プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

複製された男

Enemy001.jpg

Enemy
2013年
カナダ、スペイン

ドゥニ・ヴィルヌーヴ 監督
ハビエル・グヨン 脚本
ジョゼ・サラマーゴ『複製された男』原作

ジェイク・ギレンホール、、、アダム(大学の歴史講師)/アンソニー (役者)
メラニー・ロラン、、、メアリー (アダムの恋人)
サラ・ガドン、、、ヘレン (アンソニーの身重の妻)
イザベラ・ロッセリーニ、、、キャロライン (アダムの母)


ブレードランナー2049」、「 メッセージ」、「プリズナーズ」、「静かなる叫び」、「ボーダーライン」と、ドゥニ・ヴィルヌーヴの傑作映画を観て来たが、これは何だ?明らかに異質であることは分かる。
最初、邦題からクローン技術で生れた自分にそっくりの人間にでも出逢ってしまい、それが事件に繋がるような映画を連想してしまったが、原題は敵である。
しかし原作小説はこの邦題と一緒らしい。何とも言えない、、、。

謎当てクイズか、、、そんなものに突き合わされた感じ。
確かにこの二人の主人公の客観的な存在を確認する場面はない(第三者による目撃はない)。
一人の男が妻と暮らし時々愛人と過ごすことは物理的な不具合はない。
終盤のアンソニーとメアリー の余りのエキセントリックな事故は、ラジオのニュースで語られそうになったところでチャンネルを絶妙なタイミングで変えられる。あれは決別の儀式的なイメージであろう。恐らくそこでアンソニー人格が昇華されたのだ。
実際、アダムがアンソニーを生み出し、弁証法的に(アンソニーとの対立から)新たなアダムになったと捉えればよい。
「一度目は悲劇として。二度目は喜劇として」とマルクスを引いていたように。

Enemy002.jpg

原作がどのような小説なのか、、、
周到に計算された緻密な(トリッキーな)心理劇であることは分かるが、クイズみたいな映画とも謂える。
表象は奇妙に歪みこじれてもいるが、当の世界の真相とは、何のことは無い浮気心の葛藤といったところか。
(「独裁者と支配の仕方」、更に蜘蛛について何度も触れられるところから、母性~女性の支配に対する葛藤という次元もあろうか)。
確かに普遍性はあるにせよ、その心理を確認したところでどうなの、、、である。
どうということもない題材でこれの表わす意味は分かるかね、解読してみなと聞かれているみたいで居心地は悪い。
「カオスは未解読の秩序」とわざわざ前振りしている。解読できれば正解が手に入るということか。
映画でどれだけ小説のレトリックを巧みに表すことが出来るかの腕試しみたいなものにも想える。
蜘蛛の表現などヴィルヌーヴらしく確かに上手い。蜘蛛には縛り付ける母の象徴的意味がありインパクトはある。
絵的に面白くもあるが、やけに暗い画面が多く苛立つところも少なくなかった。
”Blade Runner 2049”、”Arrival”、”PRISONERS”、”Polytechnique”、”Sicario”の思想性からみると、別にそれが分かったところで、衝撃を受けたり感動~共感が込み上げる分けでもない、、、。

Enemy005.jpg

わたしも充分抑圧された人間であるが、それで何かが明かされた分けでもなく確認したところで何なのか。
実はキャストなどをいつものように調べているうちに監督のインタビューの抜粋を見てしまったことで、一気にやる気を失くした。
他の評論家の言なら別に気にせず自分の感じたことを書いていたが、作者~権威の言葉はやはり重い。またそれを知らずに書いて後で知るのもシャクである。まあ、納得は出来るものだが、監督の明かすことではないと思った。作品は独り歩きさせないと。

そもそも自宅でレンタルした映画をたまたま観たら、自分にそっくりの俳優が出ていた、くらいで普通こんなにパニックになって動き回るようなことは無い。「へ~こいつ、おれにそっくりじゃん」で終わりだ。それがトリガーになるところからして心理的(深層心理的)に絡んでくるメンドクサイ映画だなとは嫌でも察するが、それに付き合うかどうかはその内容~物語次第だ。

Enemy004.jpg

いくら緻密に描かれていても脳内画像=イメージがこんなに明瞭に実体化した姿で文脈に錯綜して入り込むと~回想と現実ではない~一種の病的心象にもなり違和感が大きくなるだけ。
但しこれを解離性同一性障害ととると、通常ある人格が発動しているときは、他人格は眠っているものだ。
このようにはっきりと人格同士が恐れ対峙し合う場面は極めて特殊と謂える。
完全に脳内イメージ~白昼夢だとすると無理を感じる描写だ。
そこが見辛いところだったか。暗い画面と相まって。

それにしても巧みだと感心したところは、ヘレンがアダム(これもまた象徴的な名だ)に逢いに行き、お腹の子のことで二言三言話して、そのまま彼は講義の時間だと言って去ってゆく。その後ろ姿を見てアンソニーに電話をするが、彼が建物に消えかかるその絶妙なタイミングで繋がる。
この辺で彼らは二人存在する余地も持たせる。
ミスリードを誘うというか幾つかの解釈の余地を残したいところか。
ドッペルゲンガーで押し切ることも可能ではないか。
いやわたしが最初に勝手に連想したクローンでも行こうとしたら行ける。

Enemy003.jpg

まあよく出来た作品なのだろうが、ヴィルヌーヴの他の映画のような満足感はなかった。
メタファーがあっても良いがそれが主体では、楽しみ方が違って来る。
それより「デューン」が待ち遠しい。




AmazonPrimeにて
恐らく3月いっぱいで配信終わり。










”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界