プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

亀が脱走

kame005.jpg

2匹いるうち1匹が脱走してしまった、、、次女の亀ではある。最近は見向きもされていない亀であるが。
もう随分の間、亀は毎日、わたしひとりで世話をしている。娘たちは飽きてしまって知らんぷりであった。
わたしが夏バテで、2日間何もせずほっぽらかしでいた水槽はちょっと状態が変わっていた。

上に被せておいた覆いがかなりズレて変形していたことで、その隙間から亀の得意な懸垂で縁越えを決行したのだ。
亀嶋に乗ったおっとりした長女の亀の背中を踏み台にすれば高さは充分稼げ、活発な次女亀の腕力なら容易いところだったかも。
(そう言えば、以前何度か予行練習をしていた節もある)。
水がもう汚れていたのも気に食わなかったかも知れなかった。

ここ2日ばかり餌は与えていたが、水替えをサボっていた。
夏の間だけ(水が臭いだすのと、天然紫外線に当てる目的で)、縁側の上~外に水槽を出しておいたのだ。
その水槽に、今1匹しか亀がいない。
このシュールな現実に当惑し、ちょっと暑い中、眩暈を覚える。

この亀は生れた時から5年間ずっと一緒にいた相手が消えたことをどう思っているのか。
恐らくもう気づいてはいるはずだが、表情は今一つ読めないところ。
いつも組んず解れつ一緒にいたのだし、そのうち寂しく感じたりするものだろうか、、、。
(読み取れる表情や仕草、行動などがそもそも可能なのかどうか)。

今年から始めた、夏の間だけ外に置くことをやめ、今日から室内の日当たりのよい場所に水槽を戻すことにした。
外は気象の変化をまともに食らうこともあり、それまでずっと室内の変化の乏しい(安定した)環境にいたためか、雨が急に激しく降って来たときなど、ふたりでかなり慌てていたのを見たものだが、それなりの自然に接してきたことで、逞しさも加わったのだろうか(笑。
何らかのスウィッチでも入ったか。
元々、爬虫類は脱走を常に狙っている生き物だとは色々なところで書かれているが。
ともかく、囚われていれば、やみくもに外には出たいのだ。
それが動物にとっての自然の欲求であろう。

後は、娘の謂うように「い~じ~さんに連れられて行っちゃった」ら良いよねというところか、、、。
長女はまだ、異人さんがしっかり呑み込めていないようなのだ。
何処かの家で手厚く育てられてくれればよいのだが。

O君も大雨の降った翌日に、庭に何故か亀がいてそれをずっと飼っているという。
もうかなり大きくなって困っているそうだが(笑。
家も今いる亀が巨大化すれば、一匹でこの水槽がちょうどよくなってしまうはず。
そう考えると、タイミング的にはよかった感もある。
飽くまでも何処かで拾われたという希望的観測のもとでだが。

亀は道をすたすた独りで歩き始めると車に轢き殺される可能性が圧倒的に高い。
家の近辺を娘と手分けして回ってみた範囲では、そのようなぴょん吉みたいな亀は発見できなかった。
ともあれ、このような天気で1日外にいたら干乾びてしまうため、誰かに見つかって捕獲されたことを願いたい。




検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: