プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

トロールズ

Trolls001.jpg

Trolls
2016年

アメリカ

マイク・ミッチェル監督
ジョナサン・エイベル、グレン・バーガー脚本

ドリームワークスアニメーション作品

         声)
ポピー、、、アナ・ケンドリック(清水理沙)
ブランチ、、、ジャスティン・ティンバーレイク(KENN)
ブリジッド、、、ズーイー・デシャネル(まつだ志緒理)
グリスル、、、クリストファー・ミンツ=プラッセ(西谷修一)
クリーク、、、ラッセル・ブランド(古川慎)
ビギー、、、ジェームズ・コーデン(かぬか光明)
DJスキ、、、グウェン・ステファニー(藤田昌代)


全編"Can't Stop the Feeling!"のような曲で溢れている(静かなバラードもあるが)。
毎日をホリデイのように楽しんでいるトロールたちと楽しみを知らない憂鬱なベルゲンたちとの物語。
この色のドギツイ(カラフルか?)可愛くないキャラクターデザインは、やはりアメリカ的だなあ、と思う。
ブサ・シュールとでも名付けたいデザインキャラだ。
最初はどうも違和感を覚えるが、観てゆくうちにいつの間にか馴染んでいる。
(日本のアニメキャラが可愛すぎるのかも知れない。逆に見ればありきたりか?)
ストーリーはとても単純な作りで流れも展開も見えてはいるがミュージカル仕立てで楽しく盛り上げてゆく。
適度にスリリングで特異なアクションもアイデアが効いていて、動きだけ見ていても面白い。
ドリームワークスによるCGアニメーション作品であり、毛のふさふさ感の表現など流石である。
途中で流れた”The Sound of Silence”には、ちょっとびっくりしたが嬉しかった(笑。

Trolls002.jpg

トロールたちはいつも唄い踊りハグを交わしハッピーな毎日を送っているが、ベルゲンはいつも憂鬱で暗い生活を送っている。
だが、彼らもハッピーになりたいと思い願っているのだった。
それでベルゲンたちは、トロールを食べればハッピーになれると信じ、大々的にそのための祭りを開くようになっていた。
(つまり魔法的な作用でハッピーになれるというより単なる暗示のレベルであろう。これでいちいち食べられてはかなわない)。

逃げるトロールとそれを捕食しようとするベルゲンという構図がずっと出来ていたのだが、、、。
トロールのポピーが姫となったところで、単にベルゲンを恐ろしい敵として対立するのではなく、同じようにハッピーになりたい相手として、ハッピーとは何か、それはどうしたらなれるのかを彼らに伝授しようと接することになる。
とても異なる種族だが同じ願いを持つ仲間として繋がってゆこうとするのだった。
ポピー姫はなかなか凄い政治家だ。

いつものように唄って踊って花火を上げて騒いでいると、トロールを探していたベルゲンの料理長に見つかってしまう。
そして何人ものトロールが捕まってしまうのだった。
若い姫のポピーが食べられる前に彼らを取り返しにベルゲンの拠点へと乗り込んで行く。
そこでまず関わってゆくのが、若い王に思いを寄せる雑用係である虐げられた少女ブリジットだ。
(設定的にはシンデレラみたいだ)。
ポピーたちは、彼女の願いを叶えるから、捕まったトロールを助けるのを手伝ってと迫る。

Trolls003.jpg

この虐げられた少女ブリジットがポピーたちの協力を得てホントに王と楽しい時間を過ごすことが出来た。
その時にブリジットと王のこころを高揚させたものが、ハッピーそのものであることに気づく。
(ベルゲンで初めてハッピーの本質に気付いたのが、虐げられた雑用係と能天気な若き王であった)。
なんだ、トロールを食べなくてもハッピーになれるではないか、、、戦争に持ち込まなくても打開策があったではないか、、、とか。
薬を使わなくても大丈夫ではないか、、、みたいな、とても健康的な解決である。
ブランチがちょっとひねくれたカッコよい役で重要な盛り上げ役であるが、これもこうした物語では欠かせぬキャラである。
(ポピーは、彼をネグラ扱いしてちょっと頼り過ぎでおり調子が良すぎるが)。

ポピーたちトロールとベルゲンたちは、共に手を取り音楽に乗って、唄い踊ってみんなが胸の内に眠っているハッピーの感覚を覚醒させてゆく、、、。音楽が畳みかけ、鳴り渡り、、、。
大団円へと向かう(笑。
最後までトロールを料理して自分の地位を固めようとしていたベルゲンの料理長とトロールの仲間を自分の身を守るために売った裏切りトロールの2人は、大きな食虫植物みたいなのにぱっくり喰われておしまい。
余りに王道で笑ってしまうが、結構こちらも共鳴して楽しんでいた。

Trolls004.jpg

いかにもアメリカのCGアニメ映画という感じ。
一度観てみても良い映画かも。
凄い質感~テクスチュアをCGアニメーションは手に入れた。
これからもこの領域は精彩を放ってゆくと思う。
(こういった子供向けだけでなく、どのようなストーリー、世界観にも対応出来るはず)。
ただ、使いこなしは、難しいだろうな。センスだけの問題ではないし、、、。







これはBlu-rayで観るのが良いと思われる。







検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp