プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

翔んで埼玉

Fly Me To The Saitama001
Fly Me To The Saitama
2019年

武内英樹 監督
徳永友一 脚本
魔夜峰央「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」原作
はなわ「埼玉県のうた」主題歌

【伝説
二階堂ふみ、、、壇ノ浦百美(東京都知事・壇ノ浦建造の息子)
GACKT、、、麻実麗(大手証券会社の御曹司、埼玉解放戦線を率いる)
伊勢谷友介、、、阿久津翔(建造の執事、千葉解放戦線のリーダー)
中尾彬、、、壇ノ浦建造(東京都知事、百美の父)
武田久美子、、、壇ノ浦恵子(建造の妻、百美の母)
京本政樹、、、埼玉デューク(麻実麗の実の父)
麿赤兒、、、西園寺宗十郎(麗の養父)
加藤諒、、、下川信男(白鵬堂学院Z組の埼玉出身者)
竹中直人、、、神奈川県知事

【現在
ブラザートム、、、菅原好海(埼玉生まれの父)
麻生久美子、、、菅原真紀(千葉生まれの母)
島崎遥香、、、菅原愛海(結納を控えた娘)


主題歌が一番面白かったかも、、、。
Tvでやっていたのを観る。
荒唐無稽ですっ飛んだ噺かと、期待しての鑑賞。
わたしとしては、何ともピンとこない、郷土愛、、、感想も特にないのだが、、、
一言で謂えばやはり「埼玉愛」の映画で、前半はしこたま埼玉を貶しまくるが、後半へと埼玉を激しく持ち上げてゆく。
魔夜峰央は、「パタリロ!」の作者だったな、、、。
しかし埼玉人は、そんなに「海」が欲しいのか?

Fly Me To The Saitama006

菅原一家が軽ワゴンに乗って、娘の結納に東京まで行くすがら「伝説の人物、麻実麗の埼玉解放の物語」のラジオドラマを聴き、その世界を堪能するという変わった趣向の映画。ラジオの情報~物語だけで、スペクタクル映像を想像しつつ愉しむというのも粋ではあるが,当然、車内の父、母、娘はそれぞれ違う絵を思い描きながら聴いているはず。
両親が感激したり反省してみたり言い争ったりと思いっきりドラマに入り込んでいるなかで、娘は冷めた態度でただの都市伝説だし、わたし結婚したら東京に住むから関係ないという立場でいる。

Fly Me To The Saitama002

ラジオの伝説ドラマでは、かつて東京は埼玉を迫害しており、通行手形なしには埼玉県人は東京を訪れることは出来なかった。
都知事は、その通行手形だけでなく闇手形をもって裏金を不正に貯め込み巨額の富を得ていたのだ。
通行手形撤廃を目指す千葉た埼玉のレジスタンスを都は許さない。
厳しく彼らを取り締まり潰していた。
それに神奈川が陰で協力していた。ありそうな話である(笑。

百美が麗を追って埼玉に入ったことで、サイタマリアという命にかかわる熱病に罹り、血清を求めて東京に戻るとか、群馬が恐ろしい未開の地とされ、妙な生き物や大きな足跡などが紹介されていたが、これはどの格差には笑うしかない。
実は、群馬を殊更に未開地と宣伝することで、その地に隠した知事の不正金に気づかれないようにしていたという。
馬鹿げているが不思議にホントにありそうな気もして来る。というかあったら楽しい。

Fly Me To The Saitama003

代々東京都知事を生み出している超名門校、白鵬堂学院の光景は時折似たようなものを見てきているが、少し学園内の景色^セットが少ない気がした。絢爛豪華な学内をもっと見たい。
「東京テイスティング」というのは面白かった。この手のバラエティは後二つくらい見てみたい。
単に尺が伸びるだけで、全体として間延びするだけか、、、。
愉しませるには良い場面となるところだが。

結局、この「東京テイスティング」を制した都会指数の高い麻実麗に壇ノ浦百美が惹かれてゆくというのは如何にも漫画(少女漫画)的でお約束的な流れか。

Fly Me To The Saitama004

東京の街中で埼玉アタックチームが埼玉人狩りをしている場面など、仮面ライダーのショッカーみたいな緩い流れであった。
シラコバトの絵柄のついた草加せんべいを踏み絵にするところは笑えたものだ。

埼玉対千葉の全面戦争も面白いが、もっと色々な戦術、パタンも見たいものだった。
この小競り合いは結局、見せかけで千葉・埼玉連合として東京攻めを行う為の作戦であったのだが。

壇ノ浦建造が思いの他、あっさり降参してしまい拍子抜けであった。
自衛隊で押し留めようとするだけでは平板過ぎる。
都はほとんど何の策も講じていなかったのか。

東京に菅原家が着くとそこに婚約者も来ており、丁度彼も同じラジオを聴いていて、それに感動し自分は東京ではなく春日部に家を建てると愛海に宣言する。

オチでは、数年後に埼玉は全国に浸透して、密かに日本中を支配しているような様相を呈しており、次の彼らの目標は世界埼玉計画となっていた。
ギャグとしての面白さは、ほどほどというところか、、、。

Fly Me To The Saitama005

GACKT、伊勢谷友介、京本政樹が似た系列で、この内容にはピッタリのキャスティングだと納得。
二階堂ふみの美少年であるが、麻実麗に恋をする時点で実は男の子として育てられた美少女なのか、と思ったのだが、そのまま男子であったが、ホントに男子なのか?気になった(笑。凛々しく可愛かったので、どちらでもよいが。
加藤諒のインパクトは大きかった。漫画からそのまま飛び出して来た灰汁の強いキャラみたいだった。






破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画




検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp