。
他の作品(三作目)も楽しみだ。

Get Out002

わたしにとって印象的であったのは、ローズの母親で心理療法家ミッシーによる催眠術である。
ティーカップのスプーンを音を立てて回すことで、クリスをストンと催眠状態に落としてしまう。
いとも簡単にである。
恐らくそれまでの何気ない語りの部分から、もうすでに催眠状態に誘っていたようなのだが、あの仕草と音を引き金に落としているようだ。
それ以降は条件反射的に、カップにスプーンをコチンと当てればたちどころにかかってしまう。
ああいった催眠術はよく見るが面白い。

彼女の両親に会いに行く途中、車で鹿を轢き殺すが、これは彼の母が轢き逃げで亡くなったこととリンクする。
彼がずっと心の底に封印してきた記憶が明るみに引き釣り出される衝撃的な場面であり、伏線がはられた。
この鹿轢き殺しエピソードを二人から聞き、ミッシーは逃さず利用したのだ。
彼女はまさにこの母の事故死体験が深い潜在意識につながっていることを見抜き、そこを突いて彼を術にかける。
伏線の回収は周到だ。
 
Get Out003

この黒人と白人のペアであるが、やはりこうした形で白人女が黒人の体を狙いコミュニティに晒して、皆で競り落としているところなど、どうみてもレイシズム丸出しである。リベラルな白人の無意識的側面とかではなく、むき出しのレイシズム以外の何物でもない。黒人の身体的優位さに嫉妬している部分はあるとしても単なるモノ扱いに他ならない。ここに人権があるか。
こういう映画が現在も作られているということは、未だにこうした黒人と白人ペアに限らず、レイシズムの問題は進行形にあるということだ。確かに警察官が続けざまに黒人を殺害したり、東洋人女性をホテルの前で殴る蹴るの暴行を働き重傷を負わせ、見ていたドアマンが扉を閉めて救助にも当たらなかったなど、幾らでもニュースに事欠かない現状だ。
「わたしはオバマ支持者だ。人種差別などしない」なんて薄っぺらい言葉を真に受ける主人公ではないが、一人ではどうなっていたことか、、、。
自分の彼女が過去に引き込んだ黒人の写真が次々に見つかり愕然とする主人公の姿が印象的であった。
相棒の保安官が鼻が利き、かなりの助けになっていたことは事実。あのような頼れる親友がいなかったら、クリスも餌食になっていたかも。

Get Out001

「アス」の方が見応えはあったが、これも充分に面白い作品であった。





AmazonPrimeにて











”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界