プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ミステリアス・ピカソ - 天才の秘密

LE MYSTERE PICASSO002

LE MYSTERE PICASSO
1957年
フランス

アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督

パブロ・ピカソ
アンリ=ジョルジュ・クルーゾー、、、監督
クロード・ルノワール、、、撮影


この映画の為にピカソが絵~ドローイング、水彩、油彩の実験性の高い作品を描いている。
何れもこのフィルム上にしかない絵だ。
それらの絵の制作過程が見届けられる。
(とは言え、5時間の制作時間を編集により10分にまとめている。ここはちょっとアニメーション作品を見るような感覚もあるが変化の壺は押さえられている。更に絵の生成そのものを正面から捉える工夫の為、裏側から撮影している。ということは、左右逆転した絵を見ていることにはなる。つまりピカソの生な視座・思考とは言えない。特に左右逆転すると意味が異なるような絵はここでは適さないが、そういう題材はなかったと思う)。
ピカソの思考と感性は保留付きだが、筆致の繊細で大胆な運動を追えるのだ。
これは言うまでもないが、画期的なことである。
フェルメールもベラスケスも(二人ともダリが自分の他に天才と認定した画家であるが)完成作を拝むしかない。
このピカソという天才の制作過程が具に見られる奇蹟的体験と謂えよう。


サラっと見事なデッサンで一気呵成に描かれ完成というものもあるが、寧ろそれは少なく。
試行錯誤し訂正され、飛躍もし躊躇し塗り重ねられ、当初のデッサンがほぼ姿を消し誰をも裏切る形体で完成を見ることの方が多い。
時には、描き込むごとに本人曰く、酷くなり、更に悪くなり、最後には新たに描こうという場合もある。
次に描かれたものを見ると、前回の失敗を踏まえると確かに成程と思うが、予想を超える形態に新鮮な驚きは隠せない。
恐らく我々だけでなくピカソ当人にとっても、そうではないか?
この場はとても張り詰めたしかしユーモアも見られる特異な創造の現場としてフィルムに焼き付けられてゆく、、、。
(そのドキュメンタリーをこうして我々の誰もが見ることが出来る。有難いことだ)。

LE MYSTERE PICASSO003

絵を描くことの秘密の快楽がここに示されている。
巨匠との一種の共有感を得た気分。
ピカソは楽しんでいるし、こちらもワクワク、ドキドキしながら先の読めぬミステリーに遭遇しているのだ。
そして何より自分でも描きたいと思えてくる。
創作意欲が湧いてくる。
ここが素晴らしい。

圧倒的な大作を見せつけられ、ただ感心するだけというスタンスではなく、創造の秘訣に触れたような感動と共にこちらも能動的に揺れ動く力がこのフィルムに秘められている。
この映画を撮った(撮るという発想を持った)製作関係者及び監督には感謝したい。
勿論、主役ピカソにも。
彼が首を縦に振らなければ、始まらないことだ。
しかしほんの時折垣間見えるカメラマンや監督とのちょっとした(しかし重要な)打合せ場面で、ピカソ自身もノリノリでかなり意欲的にこれを貴重な創造の場にしようとする意思が窺える。

LE MYSTERE PICASSO001

自ら発明・確立したスタイルを次々に解体しつつ目まぐるしい作風の変化を見せてきた画家であるが、ここに描かれる絵は「キュビズム」色が濃い。「キュビズム」が基調にあるが、1957年の晩年であるから当然か。
実質的に「キュビズム」が彼の最後の成果であったと思う。
分析的なキュビズムへの深まりはあったが。
(シュルレアリズムへの傾倒も晩年大きかったが、余り彼ならではの独自性は見られない)。

尺取りも大変であったようだ。
後、どれくらい描けるかというピカソの問いに、後6メートル残っているというのも面白い。
フィルムの長さが6メートルと言われても、専門家にしか分からない(笑。
しかし巨匠はその尺に合わせてピッタリと仕上げてくる。
彼もまた、こういう映画を撮りたい~残しておきたかったのだ。
後の世の我々がこうして観られるように。

BGMもとてもそれぞれの作画の作業に合ったセンスの良いものだった。

これは本当に素晴らしい仕事である。

LE MYSTERE PICASSO004





これは、絶対Blu-rayにすべき。



破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画


続きを読む

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp