プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

狂つた一頁

A Page of Madness001

A Page of Madness
1926年


衣笠貞之助 監督
川端康成、衣笠貞之助、犬塚稔、沢田晩紅 脚本
川端康成 原作
村岡実、倉嶋暢 音楽

井上正夫、、、小使
中川芳江、、、妻
飯島綾子、、、娘
根本弘、、、青年
関操、、、医師
高勢実、、、狂人A
高松恭助、、、狂人B
坪井哲、、、狂人C
南栄子、、、踊り子


多重露光が凄い(笑。明暗のコントラストも強く、、時間の錯綜~回想も絡み合って進む。
アバンギャルドな舞が屡々挟まれる、
そう、全体の動き~流れが劇と謂うより踊り~集団舞踏に近い。
音楽~効果音がまるでピンクフロイドである(怪獣映画も彷彿させるが)。
光ととてもよくユニゾンしていた。
無声映画であるから、どの時点でこの音楽が加わったのか、、、。
和楽器も無国籍なエキゾチックでモダンな響きで、、、この映像によく合っている。
大変意欲的な実験作だ。形式的に。

A Page of Madness002

内容については、原作を読んでいない為、ほとんど何も分からない(笑。
無声映画で字幕もなければ、このシュールな映像で掴めることと言ったら、、、。
舞台が精神病院で、男(病院関係者)が女性(患者)を連れ出そうとすることは、分かる。
かなり激しい医者や患者たちとの格闘場面もあるが、幻想的であり身体的に同調してしまう(エキサイトする)類のものではない。
ふたりは、年配夫婦という感じだが、、、
それ以上は分からない(爆。
チャップリン流に、途中で短いフレーズでも入ると、もう少し入り込む助けにはなったか。
(少し文字が入らないとこの凝縮された映像の緊張感に耐えきれない)。

A Page of Madness003

最初に降りしきる雨といい、踊り続ける女性に、目つきの異様な髭の男たち、生気の感じられない女、、、
不穏の塊みたいな光景が、様々なエフェクトを通して更に、悪夢として深まってゆく。
最後に皆が能面を男に被せられて踊る頃には、、、
とても静謐な狂気の「絵」となっている。
そう、覚め切っていた。


音楽がとても良かった。
1926年にこの映画、、、
衝撃的だ。
これが極彩色カラーでトーキーなら寺山修司みたいになるだろうか。

A Page of Madness004



あまり多くを語れない映画だ。
原作を読んでいれば、かなり豊かな内容が汲み取れるはず。



AmazonPrimeにて、、、
こんな映画は、ちょっと他では観れないのでは、、、わたしはここで初めて知った。


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp