プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

ガメラ 大怪獣空中決戦

Guardian of the Universe003

Gamera : Guardian of the Universe
1995年

金子修介(本編)、樋口真嗣(特撮)監督
伊藤和典 脚本
大谷幸 音楽
爆風スランプ 主題歌「神話」


伊原剛志、、、米森 良成(海上保安庁巡視船「のじま」一等航海士)
中山忍、、、長峰 真弓(鳥類学者)
藤谷文子、、、草薙 浅黄(ガメラと交信する少女)
本田博太郎、、、斎藤 雅昭(環境庁審議官)
螢雪次朗、、、大迫 力(刑事)
小野寺昭、、、草薙 直哉(浅黄の父)
長谷川初範、、、佐竹(自衛隊一等陸佐)
渡辺裕之、、、大野(自衛隊三等陸佐)
真山勇一、木村優子、大神いずみ(ニュースキャスター)


平成ガメラシリーズ第一弾。相当な力作。
次作が昨日の「ガメラ2 レギオン襲来」であり
三作目が「ガメラ3 邪神覚醒」となり、とりあえず3つとも観たことになる。
どれも普通に映画として観て、レベルが高い。
2015.10.30に観た「ガメラ3」が未だに印象に残っている(引きずっている)が、本作は完成度で謂えば一番高いと思う。
映画的によく出来ていると唸るところがかなりある。
ストーリーに生物学や伝承などの要素を取り込み信憑性や奥行きを持たせている点。
カメラワーク~構図が臨場感ある空間を常に保障しており緊迫感が途切れない点。
本物の自衛隊を陸・海・空に渡って協力を取り付け使うことが出来たことで、ミニチュアのチャチな質感がどこにもない点。
(ロケを可能な限り行っていることからも、しっかりした遠近法の獲得にも繋がり、リアリティが増す)。
被害状況を伝える報道番組も実際の災害時と同様の形で流されていた点(新聞記事においてもこれでもかという畳みかけ)。
他にもディテールにかなり拘ったシーンが多い。

Guardian of the Universe001

この平成「ガメラシリーズ」は、子供向け怪獣映画として製作されていない、ことがはっきりわかる。
つまり子供騙し的な安易さや妥協が見えない(子供映画こそ手抜きは禁物だが、ここでは残酷な場面も描かれる)。
とても細部まで拘った丁寧な作りで発想も良かった。
東京タワーをへし折りその上を鳥の巣のようにねぐらにするギャオスが実に様になっており見事な演出だ。
VFXにCGを使わない爆破や破壊シーンもとても迫力がある。
ヘリコプターが臨場感たっぷりで、長峰 真弓が乗ってギャオスを追跡した場面など特に。
そして何より人間が描けている。キャストのこころの葛藤と変化の流れもよく分かる。
主要キャストに厚みがあり(勿論、ガメラも含め)入り込める作品だ。

Legion004.jpg

またこのシリーズは、時系列的にしっかり繋がっている点でも内容の豊かな広がりが生まれている。
(1~3まで、キャストがブレず、2でヒロインを水野美紀が務めたのが大きな変化であったが、見えない場所で中山忍の探査・研究は進められている。また水野のヒロインも成功し新鮮味を齎していた)。
全体を通して、ガメラの運命の過酷さが3で極まるまでの流れが悲痛だが大きい。
余りに重いので、3は当分再び観ることはないだろうが。
所謂怪獣をメインに置き、ここまでシリアスなものは、少ないと思う。

Guardian of the Universe002

これまで通り子供達には応援され長峰 真弓や健気な草薙 浅黄に見守られ、その他の無妙な人間の無理解や身勝手に耐えガメラは、ひたすら地球の生態系を守る為に闘う。
今回は、渾身のプラズマ火球で巨大化したギャオスを倒す。
そして勾玉を通して共振~シンクロしていた浅黄の傷を治し最後に絶妙に優しい表情を零してガメラは去ってゆく。


大気圏外まで飛んでギャオスと戦ったガメラであったが、空中戦は然程多くは無かった。
もう少し空中戦のシーンは欲しかったな。

とは言え、よく出来ていた。
3で終わってしまったのは残念。
キャスト総取り換えで、全く新しくガメラシリーズを始めてもらいたいものだ。











”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界