プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

宇宙人ポール

Paul001.jpg

Paul
2011年
イギリス・アメリカ

グレッグ・モットーラ監督
サイモン・ペッグ、ニック・フロスト脚本

サイモン・ペッグ 、、、グレアム
ニック・フロスト 、、、クライブ
ジェイソン・ベイトマン 、、、ゾイル
クリステン・ウィグ 、、、ルース
ビル・ヘイダー 、、、ハガード
ブライス・ダナー 、、、タラ
ジョン・キャロル・リンチ、、、 モーゼス
シガーニー・ウィーヴァー 、、、ビッグ・ガイ


グレアムとクライブの主役二人が脚本なのだ。
なるほど。
こういう風に運びたかったのだ。
オタクだ。

Paul002.jpg

ポールは基地に捕らわれていた時に、いろいろと地球人に協力して来たという。
スピルバークにもアドバイスをして来たそうだ(スピルバーク本人の声で出演していた)。
この60年間、地球の大衆文化に多大な影響を与えて来たらしい。
ポールらしい(爆。

19分くらいのところで、トッドラングレンの”Hello Its Me”が絶妙な距離感でかかった時はどぎまぎした。
一瞬、誰の何という曲か分からずに聴いている時のゾクッとする遊星的郷愁たるや半端ではなかった。
名状し難い事象に触れ宙吊り状態にあるときのめくるめく高揚。
それは曲名が分かったところで、ふと覚め着地してしまう。
日常において、こうしたワクワクにもっと触れる機会は持ちたい。
もっと長く。

御話は、コテコテの”典型的なグレイ”のフィギュアの宇宙人がコミコン帰りの偶々出逢ったオタクの地球人の助けを借りて宇宙に還るというもの。
何なんだという感じだが。
宇宙人は妙に世慣れした癖の強い人間いやアメリカ人そのものという感覚の宇宙人だが、地球が長いと感化されるのか。
アメリカ宇宙人ポールとイギリスからコミコンとUFO関係の聖地巡りにやって来たオタク2人とのロードムービーである。
(後半から女性が2人加わるが)。

Paul003.jpg

ポールは米国政府から用済みとなり身の危険から逃亡を図ったというが、軍事に転用できる情報などは伝えなかったとみられる。
(情報自体持ってなかった雰囲気もないでもない)。
ポールには、治癒力と保護色化(透明化か)更にテレパシー能力があるがその為、残るは解剖されて研究材料になるだけのようだ。
ここへ来て仲間に連絡し連れ帰ってもらうのだという。
(随分、長くゆっくりしていたものだ)。
キャラが面白くて目が離せなくなる。

2人のオタクもクリンゴン語とか、他の映画のオマージュとしてセリフやらネタやら沢山決めているみたいだが、わたしとしてはその辺を探して面白がるほど詳しくはない。
それでもあちらこちらで充分にんまりは出来た(知っているものもあった。ビッグ・ガイに吐いたことばなど(爆)。

それからオタク2人のイギリス人というアメリカにおいてのエイリアンの立場から見て、カフェで出逢ったおっかない所謂レッドネックたちやゾイルのパパのキリスト教原理主義者は、ある意味、ポールのようには到底馴染めない地球人なのだ。
その辺の対比もコミカルで面白い。

Paul004.jpg


シガーニー・ウィーヴァーを最後に実に勿体ないというか贅沢な使い方で締めていた(笑。
よく練られたコメディであり、ミスタービーンを観る感覚で愉しめる。
ポールを連れ帰る宇宙船の母船の超巨大でゴージャスなこと。
これ程圧倒的な科学力であったのか(ポールを観る範囲では到底想像もつかない)。
ワープしたか夜空に忽ち消えて行った(笑。

ともかく、リドリー・スコットの”エイリアン”の対極の宇宙人も過激と謂えば過激であった。



破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画







検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp