プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

妻は告白する

tsuma005.jpg

1961年

増村保造 監督
井手雅人 脚本
円山雅也 原作
北村和夫 音楽

若尾文子、、、滝川彩子
川口浩、、、幸田修
小沢栄太郎、、、滝川亮吉 (医学部教授、彩子の夫)
馬渕晴子、、、宗方理恵 (幸田の元婚約者)
根上淳、、、杉山弁護士
高松英郎、、、葛西検事
大山健二、、、内海裁判長
小山内淳、、、浦田宏
村田扶実子、、、宮内恵子


昨日は、わたしの誕生日で、ただ飲み食いだけの一日となる。
ブログどころの話ではなかった(爆。


若尾文子(KADOKAWA)シリーズに戻し、、、この映画、何とも言えない暗くてねちねちした雰囲気で進んで行く。
何が原因かと思うと、幸田修である。
わたしが最も嫌いなタイプ。虫唾が走る男。独りよがりで正義漢を演じている馬鹿。
根源的欲望より道徳に拘るような糞屑。
(こう言う奴は淘汰されてゆかねばならない。多様性も芸術性のひとかけらもない輩)。

彩子は、医大教授の夫である亮吉と医薬品会社の幸田とともに登山中に遭難し、夫のザイルを切って自分と好意を寄せていた幸田が助かる。
この行為を巡り、計画性は無いにせよ故意に行った殺人か死の恐怖と苦しさから逃れる為の緊急避難に当たるかが裁判で問われることになった。
興味本位なゴシップで取り上げるマスコミ。
それに煽られ沸き立つ世間。
当然、彩子に対する風当たりは強い。

延々と続く裁判。
検察側の厳しい問い詰め。
暗く沈痛な雰囲気。
そこにニヒリスティックで刹那的で享楽的な要素もあり、音楽がとてもマッチしている。「女は二度生まれる」のBGMみたいに良い。
そして滝川彩子の一途の狂気の愛。若尾文子の迫真の演技が説得力を持つが、、、。
その相手が相手であった。

tsuma001.jpg

世間の中傷に対し信じあって生きてゆけるか。
その試練など男にとって問題ではないという。
では何が問題なのか?
罪の意識なのである。
夫に対して潔白なのか、、、という。

この彩子の愛する男によって間に法が入って来る。
対幻想に法~共同幻想は相容れない。
そもそも罪とは何か。
絶対的な罪など存在し得るか?ここでも2人は宙吊り状態となる。

折角無罪となったものを、、、。
緊急避難の貴重な判例として弁護士にも喜ばれ。
死んだ夫が嫌がらせに入った保険金も手にし、
それを活かさない手があろうか。
しかし幸田はここに善悪を持ち込む。
あなたに殺意はなかったのか?、、、あったらどうだというのか。
ここでザイルを切るのは、彩子に命を助けられた幸田の方である。


tsuma002.jpg

彩子の死んだ夫は一体、どういうつもりで彼女と結婚したのか。
まったく分からない。彼女のことなどお構いなく、薄給なのに酒を呑み惚けて趣味の登山ばかりしていた。
貧しさから医大教授のプロポーズを受けてしまったのは、浅はかであったが、離婚を許さない横暴な男である。
彼女がこの夫と心中する必然性はない。
彼らを登山に誘い自分が遭難して宙吊りとなってバタつき、上の2人を息が出来ぬほど締め付けただけである。
中央にいた妻の立場からして確かに悩ましいが、上の人間に皆を引き上げることは専門家からして不可能という事態であれば、3人とも死ぬか2人で助かるかの選択しかなくなる。

極限状態にあり気絶する寸前にとった彼女の行為はナイフでザイルを切る事であった。

tsuma003.jpg

離婚したくても出来なかった夫が死んで、彼女も無罪となった以上、お互いに好意を抱いている同志、何の障害もなく一緒になれるものを、、、男は急に妙な拘りを持ち出し、彼女を跳ね付ける。
そこに罪悪感を持ち込む。
彼女の潔白が証明されたのに、彼女が好意を寄せ命がけで救った相手から罪人にされてしまうこの不条理。

幸田の元婚約者の理恵から、なぜ彼女の思いを受け止めてあげないの?女だから女の気持ちが良く分かるの。
とまで言わせている。

絶体絶命の山の遭難から生還し、世間の冷たい視線に耐えながら裁判で無罪を勝ち取ったにも関わらず、、、
結局、焦燥しきった彩子は青酸カリで自殺してしまう。

呆然と立ち尽くす幸田。

tsuma004.jpg


実際、このように愛情の前に法~道徳を持ち出す輩はいる。決して少なくない。
それで嘸かし自分は立派だと思い込んでいる。














検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp