プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

バンブルビー

Bumblebee002.jpg

Bumblebee
2019年
アメリカ

トラヴィス・ナイト監督
クリスティーナ・ハドソン脚本
タカラトミー・ハズブロ『トランスフォーマー』原作
マイケル・ベイ・スティーヴン・スピルバーグ製作
ダリオ・マリアネッリ音楽

ヘイリー・スタインフェルド、、、チャーリー・ワトソン
ジョン・シナ、、、バーンズ(セクター7の隊長)
ホルヘ・レンデボルグ・Jr、、、メモ(チャーリーを好きな男子)
ジョン・オーティス、、、パウエル博士
ジェイソン・ドラッカー、、、オーティス・ワトソン
パメラ・アドロン、、、サリー(母)
スティーヴン・シュナイダー、、、ロン(母の再婚者)
リカルド・オヨス、、、トリップ・サマーズ(気にしている男子)
グリン・ターマン、、、ウェーレン司令官
レン・キャリオー、、、ハンク(廃品屋のおやじ)

「マルハナ蜂」

1987年のカリフォルニア。
いきなりザ・スミスが目覚ましで鳴り出す。センス良い。
この映画、選曲が良く、気持ちよく観られる。
メカに強い18歳の女の子、チャーリーとトランスフォーマーのバンブルビー(B-127)が暴れ回る噺。
パシフィック・リム: アップライジング」でもメカに強い影のある女の子が大活躍であったが、ここでも似た感じのチャーリーが物語を果敢に引っ張る。

Bumblebee001.jpg

わたしは、トランスフォーマーのシリーズは全く観ていない。
しかし、これを観るのに予備知識は必要なかった。
「サイバトロン星」とか「ディセプコン」とか「オプティマス」とか「オートボット」とか、分からなくても、だいたいの見当はつき、問題なく観れる。

ちょっと、「アイアン・ジャイアント」や「チャッピー」を観た時と似た雰囲気を味わう。
主人公の女の子とエイリアンとの友情を描くが、キャスト全体の関係性が絶妙である。
日本映画でこれを作ったらちょっと、気持ち悪くなったかも。

Bumblebee004.jpg

チャーリーがバンブルビーと名付けたトランスフォーマーは、記憶と声を失っている為、彼の事情が分からないとこから始まる。
黄色い昔のフォルクスワーゲンの形体は、彼が命からがら地球に逃げてきたときに身を隠すためにスキャンし擬態したもの。
それにしても、この車から本体への素早い変身メカニズムの流れるようなプロセスは素晴らしい。
これは、ホント、タカラトミーのアイデア(とCG)の勝利であろう。
(最近ではマンネリになって来たとか言われているが)。

ただしコミュニケーションはそれなりにとれるところが、面白い。
ワーゲンに内蔵されるカーステレオのラジオの曲の歌詞を切り取って、意思の疎通は図れる。
曲のコラージュみたいで、楽しい。
(この時期のヒット曲がかなり聴ける)。
しかし、外宇宙から来て、直ぐに「ことば」が分かってしまうのか(野暮な感想だが。
その辺の物分かりの良さが今一つしっくりこないが、それは良しとする。
丁度、チャーリーより年下の少年という設定だろう。その仕草や表情から言っても。

それにしても、軍が余りにおバカではないか。おバカな科学者の言いなりになって衛星システムの中枢にいきなり訳の分からぬエイリアンを招き入れるなんて、まずあり得ないことではないか。危機管理意識ゼロである。
何度か手酷く敵にやられて、どうやら記憶システムが戻ったようで、バンブルビーは本来の力を発揮できるようになったらしい。
仕草も、これまでの子供じみた感じではなくなり精悍になる。

Bumblebee003.jpg

二体の追って来たディセプコンとの闘いはまるで、プロレスを観るような感じであった。
かなり激しく、あんなにやられては壊れてしまうではないか、と思う程。
だが、双方ともに非常にタフなのだ。
そして周囲を観て、戦況を有利に導く機転が働くのは、バンブルビーのようであった。
(この辺は、ジャッキー・チェンみたいである)。
敵のやたらと強い方を船で潰してしまうとは、やるもんである。

Bumblebee005.jpg

バンブルビーはお別れの時、シボレーカマロをスキャンして颯爽と去って行く。
なにこれ、こんな車にもなれるの、、、である。それまで、もうオンボロのフォルクスワーゲンだったのだ。
凄まじく速かったが。

チャーリーは、車で彼女を軍から守った新しい父とも和解し、健やかな笑顔を取り戻す。
必ず、家族の葛藤と和解は外せないようだ、、、。

最後は、亡き父の残したシボレーコルベットを修理し、軽快に乗り出すチャーリーの姿で終わる。








破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画




検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp