プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。
友人から、お前はトマトか?と聞かれたので、だいぶ前に使っていた写真に戻します。

*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

オマールの壁

Omar003.png

Omar
2013年

ハニ・アブ・アサド監督・脚本・製作


アダム・バクリ、、、オマール(パン屋)
サメール・ビシャラット、、、アムジャド(オマールの幼馴染)
ワリード・ズエイター、、、ラミ(イスラエル捜査官)
リーム・リューバニ、、、ナディア(タレクの妹、学生、オマールの恋人)
エヤド・ホーラーニ、、、タレク(オマールの幼馴染)


ハニ・アブ・アサド監督の「パラダイス・ナウ」の次の作品だ。
テーマ性は同一面にあるが、切る角度が異なり、サイードの父の立場を鮮烈に描写するもの。
何と言うか扱うテーマは変わらぬのだが、映画としてのエンターテイメント性が飛躍した感がある。
ハリウッドでも意識したか。
上手い、という感じの映画に仕上がっている。
内容にも関わらず、とても面白く観てしまった。

パレスチナ自治区の様子が少しばかり窺えた。
オマールがしょっちゅう軽々と登り降りしていた巨大な高い壁であるが、あれは自治区の外縁として聳えているわけではないらしく、自治区の中をイスラエルが何らかの政治的な意図で区切っている壁のようだ。
壁の向うに降りてもお仲間が住んでいる。実際オマールは、お隣の家に行くような感じで壁を(実際、命がけで)乗り越え、幼馴染と恋人に逢いに行くのだ。よく登っている最中に秘密警察に撃たれないものだと、はらはらするが。

まさに「オマールの壁」だ。
彼専用の彼だけの濃い意味のある壁だ。
(橋であろうと、坂道だろうと、空き地であろうと、月であってもそれぞれ人によって特有の価値をもつ)。

彼は高所での身のこなしがとても軽い。運動神経のよいパン作りの技ももった真面目な好青年である。
そこを降りると仲間と襲撃に備えて狙撃訓練をし、タレクの妹ナディアと手紙を交わし愛を育む。
ワクワクするひとつの親和的な共同体に憩う事が出来る。
だが、勿論その時間に留まり続けることは出来ない。
ほんの束の間の猶予期間のようなものに過ぎないことは承知の上だ。
誰もがそれを心得ている。
彼など、ここに生まれなければ明るい将来が約束されていたであろう青年だ。
(何処に生まれる、どういう親の元に育てられる、これが大変大きな意味を持ち、人の運命を決定することは避けられない)。

Omar002.jpg

ここには前提がある。
抵抗と解放の為、命を賭して闘うこと。
占領とは死に等しい。
生まれた時から宿命を背負う。
そして極めて危うい疑心暗鬼の世界で生き延びてゆかなければならない。
面倒を見てやっている幼馴染アムジャドが「サルの捕まえ方」の話をし始めた時に、待ち伏せのカフェが秘密警察に急襲され、オマールは捕らえられ、しかも彼は一発も撃ち返さなかったと仲間組織の人間に広められている。この裏切りの濡れ衣を着せたのは誰か。その場に一緒にいた男以外にいまい。

そして彼に最悪の魔の手が忍び寄る。
イスラエルの捜査官ラミにまさに嵌められる。
秘密警察に連行され拷問を受けても自白はしなかったが、ナディアの命を盾に脅されたら従うしかない。
しかし何故これほど彼のこと、仲間の情報の詳細を捜査官とは言え押さえているのか。
すでに彼の仲間のうちの誰かが密告者であるのだ。
オマールは中途半端な立場を保ちつつ上手く切り抜けながら密告者をあげようとするが、彼自身が裏切者扱いをされ、命の危険に脅かされる。二度も秘密警察に捕らえられ拷問で痛めつけられる。
しかし、彼としてはナディアを守ることが至上命令となってゆく。
だがラミはそこにこそ目をつけ彼を釈放し操ろうとする。
情報操作術では彼の方が数枚上手なのだ(情報操作に巧みな者が闘いを有利に運ぶのは言うまでもない)。
それに加え、彼らはテクノロジーも駆使する(絶対に外せない通信機など)。

Omar001.jpg

結局、オマールは親友や恋人との関係をズタズタにされる。
ラミの流したナディアとアムジャドとの間に子供が出来たという嘘を巧みに信じさせることで、タレクは死に自分は最愛の恋人を諦め貯めた金を全てアムジャド~裏切者に渡して身を引き、何よりナディアを裏切ることとなってしまった(ナディアは疑いはしたがオマールを愛し続けていた)。
ラミは再びオマールに目を付けたパレスチア過激派組織を潰すために情報提供を彼に催促してくる。
銃をくれれば、自分の問題を片付けそれに協力すると彼を呼び出し、「サルの捕まえ方を知っているか」と声をかけ試し撃ちをする為に手渡された銃で復讐を遂げる。と同時に無音のエンドロールへ。


奸計に嵌められどうにもならないというようなことは、日常においてもある。
わたしも、何故だか知らぬがそうした事態に陥っていた(絡めとられていた)経験がある。
如何なる悪意がどのように介在・作用したのか、未だに真相を突き止めようなどと思っていない為、有耶無耶なままだが。
(実際のところ犯人の当たりは付けてはいるが、、、取り敢えずは昔のことだ)。
情報を操作してターゲットを追い込もうという輩は何処にでもいる。パレスチナではそれが生死に直結してしまうが。






破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画



検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp