プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

武蔵野夫人

musasino001.jpg

1951年

溝口健二 監督
大岡昇平 原作
依田義賢 脚本
早坂文雄 音楽

田中絹代 、、、秋山道子
轟夕起子 、、、大野富子(従兄の妻)
森雅之 、、、秋山忠雄(道子の夫、大学教授)
山村聡 、、、大野英治(道子の従兄、富子の夫)
片山明彦 、、、宮地勉(道子の従弟)
進藤英太郎 、、、宮地信三郎(道子の父)
中村美那子 、、、大野雪子(富子の娘)
平井岐代子 、、、宮地民子(道子の母)
塩沢登代路(塩沢とき) 、、、成田はなえ
大谷伶子 、、、笹本孝子
千石規子 、、、大野家の女中


かつての武蔵野と言われた地の風景が垣間見れる。「はけ」という場所も初めて知る。
現代劇ではないか、、、溝口映画では初めて。
戦禍を逃れ、、、
あたふたと武蔵野の高台にある妻の実家に疎開して来た夫婦のシーンから始まる。
ロングショットは相変わらず。庭まで臨む空間を生かした室内での距離を持った対話など、溝口の構図は随所に見られる。
夫の方は、迎えた妻の両親受けはよくなさそう。「あいつは卑しい男だ。」(父)
(3年後に出逢う潔癖な勉からも酷く嫌われる)。

musasino002.jpg

相次いで道子の両親は亡くなり、遺産は道子が継ぐ。
彼女は宮地の家を守って生きる決心をする。
そこへ勉が復員して来る。
ここから男女の愛憎劇が始まる。
戦後の価値観と謂うより、体制の変わったところで、皆不器用に自由の行使をするも、はき違えによる混乱も多い。
勉は道子に以前から思いを寄せておりそれを積極的に彼女に告げる。
半面、女にだらしのない享楽的な忠雄には嫌悪感を隠さない。
戦争捕虜となっていた為のPTSDなどは微塵もない健康体である。

和楽ではなく、クラシックがレコードで鳴り渡る。シューマンのトロイメライ。
登場人物たちは皆、西洋文化をすんなりと受け入れている。
勉は特にクラシック音楽が好きだ。
この音楽に合わせた雰囲気は家屋、室内、店などに生きているが、、、。
ともかくリベラルな学者ぶった忠雄のだらしなさ自己中振りと、勉の訴える愛は自由だに道子は当惑し苦しめられることになる。

musasino003.jpg

この武蔵野~「はけ」という澄んだ水の湧き出てくる地を何よりも大切に思う道子とその地に同様に憧れる勉であり、その地を仲立ちにした良い関係を保ってきた二人であったのだが、、、。
それも愛憎劇の中で解体して行く。
しかし道子は言い寄ってくる勉に対し、二人の間の純潔を保つ「誓い」を彼にたてさせる。
それは戦中でも戦後の価値観からでもない。武蔵野~東京の新しい景色にそぐふ価値観だと諭す。
彼女は信念を貫く。
(実はわたしは、この思想の内実を咀嚼しきれていない)。

musasino005.png

しかし5人、、、道子、富子、忠雄、英治そして勉の絡む人間関係は坂を転げ落ちるように泥沼化する。
堂々とスタンダール学者の忠雄は、富子と浮気をしている。自分の信条に従い。
そして結局、離婚を忠雄が切り出し家の権利書を盗み出して富子と共に家を出てしまう。
家を売り飛ばそうとする(抵当に入れようとする)が道子の同意書が無くて出来ない。
富子にせっつかれ業を煮やし夜中に道子のもとに帰るが、服毒自殺を図っていた道子を発見することに。
財産分与を含む遺言はその前に勉のもとに送られていた。

武蔵野の光景とは裏腹に何ともドロドロした人間模様であるが、「はけ」という地がどれほど道子にとって掛け替えのない場所であるか、わたしは原作も未読でありいまひとつはっきり掴めなかった。
単に親からの代の家を守るということを超えた「場所」としてあるのなら、道子があの家で死を選ぶことは納得できる。

musasino004.jpg

しかしどうもしっくりこない。感動もまるでない。
野火」は、映画でもとても見応えはあったが、、、(勿論、原作も読んだ)。
何故だろうと考えるに、配役と演出に問題があるように思える。幾分か紋切り型の感も拭えない。
全体に、どうにも薄いのだ。
脚本の問題もあろうが、、、。兎も角、勉の役者はいただけない。幼い駄々っ子みたいな感じで、道子と恋愛関係になる様な相手に思えない。声の甲高さも何とかならなかったのか、、、とても気になった。
そして肝心の道子にもスッキリしない。
脇役の中に埋もれてしまう印象もあった。

田中絹代主演の悲劇なのだが、他の作品のような重みが感じられない。


















”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界