プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

人生模様

FULL HOUSE001

O. HENRY'S FULL HOUSE
1952年
アメリカ
オムニバス作品

オー・ヘンリー原作
ジョン・スタインベック、、、ナレーター

皆、上質な寓話とも謂える。
とても良くできた映画を一度に5編も観れてお得感はタップリである。



「警官と賛美歌」
The Cop and the Anthem
ヘンリー・コスター監督
ラマー・トロッティ脚本
ロイド・エイハーン撮影

チャールズ・ロートン、、、ソーピイ(浮浪者)
マリリン・モンロー、、、街で出逢った美女
デヴィッド・ウェイン、、、ホレス(浮浪者)

ほとんどコントみたいな内容であったがよく出来ていた。
公園で寝泊まりするソーピイは、冬の間は暖かく過ごしたい。
そこで、冬の3か月を刑務所で過ごすことにするが、罪を犯してもことごとく当てが外れ逮捕されない。
相棒のホレスに捕まる秘訣を教えてやろうと言ったはよいが、上手くいかない。
街角で出逢った目を見張るような美女には、感謝までされ調子が狂う。
盗んだステッキを彼女にあげてさっさと退散する。

しかしソーピイは(教会)ボランティアなどに身を委ねることには抵抗を示す。
嗄れなりの主張~拘りがあるのだ。
夜も更け今日は企みが全て失敗に終わったところで、休憩で入った教会に賛美歌が流れている。
それを聴いた拍子に涙が込み上げて来て止まらなくなる。

突然、自分のこれまでの生き方を対象化し、相棒が心配するのもよそに猛省してしまう。
すっきりして、明日から真面目に働くぞと歩いているところに警官がやって来て彼を逮捕してしまう。
(昼間は何をやっても見向きもしなかったのに)。
そして裁判所で、当初の狙い通りに収監されることに。罪状は浮浪罪である(爆。皮肉にしても出来過ぎではあるが(笑。

マリリン・モンローの果敢なげで繊細な美に打たれた。
キャストは皆、いうことなし。とても面白かった。



The Clarion Call
ヘンリー・ハサウェイ監督
リチャード・L・ブリーン脚本:
ルシアン・バラード撮影:

デイル・ロバートソン、、、バーニイ(刑事)
リチャード・ウィドマーク、、、ジョニイ(ギャング)

とある強盗殺人事件が迷宮入りしかけていた時、ニューヨーク市警16分署の刑事バーニイは犯人の遺留品に見覚えのあるキャンプタウン・レースと彫られたペンを見つける。
これを持っている人物は自分のよく知った男であった。
かなり探しまわった末、とある酒場でその男を見つける。10年ぶりに逢う幼馴染ジョニイであった。
その遺留品が決め手となり、バーニイはジョニイを自首させようとするが、彼はかつて1000ドルの貸しがあることを盾に逃れてしまう。

しかし、「クラリオン・コール新聞」編集長が犯人の情報提供者に1000ドルの懸賞広告を新聞に掲載したのを見て、バーニイはすぐさま新聞社に駆け付ける。
そしてシカゴ行きの列車の中でバーニイはジョニイにかつての借りを返し、心おきなく彼を逮捕する。

短い尺で無駄なくしっかりまとまっていて、見応えがあった。
リチャード・ウィドマークのゴロツキぶりが半端では無かった(笑。



「最後の一葉」
The Last Leaf
ジーン・ネグレスコ監督
アイヴァン・ゴッフ、ベン・ロバーツ脚本
ジョセフ・マクドナルド撮影

アン・バクスター、、、ジョアンナ(画学生)
ジーン・ピーターズ、、、スーザン(姉)
グレゴリー・ラトフ、、、バーマン(老画家)

この噺は子供の頃、児童書で読んで知っていたが、とても新鮮で瑞々しい想いで観る事が出来た。
この映画には特に古さは微塵も感じられない。
そんな美しさに充ち溢れている。
キャストの良さが大きい。
女性二人の美しさもそうだが、グレゴリー・ラトフの売れない画家がとても良い味を出している。

ある意味、彼のような存在こそが神と謂える。
何も言わず自分の絵を売った金でジョアンナの薬を買い与えたり、普通赤の他人がそうは出来まい。
老画家バーマンの亡くなった翌朝、夜通しの吹雪にも拘らず窓の向かいの壁のツタの葉っぱがひとつだけ残った。
姉も妹もそれに深く安堵し、生への希望を抱く。
しかしその葉は枝を離れてもそこに留まっているではないか。
不思議に思った姉が下を眺めると、ランタンと絵筆とパレットに梯子がバラバラに横たわっていた。

才能があれば彼も報われたのに、とベッドで回復の兆しを見せる妹の呟く言葉を遮り、「いえ、彼は最高の画家よ。今に分かるわ」と姉が答える。
知っている噺であっても率直に感動した。




「赤い酋長の身代金」
The Ransom of Red Chief
ハワード・ホークス監督
チャールズ・レデラー、ベン・ヘクト、ナナリー・ジョンソン脚本
ミルトン・R・クラスナー撮影

フレッド・アレン、、、サム”スリック”ブラウン(指名手配中の横領罪の犯人)
オスカー・レヴァント、、、ビル・ペオリア(サムの相棒)
リー・アーカー、、、J.B.(悪ガキ)

脚本というのは、こんなにたくさんの人で寄ってたかって書けるものなのか?
それにしては、良くまとまったストーリーであった。
コミカルでパンチも効いている。まるで漫画だ。ブラックコメディか。

アラバマ州が舞台であるが、そこで一儲けを企む指名手配の2人組がその地の金持ちを探るために村の寄り合いみたいな集合場所で、土地を買いたいと切り出し地主を紹介してもらう件での村人とのやり取りがほとんどギャグで可笑しい。
勿論、その家の子供を誘拐して身代金を奪う手筈だ。
だがその子役J.B.が、破格の悪ガキで、彼ら二人はいたぶられ散々な目に逢う。
無理やりインディアンごっこをさせられたり、時計を巻き上げられたり、かなりの暴力も受ける始末。
悪党がそれほど悪でないので、痛めつけられる彼らが気の毒に思えてくる。
ここで驚きなのは、J.B.が仕組んで本当の熊に彼らを襲わせようとするところである。
今ならCGで合成させるところだが、このシーンでは生出演なのだ。
かなり思い切った演出である。

結局子供を誘拐して身代金を奪うつもりが、同情するJ.B.の両親に頭を下げ金を払って、彼から解放してもらうこととなる。
映画史上ナンバーワンのおまぬけギャングであろう。
だが、笑う気にはなれなかった。



「賢者の贈り物」
The Gift of the Magi
ヘンリー・キング監督
ウォルター・バロック、フィリップ・ダン脚本
ジョセフ・マクドナルド撮影

ジーン・クレイン、、、デラ・ヤング(妻)
ファーリー・グレンジャー、、、ジム・ヤング(夫)

ニューヨークのクリスマス・イヴのお話である。
もうロマンチックな童話そのものという感じであるが、次女に薦めたら関心ないようだった。
何だろう、古さを感じたのか、、、。

しかしそこにあるのは、純粋に相手を大切に想うこころである。
こういった物語のある種の元型とも謂えるパタンであり、とても安堵して何故かハッピーな気分になってしまう(笑。
例の自分の自慢の髪を切り夫の時計に付けるプラチナの時計飾りを買った妻に、夫は自分の大切な時計を売って櫛をプレゼントしたのだった。

どちらもそのプレゼントを使うのは当分の間、我慢しなければならない。
だが、ずっとこの先、幸せを噛み締めることは出来る。
実にシンプルな噺だが、こちらも気持ちが充たされている。
きっと物語とはこういう装置なのだ。






破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画


続きを読む

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: